ほばーりんぐ・とと

ただの着物好きとんぼ、ウンチク・ズッコケ・着付けにコーデ、
あちこち飛んで勝手な思いを綴っています。

軽減税率…

2019-09-03 00:10:56 | つれづれ

 

無関係な画像ですみません。どんよりしたお話しなので、せめてパキッと元気なひまわりさんを…。

 

 

軽減税率、なんてめんどくさいことが始まるのでしょう。

お上の考えることは、ほんとに「現場」をわかっていませんね。

昨日ネットの友人で、大手スーパーの管理職のかたのお話し聞いたのですが、

ため息出るようなことばかり。

 

大手ですから、これから「おせち」の予約などもあるわけです。

当然テイクアウトですから本来は8パーセント、ですよね。

ところが、おせちなどの場合、それが入っている箱が容器としては豪華で、包装の域を出ている。

後でまた別のものに使うこともあるだろうから、包装に価値がある…で、10パーセントなんですと。

財務省って、何考えているんですかね。

となると、たとえばお誕生日とか、クリスマスとか、バレンタインとか、けっこう豪華な包装のものは、

10パーセントになるのでしょうか。

華やかなクリスマス柄の箱に入っていたり、華やかな包装紙だったり、立派なリボンがついていたりしたら、

それも10パーセントになるの?また使うこともあるだろう?そりゃ私はなんでもとっとくヒトですけど、

必ずしも使うとは限りません。

「容器としては豪華で」って、それも含めての販売でしょ。そりゃ売り手のサービス。

 

そのかたのお話しでは、たとえばイート・インなどで「ここで食べる」と、10パーセントで払った後、

「やっぱり持ち帰るから、8パーセントの差額分返せ」なんていうことも考えられる…と。

実際には、一度会計をしてしまえば「お返しできません」ということは言えるのだそうです。

でも、現場でいちいちそれをやっていたら、ギスギスもするでしょうしねぇ。

こんなクレーマーみたいなお客、いないともかぎりません。

そこここで小さなトラブル、起きそうな気がします。

8だ10だと言ってるなら、真ん中とって一律9パーセントにすれば?といいたくなります。

 

平成の最初に初めて消費税3パーセントが始まりました。何でも全部3パーセントでしたけれど、

内税だの外税だのとごちゃつき、さらには「細かくなったので1円玉だ5円玉だとめんどくさい」となりましたね。

やがて5パーセントになり、8パーセントになり…。

税収が減っているからとか、あれこれあって、文句言いながらも私たちはちゃんと払ってきました。

10パーセントにあがるのも、将来を考えれば仕方のない部分もあります。

でも、だからと言ってこんなややこしいことになって、買うほうも売るほうもたいへんです。

 

もうひとつ、消費税値上げのためにと、でました「プレミアム付商品券」。

先日その「プレミアム付商品券」の「購入引替券交付申込書」なるものが、私と息子の二人分届きました。

25000円分の買い物ができる商品券を20000円で買える…というものですねぇ。

まためんどくさいことで、まずこの「引替券を交付してもらうため」に、添付の申込書にあれこれ書き入れます。

それを市に送ると「購入引替券」が送られてくる、そしてそれを持って横浜市指定の販売窓口へ行き商品券を購入。

それを持って、これまた指定された店舗で買い物をする…。

ちなみに横浜市指定の「販売窓口」は1区につき2箇所を予定、どこだかまだわかりません。

商品券販売は10月1日からですよ。そして販売期間は10月1日から、来年の2月29日まで。

それを使って買い物できるのは、3月31日まで。

まぁ分割で、1冊ずつ(1冊は購入引替券1枚につき5000円分)買えるそうですが、

面倒だからと25000円分一度に買ってしまったら、とにかく3月末までに、せっせと使わなきゃなりません。

残したらもったいないからと1冊ずつ買っていたら、そのうち期限が切れて、せっかくのプレミアムが使い切れない…。

20000円で25000円使えるといったら、得になるのはたったの5000円です。

もちろん、子供がちいさいとか、年金暮らしにとっては、5000円は大きいですが、

立派な書類やら添付の文書、返信用封筒やらを見ていて、こんなものを何万枚も印刷し、

手間隙かけて折って封筒に入れて、郵便で送る、その料金って、全体でいくらかかるんでしょうね。

こんなめんどくさくてムダの多いことをするなら、貰える資格のある人の年金や個人の口座に

直接5000円振り込んでくれたほうが手っ取り早いと思うんですよね。

それだと「こんな商品券面倒だからいらない」と、権利を放棄する人がいませんから、

きっちり必要分だけの費用はでていきますけど。

こういうものを発行するのも消費税があがったり、ややこしくなったりして「購買意欲」が下がるのを防ぐため…

とかナントカいってますけどね。要はこういうことをお決めあそばす皆々様方は「現場を知らん」ということです。

かつての「地域振興券」「定額給付金」も、実際の効果は疑問がたっぷり…です。

ニュースや解説などによれば、大騒ぎして販売して、結局効果絶大だったかといえば、ほんとはそうでもなかった…

というのが実情だそうです。何でも数字で換算して「コレだけ出したら、全部使われたとして…」と、

机の上と計算機だけで答えをだしてしまう。この際AIに過去の実績学習させて、

こんなの出したらどれくらい効果があるか…と、答え聞いてからにすれば?なんて思います。

 

おまけ話として…オロナミンCとリポビタンD、オロちゃんは8パーセント、リポちゃんは10パーセントです。

オロナミンって「食料品」なんですよね。確かに表示はそうなってます。 

元気出したいとき…これからはビタミンCだけでガマンしよっと!? 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« あぁまた新しいことを… | トップ | すっかりのご無沙汰です。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (古布遊び)
2019-09-03 08:50:35
全く同感です!
しかしおせちの話にはびっくりしました。
どういう発想なのでしょうかねえ~
ほんと、こういうのをお役所仕事というのではないかと思います。
あきれてものも言えません。

おせちと言えば昨日のこちらの新聞に調理科(?)のある高校がおせちを販売するというので早速申し込みました。
高校生の作るおせちって一寸楽しみです。この税金はどうなるんだろうなあ?
Unknown (とんぼ)
2019-09-03 15:09:56
古布遊び様

始まったら、毎日のようにトラブルのニュースがありそうな気がします。
おせち、タッパー持ってってその場で入れ替えますからって言ったら、
8パーセントになるのかしらん。
かの管理職の人は、年末のいそがしいときだし、もう8パーセントにする予定って。
販売業の人はタイヘンですよね。

高校生のおせち、いいですねぇ。今風のものがいっぱいかなぁ。
元々おいしいものがたくさんある土地柄だし!楽しみですね。
税金は…どうなるんでしょう。ほんと、ややこしいことを考えたものです。

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事