ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2018.12.23 年末調整2018 ~最後の祝日SPECIAL~ 曽我部恵一×大木温之(Theピーズ)@千葉LOOK

2018-12-26 18:31:19 | 日記
2018.12.23
年末調整2018 ~最後の祝日SPECIAL~ 曽我部恵一×大木温之(Theピーズ)@千葉LOOK





これが今年のライブ納め。
今年最後を我が地元千葉ルックさんで〆られる喜び♪
素敵な2マンをありがとう。
楽しみだー!


先行:曽我部恵一
小さなハコいっぱいに広がる歌とギター。
ライブ序盤の♪天使♪で既に涙腺崩壊。
彼の歌は脳内に届く前に直接涙腺にくる。
頭で受け取る前に魂に直接刺さる。

「娘の名前もハルって言います」
そんな娘さんを車で送り迎えしてて、普段音楽をかけてても何も言わないのにピーズかけてたら『これいいじゃん!』って。
ピーズは全曲車に入ってるけど、確か♪トドメをハデにくれ♪だったかな?って言ってた。
嬉しいじゃないですか!

ライブ中盤。
ハコの空気が一気に凝縮して熱を帯びたのがこの2曲。
♪満員電車は走る♪
♪セツナ♪
歌もギターも気迫が凄まじかった。

そろそろ持ち時間も終わるころ。
「ピーズは紅白に出た方がいい!!」
「ピーズは絶対紅白出るべき!!」って曽我部さん2度も3度も力説してたね。
「もちろんサニーデイも出たいよ!……とか言うと冗談だと思われそうだけど本当だから。」って。
そんな紅白あったら死ぬ気で観覧当てる!

そして、ラスト。
年末の夜空にどこまでも響き渡るような♪STARS♪
今日の日をめちゃくちゃ緊張して迎えたという曽我部さん。
全編通してピーズへのハルさんへの憧れと愛にあふれてて。
熱量が高くて、それでいてほんわか暖かい、♪キラキラ♪とした時間でした。


後半:大木温之
アコギを携えてマイクスタンドのまえに佇んだ瞬間、ハコの雰囲気がすーっとハルワールドに変わっていく。

ハコの雰囲気が静かに熱いのが千葉らしくて嬉しい。
ハルさんにとっても地元だからだろうか、リラックスした空気の中でライブが進む。

三拍子のワルツ風にアレンジされた♪フォーリン♪
とっても印象に残った。

と、LOOKの低い天井をコンコンってノックして。
「ありがとう、千葉!今度来る時はバンドで来るから。今日は1人でごめん。」ってハルさん。
言い方がさりげなくて。
ホント、当たり前のことをさらっと言う感じで。
なんかこちらが今まで半信半疑で期待していたのが馬鹿らしくなるくらいに。
うん、待ってるよ。
疑うことなく待ってる。

「あれー?なんか足りないんじゃない? ストラトが足りねーなー。」と。
突然「ストラト君カモーン!」って言われて、無茶ぶりされる曽我部さん。
2人で♪実験4号♪
無茶ぶりだというのに一心不乱にギター弾きまくる曽我部さんを、「コイツすげー!」って顔して嬉しそうに見守ってるハルさん。
本当に音楽するのが楽しいんだなぁって、ちょっと妬けるくらいにいい顔してた。
曽我部さんも火がついたようでオラオラオラ~って弾きまくってたね。
「こんなのやられたらあとなんにも出来ないじゃん。」とハルさんに言わしめるほどに。


そして♪ゴーラン♪で再び……
「あれ~?これはストラト君が要るんじゃないの~?」と。
2度目ともなると慣れたもので(笑)
さっき以上にガンガン弾きまくる曽我部さん。
アウトロを〆ようとしたハルさんをスルーして更に熱量高く弾きまくる。
「ヤバい!ストラト君の逆襲だ!(笑)」って、ハルさんめちゃくちゃ嬉しそう。
思う存分2人でギターバトルを繰り広げてた。
しかし、本当に2人とも楽しそうで。
てか、LOOK全体が楽しさで満たされてたね。


♪異国への扉♪で自分のステージを〆たあと、すぐに出てきてアンコール。
「アコギ君、カモーン!」と三度呼び込まれる登山家こと曽我部さん。
一晩で「ストラト君」「アコギ君」「登山家」と3つもハルさんに命名されてた曽我部さん(笑)


そんな曽我部さんのリクエストで♪映画♪
ワンコーラスを曽我部さんが歌い、ハルさんメインボーカルの時は曽我部さんがハモるという贅沢な展開。

曲の途中で唐突に「来年、年男?」とハルさん。
「イノシシ」と答える曽我部さん。ハルさん「あー、猪突猛進!」って納得してた(笑)


アンコールラストは2人で、ビートルズの♪I Saw Her Standing There♪をカバー。
最高の2マンの〆にふさわしいナンバー。
未来の見える明るい〆。

曽我部恵一×大木温之
ありそでなかったこの2マン。
絶対最高だと思って否が応でもハードル上げて観に行ったら、予想を遥かに超えていった!!
懐の大きなハルさんに勢いよく飛び込んでいく曽我部さん。
ハルさんの言った"猪突猛進"も納得。
なんかすごいもん観た。
この年末にきて今年三本の指に入るライブだった!
また一緒にやって欲しい。

いやぁ、呑み足りなくて珍しく地元呑みした夜。
今年のライブ納めが『曽我部恵一×大木温之=伝説』のライブとなりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018.12.14 "大木兄弟祭・201... | トップ | 2018年ライブ総決算 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事