能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

矢沢永吉さんのファンはすごい!東京ドームのコンサートで全国から集まった永ちゃんファン5万人

2015年09月06日 | まち歩き

今日は、9月6日まで開催の「高校野球と野球殿堂」を見学するために、東京ドームへ。

東京ドームに設置されている野球殿堂博物館。

現在、公益財団法人になっている野球殿堂博物館です。

が・・・。

JR水道橋駅周辺から、いつもと違う雰囲気・・・異様な空気が漂っています。

関西の暴力団関係のニュースが流れている昨今・・・もしかしてとは思ったのですが・・・。

今日は、東京ドームで、矢沢永吉さんのコンサート。

ROCK IN DOME

全国から集まってきた矢沢永吉さんのファン・・・東京ドームの収容人員からすれば約5万人でしょう。

ポール・マッカートニーさんのドームコンサートは観たのですが、ニッポンのロックスター矢沢永吉さんも東京ドームを満員にできるアーティスト。

永ちゃんのコンサートに集まる人たち・・・。

ちょっと怖いですが、ホント、かっこいいです。

AKBやsmapのファンとは、気合の入れ方が違います(笑)。

男子は、白の上下のスーツに、サングラス、髪のある人はリーゼント。

靴は、白のエナメルか、白のバッシュ。

もう、フツーのおじさんではありません。

でも、自分がこれをやるとマヌケな寅さん風か、売れない演歌歌手風になっちゃうんだろうなあ(笑)。

女子は、チャイナドレスか、黒系統でまとめたボディコン。

「チャイナタウン」・・・名曲です。

永ちゃん命の人たち・・・それは、イスラム教徒のメッカ巡礼、神道崇拝者のお伊勢参りのよう。

E.YAZAWA」のタオルは必須アイテム。

通行手形のようなものです。

全員、ビシっと決めて、巡礼に臨みます。

高齢の母が矢沢永吉さんのファンでブルーレイを持っているため(笑)、たまにライブを観たことがあるのですが、観客席にこんな姿の人たちがいるとは想像だにしませんでした。

平均年齢は、男女ともに50歳代でしょうか。

ファンの年齢層は、20歳~80歳・・・相当幅広いです。

一人ひとり・・・ホント、ファッションを決めています。

車いすの高齢の女性から、杖を突いた白のスーツを決めた初老の紳士まで・・・。

日頃はフツーのサラリーマンという親父さんから、どう見ても昔、元ヤンでブイブイ言わしていたであろう人まで、本当にさまざまです。

矢沢永吉という一人のアーティストで、これだけ連帯感を持てるというのは、本当にうらやましいと思った次第です。

永ちゃんグッズの販売に並ぶファン・・・おそらく数千人はいるでしょう。

でも整然と並ぶところは、さすが大人です。

2万人の人が一人1万円分の永ちゃんグッズを買うとして、グッズ販売だけで2億円の売上・・・。

入場料収入を含めると、8~9億円ぐらいのお金が動くのではないでしょうか?

ビッグ!です。

すでに還暦を迎えた矢沢永吉さん。

高校を卒業して、広島から横浜へ・・・伝説のバンド・キャロルを経てソロに・・・。

「成り上がり」から、今ではスーパースター!

ニッポンのシニア層に元気とエネルギーをチャージするために、長く長く頑張っていただきたいものです。


今日の、水道橋や神保町、新宿や池袋・・・永ちゃんファッションで決めたファンが飲んでいるんだろうなあ。

ドームに行っていない人は、今日「時間よ、止まれ」をカラオケで歌ってはいけません(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« カープ、0-4でスワローズ... | トップ | 野球殿堂博物館「高校野球と... »

まち歩き」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事