山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

大城・小城(井上城)③

2016-12-31 09:37:03 | 山城ー信州
東尾根へ

大晦日となりました、どなたさまもよい年でありますように。

本丸東下から城壁を見ています。

東尾根第一堀切

堀切側にある縄張り図

東尾根第二堀切

北側に下ると浄雲寺へ

浄雲寺の門の家紋は井上氏

本堂の家紋は徳川氏

浄雲寺は戦国期には井上氏の居館があったようですが、徳川時代となって松平氏寺領を寄せて家紋が変わったようです。

東尾根第一曲輪

東尾根第三堀切

東尾根第三曲輪

東尾根第四堀切、ここからは縄張り図にはありません。

東尾根第五堀切

東尾根第四曲輪

東尾根第六堀切、ここで城域です。この先に井上山があり、物見があるかと思い登って見ましたがありませんでした。

法然上人直弟子の開基〜無明塾に集う人々〜
浄運寺は建保2年(1214)法然上人の弟子である角張入道成阿弥陀仏(かくはりにゅうどうじょうあみだぶつ)が開き、寿長不乱和尚が初代住職となった長野県で一番古い浄土宗寺院。
角張入道は地元、井上の出身で、法然上人四国罪流の際に輿(こし)をかついだと伝えられている人で、以来、信濃国に念仏信仰を広める根本道場として現在にいたる歴史を刻んでいる。
車の通りを折れると600メートルにわたる参道がリンゴやブドウ畑の中をまっすぐに延びる。途中には仏教があらゆる教えの究極、最高の真理であることを表す「第一義」の碑が。やがて小高い山のふもとにさしかかると、こじんまりした仁王門が建ち、山寺の雰囲気が伝わってくる。
江戸時代の念仏僧、徳本聖者の南無阿弥陀仏の名号碑を左手に見て、急な階段を登ると、寛政6年(1794)に再建された本堂がやっと正面にみえてくる。 寺は平安時代から400年にわたりこの地を治めた井上氏の帰依をうけ祈願所として50石の寄進を受け発展、井上氏の拠点である井上城も寺の背後の山頂に築かれていた。
さらに、松平氏が寺領を寄せたことから、寺紋も葵の紋となり、家康・秀忠公の位牌が安置されている。
また、本堂の左わきにある六角堂には秘仏の釈迦如来像が安置されている。この像は長崎の海中から出現したものと伝えられ、大阪の人が善光寺東三里の東向きの寺に祀れという夢告によって安置されたと伝えられている。
寺の教化活動も盛んで、住職が昭和61年から始めた無明塾(むみょうじゅく)という勉強会が年に数回行われ(不定期)、住職のもとに集う作家や芸術家、文化人などが講演、多くの檀信徒や地域の人々がこれを楽しみに訪れている。
寺は昔から俳人の小林一茶など文人が数多く訪れたというが、この歴史は現在まで続いているようだ。 作家 中野孝次の墓もある。
浄土宗新聞平成6年2月号より記載


次回 上州 藤岡市 真下城
コメント

大城・小城(井上城)②

2016-12-30 21:25:55 | 山城ー信州
大城に向かいます。


第一堀切

第二堀切

上から堀切を見下ろしています。

大城の城壁

帯曲輪が守り

本丸西下の帯曲輪は広くなっています。

本丸、西から見ています。

自分の所領の拡大と領地と連絡するための山城と窺えます。

本丸を東から見ています。

本丸東下の副曲輪

浅い空堀と東曲輪

東曲輪の東下の切岸

次回 東尾根

井上氏の領国展開

 室町末期から戦国時代にかけて、井上氏の封建領主制は発展をみせ、井上に居館を構える惣領家のほかに綿内の小柳・楡井・狩田・八町、水内郡の長池・高田などに庶子家を分出している。このうち、綿内は井上氏の穀倉地帯となる重要な所領であり南に備える前線でもあった。そこで、この地には有力な庶家がおかれていた。武田信玄が北信濃に進出してくる弘治二年(1556)当時には、綿内の地に井上左衛門尉、小柳に井上出羽守満直がいたことが知られる。
 井上氏は信濃源氏の名族ではあったが、総じてその領主的発展は停滞をみせており、高梨・須田氏らに圧迫されることも多かった。応仁二年(1468)、井上政家は須田郷へ押し寄せたが逆に打ちまけて多数の討死者を出している。翌年には、狩田で高梨政高と戦ったため狩田は不作となっている。合戦の結果は伝わっていないが、相手が強剛高梨氏であることを思えばおそらく勝味はなかっったことであろう。一方、応仁三年(1469)から文明七年(1475)のころに、綿内を領する井上政満が亘理と小柳の諏訪上社頭役を勤めたことが知られる。
 応仁から文明年間は、応仁の乱に始まった中央の戦乱が地方に拡散していって、戦国時代に入った時期であった。信濃でも、守護小笠原家に内訌が起り、守護政秀が一族に討たれるなど下剋上が始まっている。北信濃の地も戦国的様相が深まっていき、井上氏・須田氏・高梨氏らの間でも領主的対立が激しくなり、井上氏も戦国争乱の時代の波に翻弄されるようになるのである。 武家家伝より

