四季折々

~感じるままに~

センダン

2018-05-20 18:29:00 | 写真・花

今、センダン(栴檀)の花が満開のようです。
薄紫色の小さな花が枝いっぱいに咲いていて、遠くからでも目立っています。
秋には楕円形の小さな実が枝一面につく落葉高木です。




竹とんぼが回転しているような姿の花です。




枝いっぱいに花がつき、葉も出始めています。




こんな樹姿でした。

以下は昨年12月22日に同じ木を写していたものです。






「センダン(栴檀)」の呼び名は
実のつき方が数珠(じゅず)のように見える千珠(せんだま)から来たという説や、
実が沢山ついた様子の千団子(せんだんご)から来たという説など諸説あるそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« サクランボ | トップ | ウグイスと目が合いました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真・花」カテゴリの最新記事