とみしゅう日記

主にゲーム話。
残りは与太話。
たまに恋愛話・・・かも。

悪魔城ドラキュラ ─闇の呪印─

2005年11月27日 | ゲーム

コナミ定番の悪魔城シリーズ最新作。一時期は“キャッスルバニア”と名乗っていたようですが、原点回帰ということなのでしょうか。


悪くないなぁと思って進めていたところ、とある場面の理不尽さに怒りを感じました。敵の攻撃を喰らって気絶する(一切の操作がきかなくなる)…というところまでは判ります。でも、その後も連続攻撃を喰らい続けて、気絶状態が解除されないのはおかしい。一定時間後に回復したら、無敵時間も一定時間確保するべきでしょう。あと、異常なほどにお金が貯まりません。敵がけっこう強いので回復アイテムは不可欠なのですが、これがなかなか高い。素材を手に入れて合成してから売却して、なんとか凌ぐという感じです。回復アイテム(ポーション)の上限が5つというのも厳しい。せめて10個は持ちたいなぁ。それをやってしまうと「悪魔城ドラキュラ」ではない…のでしょうか?悪いゲームではありません。でも、やっぱりドラキュラは2Dのほうが似合うんじゃないでしょうか?Nintendo DS やPSPといった携帯ゲーム機のほうが、楽しめるように思えます。

コメント   この記事についてブログを書く
« ちゃんと買う | トップ | 誰にでも性欲はある »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゲーム」カテゴリの最新記事