ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2018.7.19 うつみようこ&YOKOLOCO BAND @高円寺JIROKICHI

2018-07-20 18:24:08 | 日記
2018.7.19
うつみようこ&YOKOLOCO BAND @高円寺JIROKICHI


1度行ってみたかった高円寺の老舗のハコ、JIROKICHI。
ヨコロコ初見参。

JIROKICHIは、途中休憩を挟んだ二部制のライブが基本。
ということで、ヨコロコも今回は二部制ライブ。
これがなかなかよかった!
セトリの組み方とか、休憩の間の心地好さとか。
呑みながら基本座って観る(立ち見のお客さんもいたけど)にはいいよ、二部制。

サイケ&ブギーロックな第1部の〆の♪What's Up♪。
歌い上げるようこ姐さんと情熱的なバンドサウンドにグッときて涙。
そんな熱くなった心の余韻に浸りつつ、徐々にクールダウンするにも休憩時間がありがたかった。

そこからの、生音っぽい爆音で次から次へと繰り広げられるイケイケセトリな第2部。
演者も客もノッていくのがわかるあの感じ。
たまらんね。

そんな中でのヨコロコ恒例カバーコーナーの2曲。
素敵だった。
最近ようこ姐さんがハマってるというThe Cure。
♪Friday I'm In Love♪
キュートで爽やかなようこ姐さんも素敵だったなぁ。
そういえば最近真夜中にBSプレミアムでやってる「MUST BE UKTV」でよくキュアーが流れてて。
懐かしいなぁって思ってたんだよね。

そして、もう1曲はボ・ガンボスの♪夢の中♪
奥野氏のオルガンと絡み合うようこ姐さんの歌。
胸を打ちました。
聴きながらあの日の野音を思い出したりして。
あったかくて切なくて。
そういえば、どんとの誕生日も近いなぁなんてね。
どこか懐かしく夏のかほりのするカバーコーナーでした。

メンバーの立ち位置が違ったのも新鮮で。
奥野氏→クハラ氏→ようこ姐さん→前さん→竹安氏
という並び。
いつもは、ようこ姐さんにグイグイ迫っていく竹安氏ですが、今回はめちゃくちゃ近い隣の前さんに逆に迫られて、どんどん後ろに下がってた(笑)
けど、前さんはいつも以上に楽しそうだったなぁ。
竹安氏とあんなに近くで向かい合って弾くことなかなかないしね。
間奏の時とか特に嬉しそうに迫ってた(笑)

合間合間の面白ほのぼのトークも健在で。
1番笑ったのは、ステージドリンク忘れてきた奥野氏がお客さんの飲みかけのドリンクもらって飲んだ時。
自由すぎる(笑)
で、ようこ姐さんに叱られてようこ姐さんのお水もらったらそのお水お客さんにあげてた(笑)
自由が止まらない(笑)

あと、ジョニー・サンダースに似てるって前さんに言われた奥野氏。
速攻ようこ姐さんに否定されてたり(笑)
でも、そんな奥野氏。
毎回見るたびにグッとくるのは、鍵盤に貼ってあるレピッシュのステッカー。
なんかありがとうって毎回思うんだ。
ホントに。
ありがと。

とかなんとかいいつつ、奥野氏から「エレカシの宮本くん」ってセリフが出た時が今日一番グッときました(笑)
不意に聞くとね。
嬉しいもんだよね。
エビバデの端くれとしてはさ。


恒例♪shotgun♪の雄叫びは衣装忘れて私服の奥野氏命名「半袖くん」こと竹安氏。
頑張って高い声で叫ぶも、「マイクから離れるな」とようこ姐さんから歌の中で怒られる(笑)

そこからの、アンコールはお馴染み♪Kick Out The Jams♪
殺人的な猛暑をヨコロコが蹴っ飛ばしてくれたのでなんとかこの厳しい夏を超えられそうだ(笑)


今年都内では最後になるらしいヨコロコ。
バンド史上初めてのJIROKICHIでのライブ。
ヨコロコの音は老舗のハコがよく似合う。
とっても夏っぽいセトリで、やっぱりとっても楽しい夜でした。
「良いお年を~」って言われて、、、まだちょっと、いや、かなり早いけど。
でも、とりあえず、また来年の夏もJIROKICHIで会いましょう。




















頂きもののセトリ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018.7.7~7.8 フラワーカン... | トップ | 2018.8.18~19 SUMMER SONIC... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事