四季折々

~感じるままに~

「二度とない人生だから」

2019-08-19 17:03:51 | 写真・花
道端にツユクサ(露草)が咲いていました。
この花を見かけると、ある詩を思い出します。
坂村真民の「二度とない人生だから」です。
   

   

   
朝咲いた花が、昼前にはしぼむはかない一日花です。
朝露のごとくはかないということからこの名がついたそうです。

花弁は一見すると2枚(青い部分)だけに見えます。
実はもう一枚あり、シベの後ろに白っぽくみえている部分が3枚目の花弁だそうです。
よく見ると、メシベが1本、長いオシベが2本見えます。
そのほか、短くて黄色の小さな花のようなオシベのようなものが4個あります。
この4個は花粉のないダミーだそうです。
虫を引き寄せるための、短い命ならではの工夫のようです。

 「二度とない人生だから」 (坂村真民著 「坂村真民一日一言」より)

二度とない人生だから一輪の花にも
無限の愛をそそいでゆこう
一羽の鳥の声にも無心の耳をかたむけてゆこう

二度とない人生だから一匹のこおろぎでも
ふみころさないようにこころしてゆこう
どんなにかよろこぶことだろう

二度とない人生だからいっぺんでも多く
便りをしよう
返事はかならず書くことにしよう

二度とない人生だからまず一番身近な者たちに
できるだけのことをしよう 
貧しいけれどこころ豊かに接してゆこう

二度とない人生だからつゆくさのつゆにも
めぐりあいのふしぎを思い
 足をとどめてみつめてゆこう
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 朝焼け | トップ | 「災害は忘れないうちにやっ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一輪の花 (happy)
2019-08-20 16:09:53
小学生のころ画用紙?に、つゆ草や朝顔を入れ
ぎゅっと絞って絞り模様にし
夏休みの宿題にした記憶。
「二度とない人生だから一輪の花にも無限の愛をそそいでゆこう」
そのものだと思い起こしました。

NHK BSプレミアム 金曜時代劇の「蛍草」意味が分かる気がします。

happyさんへ (ひら)
2019-08-20 18:13:16
コメントありがとうございます。
小学校の頃~ ついこの前とは言いませんが、そんなに昔ではないような気がしていました。
しかし、よく考えてみるとかなり昔だったと気づきます。
私も新聞の間にはさみ押さえつけて押し葉を作っていたことなどを思い出しました。
「蛍草」はみてませんでしたが、次回観てみます。
ありがとうございます。


コメントを投稿

写真・花」カテゴリの最新記事