心躍る音楽再生 解決ハリマオの実践メモ

オーディオシステムの構築はひらめき・今日も小部屋でこそこそ!

アダプター

2017-03-07 10:33:53 | 日記

東北の知り合いからオペアンプのデュアル⇔シングル交換で
随分音が向上したので使ってみませんかと一式送られてきた。



OPA627(CAN)や同じくBBのOPA111(CAN)と旧シグネNE5534ANの3点
以前かなり部品交換したのでスペースの余裕が無く部品を再度付直す羽目に。

結果あくまでも当方の機器で聞いた限りではどこがそれ程良いのか分からない。
確かに静けさは出るが聴感上セパレーションも格段に優れてるとは思えない。
それよりもどれもこれも中低域がナマるのは何故だろうと眺めて見ていると
どうも金メッキのピンが災いしてるんじゃないかと1段目のアダプターに元の
NE5532Nを差してみたら全然ナマらない交換前と同じく気持ち良く分解する。


今まではNE5532Nより優れてる物が何処かにあるのではとの思いがあったが
ノイズが高くても濁りぽっくても此れほど音楽を聞かせるオペアンプは無い。
CANタイプ等は見た目と違い雲を掴む様で聞いてるうちに欲求不満になる
NE5534ANでも豆腐を掴んだような手応えせめてコンニャク位なら・・・・
以前製作者がゲルマを使いディスクリートで組んでみたが散々な音で
オペアンプは良くできていると同じような音は出すのは並大抵でないらしい。

古いが良いとは言いたくないが初期物は物理特性では通用しない何かがある。

*NE5532Nの製造がより早いのでNE5534ANより音的に優れるのはPHILIPS
 のデジタルフィルターでも経験済で納得できるデュアルでも及ばないのには
 細かい所が変更され個体の出来が違ってくるから仕方がないのではと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好盤 | トップ | 終の・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事