ほばーりんぐ・とと

ただの着物好きとんぼ、ウンチク・ズッコケ・着付けにコーデ、
あちこち飛んで勝手な思いを綴っています。

久しぶりの着物話題

2019-07-19 23:57:59 | 着物・古布

 

来年にはある程度カタチ付けたいと思っている仕事のことで、久しぶりに古着購入。

なんとヤフオクも何年もやってないし、ネットで古着も何年ぶり?

カンが鈍っていたらどうしようと思いつつ、慎重に詳細説明を読み、写真を穴のあくほど見つめて購入。

なにかしら着物には触っているものの、ただ見てるだけではアタマも動きませんしね。

 

さて、今回購入したものは、こちらはトップ写真のもの。もう一度出します。

ちょっと色目が違ってすみません。これはちょっと暗くなってしまいました。実物はもう少し明るく、緑味が強いです。

 

                 

 

これが、ショップに出ていた写真です。

 

            

 

なんかおもしろい色の取り合わせ?…ではなく、実はこげ茶色の部分は「はめ込み」、

つまりパッチワークです。もともとの土台の着物、汚れたのかシミでもつけたか、

そのままでは着られない状態になったので、別のハギレをあちこちデザインしてはめ込んだんですね。

まぁメリハリがきいて、コレでもおかしくはありませんが、できればハギレがこんな色だったら…   

 

 

またイメージが変わりますね。着物ってこんなこともできるんだ…と、楽しみ発見です。

これは対丈の着物に仕立て直そうかと思っています。

そしてもう1枚、これはあまり期待しておらず、もんぺの材料用にと購入したのですが、

意外とよかった大島のアンサンブル。珍しく女物のアンサンブルです。渋すぎですが、もんぺ用だし…。

 

           

 

で、よくよく見れば、思ったより時代いってまして、9マルキではないかと。

アップしてみると最近多いカタスではなく「一元」。柄、こまっかーい。

 

           

 

但し、こういうものもムカシならピンキリ、織ムラあり、織キズありのもの。

わかりますか、ちょっと織がズレてますでしょ。

 

           

 

全体に柄が細かいので、パッと見ただけではわかりづらいですが、当時もお手軽価格だったのかなと思います。

これを着ていたかた、とっても「ふくよか」で貫禄があるかただったようで、

デブリンの私でもちと大きすぎるくらい、身幅が広いです。なんか得したような・・・違うってば。

そして、きっとお酒好きなかただったのでしょうね。羽裏が女物だというのに「さかずき」柄。

酒豪の女傑…というイメージですねぇ。どんな人だったのかなぁ。

 

           

 

そしてもう1枚は、よくある「染め見本」の襦袢。

 

                  

 

これは解いて半天にしたいと思っています。薄く綿をいれますかね。

まずは解いて洗って…が多いのですが、お願いだから「梅雨あけて」くださいまし。

 

リビングに置きっぱなしてあった、箱入りの古着も少しずつ整理しましてちょっとスッキリしました。

頼まれていた七五三の準備も、いよいよ終盤です。

先週風邪をひいて、治ったのですがまだ咳が出たり、叉ちょっとクシャミしたりしています。

台風の接近で、気温だけは高くなってきました。元気で夏を迎えないと、です。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« まぁ梅雨明けの「つ」の字も... | トップ | お暑ぅございます。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サザエ)
2019-07-24 17:29:55
染め見本の長襦袢、雰囲気がとても素敵ですね^^
後姿も見せてください。。なんてww
半纏に直されるのですね^^

着物の工夫。。
こういうことが出来るって認識が少しでも広がったら、また違った進化を?するんじゃないかと思ったりw
ま、その前に自分で着れるんだという認識が広まってほしいと思うのですがww
現代感覚だけだと、ほんと毛布の振袖とかひらひらのついた着物とか。。って。。
そりゃそれでも良いけれど。。ちょっとね。。
と思ってしまうし(笑)
Unknown (とんぼ)
2019-07-25 12:40:25
サザエ様

お返事遅くなってすみません。

このまま洗っても男物なので、それならいっそ解いて…
と思っています。うしろの画像がなくてすみませーん。

今の方がご存知の着物の知識は、ずいぶん少なくなっていると思います。
着ることを楽しめばそれでいい…もありますが、
深いところを知ると、楽しみも倍増…というところに、気がついていただきたいものと思っています。

コメントを投稿

着物・古布」カテゴリの最新記事