ほばーりんぐ・とと

ただの着物好きとんぼ、ウンチク・ズッコケ・着付けにコーデ、
あちこち飛んで勝手な思いを綴っています。

古式豊かに

2019-10-22 23:08:10 | つれづれ

 

トップ写真は、知人の京都みやげ「鈴ラムネ」、シュワシュワとおいしいです。

ちょっと雅なものをと思いまして…。

 

「即位式」、雨になってしまいましたが、パレードは元々延期でしたし…よかったです。

美しい御装束も拝見できましたしねぇ。

 

さて、私事ではありますが、以前から「仕事場」を作る、といっておりましたこと、

やっと実現にこぎつけました。

実家の隣、築40年の古家ではありますが、リフォームして使います。

まぁ中に入ると見事な荒れよう…いえ、実はここにお住まいの方は、両親とほぼ同じ時期に

ここの家を買い、二人のお子様を育て上げ、それぞれ自立、そしてご主人様が定年退職なさった…

というご家庭で、最初からここはいわば「子育て世代」を過ごすための家と決めていたそうです。

退職後の夫婦の住処は別に…というご計画であったため、

「そのつもりだったから、日常生活に差し支える雨漏りなどはちゃんと直したけど、

あとはなにもしていないから、すごいわよ」と言われていました。

わかっていましたから、想像はしていましたが、ほんとに何もしていない…。

リフォームするからいいんですけどね。

 

仕事場ということで、いわゆる普通の家のように「人が住む家」としてのリフォームではなく、

キッチンも小さめ、お風呂はナシ、1階は、いずれまぁ教室のようなものも開けたらと、

一応たたみの部屋もひとつ、あとは板の間で、柱をできるだけなくして、一続きになるように。

2階は完全に「倉庫」。ははは、なんたって、15年かけて集めた古着やハギレがすごいですから。

ひたすらこれから整理する着物を入れる「収納場所」です。

家族で暮らすわけではないので、子供部屋とかリビングとかダイニングとか、

そういう細かいわけ方をしない分、さっぱりしたものですが、床も壁も全部お取替え…なので、

それなりにかかってしまいます。資金は主人がワタシの夢のために残してくれたと思って、

ありがたく使うことにしました。これでポシャったら、いずれあの世に行ったとき主人にどやされますね。

キッチリ仕事はしていかなければと思います。

とは言っても、いきなり全部準備OKで、チャッチャと仕事が出来るようにはなりませんでしょうから、

これまた「ぼちぼち」でんなぁ…。まぁなんとか稼動するのには、3~4年かかるかしらん。

合間に本も作らねばなりませんし。

来年古希だというのに、と驚く友人、応援してくれる友人、さまざまですけれど、

15年かけて、モヤモヤの綿みたいな状態から、少しずつカタチにすることを考えてきた夢です。

友人の言う「はい、マグロ体質。ずっと動いてないとヘタっちゃうアナタ、とまんないよねぇ」です。

 

主人は、仕事から解放されて24年ぶりに帰国帰宅した後、「サッカーのシニアチームを作りたい、

子供のサッカーチームのコーチもいい、家庭菜園やって野菜中心の生活にする、熱帯魚の水槽を増やす」と、

楽しそうに話していました。実家の庭に池を作って、大きな魚を住まわせてもいいか、父に相談してみよう…とか。

そして「あ、ちゃと仕事もするよ。そんなには稼げないけど、まだまだがんばるから」とも。

部屋にたくさん水槽を置いて熱帯魚を飼い、毎日眺めていましたけれど、かなえた夢はそれひとつ。

後は何もしないまま、逝ってしまいました。さぞ残念だったことでしょう。

私の夢については、好きなことをやればいい、といってくれていましたし、

当時の私にとっては、限りある資金と、いずれ来る「二人の年金暮らし」、この中で、

二人の夢のどれをどこまでカタチにできるかしらん、という模索だけ。

それとても、あれこれ具体的に考えるのはもう少し先、と、長らく忘れていた「親子三人暮らし」を

思い出しつつ楽しんで…とたった半年で、息子とふたり残されました。

一度はもうフツーの老後でいいかぁなんてことも頭をよぎりましたが、

息子が「そりゃないでしょ、オトサン怒るよ」といってる気がして…。

あきらめずに、やれることはやろう、オトサンの分もがんばろう、と、1日もたたずにふっかーつ!

あれから4年と9ヶ月。5年弱でここまできたら、まぁまぁかなと思っています。

リフォーム開始は来月、11月1日、そして「リフォームの完成予定日」は、奇しくも主人の命日1月31日です。

予定していたわけではなかったのですけれど。

実際にはもう少しはやく仕上がるそうです。命日までに中をきれいにして、

主人の写真を飾って報告できたらいいなと思っています。

 

さぁ、カメの歩み、カタツムリの徒競走できた私です。この先どうなることやら…。

少しずつご報告します。よろしくお願いします。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« さわがしい秋 | トップ | ご近所様への »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵! (陽花)
2019-10-23 07:24:51
オオ~素晴らしい!
夢の実現に向けて頑張るっていいですね~
やりたいことがあると元気で日々暮らせます
よね。関東に行く機会があれば是非お伺い
したいと思います。
体調に気をつけて頑張って下さいね。
Unknown (とんぼ)
2019-10-23 18:21:14
陽花様

ありがとうございまーす。
先は厳しいですけれど、自分の好きなことだし、
がんばれるのだと思っています。
場所だけは、来年早々出来ますので、
関東方面お越しのせつは、お立ち寄りくださいね。
夢をかなえて (akkomam)
2019-10-26 15:23:50
いつも前を向いて過ごしていらっしゃる姿を
頼もしく思っていました。
成し遂げたい!夢を一歩進めてのこれからですね、
私も楽しみに待たせていただきます。
11月からはお忙しくなりますね、
お身体に気をつけて夢の実現にむかって
頑張ってくださいね。
Unknown (とんぼ)
2019-10-26 19:14:15
akkomam様

ありがとうございます。
いつまでできるのか、どこまでできるのか、
さっぱり見えていませんが、動こうと思います。
幸い福祉が少しずつ充実してきて、
一人で動ける時間も増えそうです。
がんばります!
Unknown (古布遊び)
2019-10-28 23:02:45
わあ~ 楽しみですね。
いつか、と思っていることを形にするって素晴らしいことだと思います。
それも家のリフォームからというのですから凄い!
早く形になって動き出すといいですねえ。
どうぞ頑張って下さい。
私も楽しみです!
Unknown (とんぼ)
2019-10-30 14:14:43
古布遊び様

ありがとうございます。
なんとか少しずつ…なので、今までは眼に見えて
「できた、進んだ」がなくて…。
それでも少しカタチになってきたので、なんかうれしいです。
思い切るのにちょっと勇気がいりましたが、息子や友人、
はてはなくなった親や主人にも、背中押された気がしてます。
母なんぞはきっと「えぇい、はよせんか!」と、どついたと思いますー。
がんばります!

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事