~そのまんまで いいよ & ゆっくりしいや~

だありんはNOW回復中!の若年性アルツハイマー病。失行 失認識 失語からの復活どこまで行けるかやってみなけりゃわからない

言語外メッセージと1000日リハビリ最終日「中間報告」

2020年05月31日 | 若年性アルツハイマー病
今日で1000日(ということにする)
何が何でもあきらめないモードのリハビリ



と いいつつ
きっぱりとしたボイコットされて代替えのおさんぽだとか
解毒フェイズのサプリメント管理だとか
まあ、いろいろありまして
ここ3日ばかりはキーキーいうのもやめて
もうどうでもいいやと思ってたMUSICA

どうでもいいや

それって伝わるのかな
今日のだありんは特別製の不思議モード

イメージ世界で混乱極めた午前の仕上げは
本にかこまれたまま居眠りして
眠り込んじゃって椅子から落ちた!

おでこに大きなたんこぶ一つ

雨が止んだらおさんぽいこうって
う~ん止まない、天気予報のウソツキめ
止むかな?止むかな?また降ってきたら帰ればいいやん、っておさんぽでかけたけど
ひんやり空気と小雨だからすぐに戻ってきて

午後のサプリタイムのBGMはどういうわけか「カルミナブラーナ」
これってば発症してから一度も聴いてなかった曲な気がする
なんで今日はこれ?

ドドンコドンドン ドドンコ ドドンコ

勇壮なオーケストラから始まって
不思議ワールドへ引きずり込む合唱
(MUSICAは苦手なんですけどね、こういう大規模モノ)
苦手だからさ、ついウトウト眠っちゃった

目が覚めたらまただありんの不思議語り



えいっ!えいっ!こら、それいけっ!っていうのが怖いんだ
(リハビリ厳しくてトラウマになっちゃったのかな?)

知ってるやろ、あの人ら、ぼくは何がええのかわからんかった
(ん?どうもちょっと違う話?)

ほんとはイヤやったんや、一人で放り込まれて、そやけどやらなあかん
(ちょっ、ちょっと待ってくれい、それは?それは?なんの話だい?)

オニのようなリハビリ期間の名残の体感が
まさか、いや、たぶん
天才少年としての英才教育の日々に言うことができなくてうずめてた言葉を掘り起こしてる!!
なんかすごい展開になってきたよ

そうか・・・だからこの頃練習が楽しそうじゃんなかったんだ
記憶のとびらの向こうの無意識の扉を
1000日のリハビリが押し開けた

そしてまた
チョー重たいカルミナブラーナの後に
ピュアな即興演奏が始まる

なんてこった!
ああ、空気の中に消えてしまう!!!
でも、それでいいのかな?音楽って
コメント   この記事についてブログを書く
« 現実は想像の限界を軽く超え... | トップ | ひとまず平和に夜が来て、明... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

若年性アルツハイマー病」カテゴリの最新記事