とみぞうのお気楽ブログ

クルマ、日本、北海道を愛する生粋の道産子48歳♂です。カバー画像は、PC版は増毛駅、スマホ版は733系電車の大谷ver.

マツダCX-30(X L-Package/4WD/6AT)

2020-02-12 21:09:47 | クルマ
 昨日は建国記念(の)日でした。皇紀2680年、令和2年2月11日、です。新年あけて1ヶ月半近く経ったのかと思うと早いなぁ。。。

北海道大学構内、昨日はいい天気でした。


 さて、マツダの新エンジン(スカイアクティブX)搭載車両が発売となり、試乗車も配置されるようになってきました。私も試乗させていただきましたが、ちょうど購入していた「モーターファンイラストレイテッド」にスカイアクティブXエンジンの解説が出ていたので、試乗後改めて読んでみました。いやー、とんでもなく複雑なことしてるんですね。。。





 私の頭では全て理解することはできないようです(笑)

 15分ほど街中試乗させてもらった感想は「究極の普通のクルマ」です。スバルのSTiのようにもの凄い加速があるわけでもなく、トヨタのハイブリッドのように「燃費の目玉に入れば」メチャクチャに燃費が良いわけでもない。

・エンジンのレスポンスの良さ(かと言ってトルクがドカンと出るとか、高回転でパワーが炸裂するわけでもない。)
・室内の静かさ。アイドリングストップ機能は素晴らしい。特に再始動時はセルの音がほとんどしない。
・踏力でコントロールするブレーキの扱いやすさ(地雷ブレーキ=つま先でチョン〜ガクンと効く、に慣れた人から効かねぇとクレーム来そう)
・ドラポジがキチンととれること
・キレイじゃない路面を走っていてもクルマがヘンな揺れ方をしない
・マツダ3のガソリンエンジンに比べてリヤが跳ねない
・よく動く足。ボディ剛性感が結構高いからこそ。

、、、など、地味だけど実はとても大事な要素、且つとてもわかりにくい。これに400万円近くも出す人がどれだけいるのだろう、と心配になります。

 モータージャーナリストの森慶太さんのツイート。まさしくそのとおりだと思います。





 なお、私が試乗したのはCX-30ですが、森さんはマツダ3のスカイアクティブx、4WDを試乗されたようです。

 故障や不具合について、マツダ関してはまだ信頼し切れてない部分があるけれど、そんなことを忘れてしまうくらい、手間暇かかって上質な印象を受けました。もっと長時間乗ってみたいですね。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« C-HR(S-T“GR-SPORT”6MT)に... | トップ | DECMO(JR北海道H100形気動車) »
最新の画像もっと見る