コメント

大城・小城(井上城)

2016-12-29 22:08:13 | 山城ー信州
大城・小城は長野県須坂市と長野市との境にあります。

大城・小城地図

上信越道、須坂・長野東ICから国道403号線で幸高町の信号を右折し、南に見える山裾の市道を進むと小さな公園があり、古代の堆積層の説明があります。

公園の後方(東)に登り口があります。

やや急斜面ながら道は整備されています。

登り口を押える曲輪(私見)

北方に見える須坂市街

まず小城に向かっています。東に大城の峰が見えます。

小城の城壁が見えてきました。

北虎口から副曲輪

小城、本曲輪

説明版

西下腰曲輪

本曲輪西城壁

本曲輪東虎口から大城へ

信濃井上氏

尊卑分脈によると清和源氏頼季流とされる。源満仲(多田満仲)の子源頼信が長元元年(1028年)の平忠常の乱を平定して東国に勢力を扶植、さらに三男の頼季が嫡男源満実とともに信濃国高井郡井上を本貫として井上氏の祖となったとしている。
源平の戦いとして知られる治承・寿永の乱では同族とされる村山七郎義直が村上氏の支族とされる栗田氏と共に市原合戦で笠原氏を相手に戦ったのをはじめ、北信濃の源氏方として平家方と戦いを繰り広げ、平家物語では保科党を率いる井上光盛が横田河原の戦いで源義仲方として参陣して活躍し、信濃源氏の代表格として扱われている。その後は義仲の上洛には従軍せずに源頼朝に従った様だが、甲斐源氏一条忠頼と共に頼朝に危険視された光盛は、元暦元年(1184年)7月に鎌倉に召喚される途上の駿河国蒲原駅で誅殺される。承久の乱では光盛の次男井上光清(正光)が仁科盛遠に従い後鳥羽上皇側に立って参戦している。更に文永5年(1268年)には井上盛長が善光寺を焼き払い誅殺された記録が尊卑文脈所載の井上系図にある。
井上氏は近隣の村上氏や同族とされる高梨氏に比して総領家を中核とする武士団の形成が大きく遅れたとされる。また盛長の誅殺以後、井上一族では仏門に入る者が多く、武士団としての発展が阻害されたとする向きもある。文永2年(1265年)には井上正頼が在庁官人として信濃大掾を称している(『鎌倉遺文』)。
南北朝時代の井上氏に関しては史料が残されていないが、応永7年(1400年)の大塔合戦では井上左馬助光頼が高梨氏や須田氏、島津氏、小柳氏、布野氏、中俣氏などと共に大文字一揆衆の一翼として、守護方の小笠原氏と戦っている。ウィキペディアより

コメント

塩入城

2016-12-28 21:02:50 | 山城ー上州
塩入城は大山城の支尾根(曲輪4)に通ずる尾根にあります。


大山城の上信越道下の林道を東に歩くと大きなカーブがあります。

コンクリで斜面を固めたカーブのところに100mほど歩けば着きます。この上の尾根に塩入城はあります。

カーブの先に50mほどで、この階段があります。

尾根に着くと土橋があり

半径5mほどの本曲輪、物見として機能していたと思われます。

東の景色は抜群で、赤城山が見えます。
本曲輪の西尾根は細いものの40mほどあります。この塩入城で大山城の曲輪4の支尾根を守り、敵の侵入を牽制したのかもしれません。

次回 信州 須坂市の井上氏の居城、大城・小城
コメント

大山城④

2016-12-27 21:03:11 | 山城ー上州
曲輪3から曲輪4へ


本丸を北から見ています・

曲輪2は本丸の鉤形の堀に囲まれ、区切られています。

本丸の段差を越えて、曲輪3に入りました。西側を見ています。右には櫓台、中央に空堀があり、左は曲輪です。

右手は櫓台と思われます。

中央の空堀です。奥にあるのは曲輪3とは別の小曲輪

櫓の方から空堀・小曲輪を見下ろしています。この空堀は西に下るルートがあるのでしょうか。

この空堀の西は鏑川が作る50mもあろうかという断崖です。

空堀は、西側下の腰曲輪、水の手曲輪に通ずる道があったのかもしれません。

曲輪3を東に見渡しています。

曲輪3と曲輪4との空堀

「余湖くんのホームページ」の縄張り図で曲輪3と4との位置を確認してください。

土塁によってBを形成し、空堀へと誘導しています。

曲輪4、この上に腰曲輪が二段とありますが省きます。

空堀越しに曲輪3を見返しています。

曲輪4の支尾根に腰曲輪が二段と上に登るように作られています。この支尾根の上部に何らかの備えがないと、この大山城は曲輪4は逆落としに容易に落とされてしまいます。そこでもう少し近くの山を歩いて見ました。この結果は次回とします。
コメント