ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2018.8.18~19 SUMMER SONIC 2018 @ ZOZO MARINE STADIUM & MAKUHARI MESSE #サマソニ

2018-08-24 13:52:24 | 日記
2018.8.18~19
SUMMER SONIC 2018 @ ZOZO MARINE STADIUM & MAKUHARI MESSE

今年も行ってきました!
今年唯一の夏フェス。
張り切って2日間。
尋常ではない今夏の暑さ。
気合いを入れて挑むも、この週末だけはやたらと秋めいて。
稀に見る爽やかな快適な2日間。
つぶやきまとめ。
備忘録の始まり。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

まずは、今年のサマソニオープニングアクトはこれ!
キーマカレー&ビール🍺
腹が減っては戦ができぬ(笑)

爽やかな風が吹いてるー。
めちゃくちゃ快適だー。
こんなに快適なサマソニ初めてだー。

今年も来たよー!
乾杯🍻
浜風が心地好い。
ビールが旨し。

[THE SHERLOCKS]
いつの時代も英国からはこういう王道の若いギターバンドが出てきてくれることが嬉しい。
スケールの大きさはマリンスタジアムに良く似合ってた。
数年後マリンのトリを務めに帰ってくるのを待ってるよ。

THE SHERLOCKSのボーカルがかけてたサングラスにサマソニの夏の終わりの青い空と白い雲が映ってて。
モッズっぽさやストレートなギターバンドのサウンドも相まって切なくて懐かしい…。
乾いた秋めいた風も手伝っていい気分でビールがすすむすすむ。

今年のサマソニはどれを観てもほぼ初見になりそうなラインナップなのだが、初日の朝イチからドンピシャなサウンド(THE SHERLOCKS)に出会ったからすでに満足♪

次のアクトの繋ぎでまったりと。
サマソニ史上最年少と噂の[RUEL]を観ているのだが、さすがに歌は上手いし、イケメンだ。
黄色い声が飛び交ってる。
が、何より彼は魅せるのが上手い。
自分の武器を良く知っている。
あと5年後に歌い続けていたらまた会いたい。
そんなステージを見せてくれている。

今年初お目見えのビルボードステージにきてみた。
雰囲気良さげ。
角ハイボールをお供に大人サウンドを楽しみましょ。

シンガポールからきたSSWの[CHARLIE LIM]
ストーリーを感じさせる歌の数々。
素晴らしいシンガーでありストーリーテラー。
雰囲気あったなぁ。
個人的に来年2月に初のシンガポールに行く予定だったりして親近感湧いた。
彼のライブみたいに居心地の好い旅になるね、きっと。

沖縄塩焼きそば。
一見普通の焼きそばだが、侮れん。

例年ならどーしても観たいアクトがない限り日中はメッセに籠るのだが、今年は朝からずーっと屋外にいる。
夏フェス満喫中。
気分爽やかサマソニ万歳!

台湾から来たSSWの[クラウド・ルー]
多幸感溢れるステージを魅せてくれた。
英語ならともかく中国語全くわからないけど、1曲1曲大事に愛おしそうに歌ってて、すっごくすっごく伝わってきた。
音楽に国境はない!ってつくづく思う。
最後、めちゃくちゃ盛り上がったね。
ホントに楽しかった~。

海が見たくなってビール片手にビーチステージへ。
[never young beach]を聴きながら幕張の海を眺めやる。
贅沢な時間。

日差しはやっぱりキツいけど、風がひんやり爽やかで気持ちいい~。
こんなサマソニ、ホント珍しい。
太陽浴びてこー。
あ、もちろん音も、ね。

スペアザ横目に眺めながらかき氷屋さんに並んでたら、ちょうどスペアザ終わりにゲットできた白桃かき氷♪

[NICK HEYWARD]
相変わらずの笑顔満開のステージ。
文字通りファンタスティックなステージ。
ギターポップぶりも健在。
楽しかった~。

今日初めてメッセにきた。
[THE Charlatans]観るために。

[THE CHARLATANS]
懐かしい曲も初めて聴く曲もお互いに絡み合ってとってもグルーヴィーな安定のUKサウンド。
必殺のハモンド。
マンチェスターの香り。
久々に聴いたけど、よかったなぁ。

お夕飯は牛タン丼♪
牛タンも美味しかったけど、キムチが絶妙に美味かった!

マリンのトリでこんなに易々とスタンド席が確保できるとは…。
大合唱、気合い入れないと成り立たないんじゃないか…?
まぁ、ゆとりがあって観るの快適でいいけどねぇ…。

いわゆるマリンガラガラってやつです。
あ、始まったー

ノエル兄貴 最高だった!!!

[NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS]
♪Don't Look Back In Anger♪はきっとやってくれると思ったが、♪whatever♪と♪wonderwall♪まで聴けるとは。
そしてラストがビートルズのカバー♪All you need is love♪
こういう時にカバー曲で〆るのが最高にカッコいい。
マリンが多幸感に包まれた。

♪All You Need Is Love♪曲が終わると同時に花火が打ち上がってね、ホントに素敵だったんだよねぇ。
ノエルも上を見上げて夜空に花火を探してたけど、あの角度から見えてたのかなぁ。

♪Don't Look Back In Anger♪の時のスタンド席の皆のスマフォのライトが星空みたいで綺麗だったなぁ。
ステージからの眺めも素敵だったよね、きっと。

ノエル兄貴 来年また戻ってくるそうな。

[サマソニ1日目]
THE SHERLOCKS→RUEL→CHARLIE LIM→クラウド・ルー→never young beach→Special Others Acoustic→NICK HEYWARD→THE CHARLATANS→NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS
UKで始まりUKで〆という1日目でした 。

今年初の花火。
サマソニ初日。
大満足。
明日も楽しむ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

さて、2日目。

本日のオープニングアクト。
プラトーンのグリーンカレー&ビール。

ビール呑みながらまったりしてたらなんか良さげなサウンドチェックの音がしていたので"出れんのサマソニ"枠のバンド観てみた。

[tomato ketchup boys]
フラ~っと聴きにきたらなかなか素敵サウンドだった。
スリーピース。
UK好きなんだろうなぁって感じの音。
2曲目のBメロあたりオアシスっぽくて。
昨夜のノエルからの続きに聴くにはよかったんじゃないかな。
我ながら良き選択。

今日のトリにも匹敵するアクト登場!
いちごけずりさん。
しかも並ばずに買えるという奇跡。

マウンテンでハイボール片手にまったりしてると、ちらほら稲穂が目に入る。

サマソニでは毎回新しい出会いがあるけど、今回もとびきり素敵な出会いがありました。
[REX ORANGE COUNTY]
素敵だったー。
鍵盤で作った独特なコード進行がふわっとして心地好く、ラストひとつ前のブルージーな歌 沁みたなぁ。
まだめちゃくちゃ若そうだったけど。
英国恐るべし。

ずーっとメッセに籠るつもりだったけど、英国繋がりでビーチ行こうかな。

中トロ漬け丼&ビール いつもガッチガチに凍ってたりしたけど、今日は程よい溶け具合。

久々に外に出たら曇ってるし涼しい風吹いてるしでメッセの中より快適かも。
例年ならありえない現象。

ビーチ気持ちいい~。
黒糖バナナ ブラックジンジャー リキュールですって。
色味良くないけど味は良い。

[TOM MISCH]を聴きながらリキュール呑みながら夏の終わりの海を眺める。
風涼し。
至福。

夕暮れの海とピザと[THUNDERCAT ]の凄腕ベース。
あまりの神業テクにピザ食べる手が止まる。
すげー!

旨辛ゴマだれうどん頼んだら、余ってるらしく豚しゃぶトッピングしてくれた。
そろそろソニ飯も最後の追い込み。
暗くて写メないけど。

当初の予定を途中から大幅に変更してマリンにきた。
なんとなくここら辺にしよーっと座ったら昨日と同じ席だった。
そしてやっぱり余裕たっぷりの客席。
見る側はありがたい。

昨日より余裕たっぷり。
15回来てるけど、まぁ、マリンでトリを観ないこともあったが、2日間ともガラガラってのは初めてだ。
いろいろテコ入れせにゃ。
地元フェスだけになくなったら困る。
とりあえずチケ代高いよね。
でも、安くしたらギャラ賄えないし。
とにかく頑張ってくれ、クリマン。

[BECK]
いきなりしょっぱなから飛ばす飛ばす!
♪devli's haircut♪
♪loser♪
♪new polution♪
ローファイで革新的と言われたサウンドが、今夜は普遍的ロックサウンドとして鳴らされていた。
攻めのセトリ。
攻めのサウンド。
アコースティックタイムなんて一切なく。
徹底的にエンターテイメント。
2つしか違わないとは思えないパワーと、相変わらずスタイリッシュでイケメンっぷりはさすがだ。
ギターもダンスもキレッキレでした!

[サマソニ2日目]
Tomato Ketchup Boys→WALK THE MOON→REX ORANGE COUNTY→TOM MISCH→THUNDERCAT→BECK

いやぁー、2日間楽しかったー!
全てにありがとう!
そして来年は20回目の記念開催。
3日間よろしく! ←3日間行く気か?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018.7.19 うつみようこ&YOKO... | トップ | 2018.9.5 『Way to 2000 2MAN... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事