四季折々

~感じるままに~

ブドウの1回目ジベ処理

2020-05-23 20:11:31 | ぶどう・野菜
ブドウ(安芸クイーン)の1回目のジベレリン処理を行いました。
1回目は、満開から3日以内に、種なし化と着粒の安定化のために行うものです。
一房ひと房の手作業です。今日は85房を処理しました。

   
写真ではわかりにくいですが,満開状態です。
上方には、この何倍もの支梗と粒が付いていましたが、先般バッサリ取り去りました。

   
ジベレリンは、イネの馬鹿苗病菌の培養液から作られる植物ホルモン剤です。
有害なものは含まれていないそうです。品種により定められている濃さの水溶液を作りました。
手作業で一房ずつを手に持って、この水溶液に浸します。
処理した房は、処理した証に、2個残していた上方の支梗の1個をかき取ります。

   
浸した後は、花キャップを指先で取り除きました。
キャップが残っていると粒にこびりつくことがあるため、除去しておいた方が良いようです。
花キャップは、わりと簡単に取り去ることができます。

   
処理した証しにかき取った支梗です。この数で処理した房の数が分かります。
今日は85個でした。あと20房余りがまだ満開ではなく未処理です。

花房がちゃんと着果したら、初めて果房と呼ぶのだそうです。
果房になると、粒は目に見えてどんどん大きくなっていきます。
どんな果房になっていくか楽しみです。

なお、1回目の処理後、10~15日後に2回目を行います。
2回目は顆粒肥大促進のために行うものです。

コメント   この記事についてブログを書く
« チェリーセージ | トップ | 虫取り撫子 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ぶどう・野菜」カテゴリの最新記事