Tomomi's

新松戸に住む

ラブ・ミー・テンダー考 その4

2018-08-12 | 日記・エッセイ・コラム

エド・サリバン・ショーで「ラブ・ミー・テンダー」を歌うエルビス・プレスリー。

  エルビス・プレスリー Love Me Tender ( The Ed Sullivan Show 1956) https://www.youtube.com/watch?v=gjEWKeT5g2E

エルビス・プレスリーが初めて出演した映画『やさしく愛して Love Me Tender』のプロモーションは、じつに巧妙で効果的だった。当初、『リノ兄弟』として撮影がはじまるのだが、しかし、タイトルは『ラブ・ミー・テンダー』と変えられ、主題歌が作られる。その原曲「オーラ・リー」は、南北戦争当時流行して以来100年近く歌いつがれてきた曲だった。

1956年8月24日。主題歌「ラブ・ミー・テンダー」は、20世紀フォックススタジオでレコーディングされた。そして9月9日、人気のテレビショー、エド・サリバン・ショーにエルビスは出演して「ラブ・ミー・テンダー」を歌う。このときの視聴率は、なんと80%を超えたという。放送直後からRCAレコードには注文が殺到して、その数は100万枚超になっていた。9月28日にリリース、10月20日ビルボード・ナンバー1。15週間ナンバー1にとどまり、そして、映画は、11月15日全米で封切りになった。日本では、1957年(昭和32年)2月16日に公開された。

 

コメント

ラブ・ミー・テンダー考 その3

2018-08-11 | 日記・エッセイ・コラム

「ラブ・ミー・テンダー」の作者は、当初、エルビス・プレスリーとベラ・マトソンとされた。

「ラブ・ミー・テンダー」の作者にエルビス・プレスリーといっしょにクレジットされたベラ・マトソン Vera Matson とは、ケン・ダービー Ken Darby の妻の旧姓だ。つまり、真の作詞者は、ケン・ダービーだった。現在は、Music:Gerge R.Puolton  Lyrics:Ken Darby と「オーラ・リー」の作曲者ジョージ・R・プールトンとケン・ダービーの名がクレジットされている。

ケン・ダービーは、映画『やさしく愛して』に「ラブ・ミー・テンダー」を含む4曲を提供しているが、いずれも妻の名、ベラ・マトソンとなっている。

ケン・ダービーとエルビス・プレスリー

コメント

ラブ・ミー・テンダー考 その2

2018-08-10 | 日記・エッセイ・コラム

エルビス・プレスリーが歌った、映画『Love Me Tender やさしく愛して』の主題歌「ラブ・ミー・テンダー」は、1956年10月20日、ビルボード・ナンバー1になる。この「ラブ・ミー・テンダー」の前のナンバー1は、やはりプレスリーの「ハウンド・ドッグ」だった。同一アーティストの曲が続けて2曲1位になったのはビルボード史上初めての快挙だった。

   エルビス・プレスリー Hound Dog https://www.youtube.com/watch?v=lzQ8GDBA8Is

「ハウンド・ドッグ」のオリジナルは、1952年、ジョニー・オーティスの提案でブルースシンガーのビッグ・ママ・ソートンのためにジェリー・レイバーとマイク・ストラーが書いた曲。ベン・E・キング「スタンド・バイ・ミー」、プレスリーの「監獄ロック」など、かずかずのポップス史に残る曲を書いたレイバーとストラーの、19歳の時の作品なのだ。

         ビッグ・ママ・ソートン Hound Dog/Down Home Shakedown https://www.youtube.com/watch?v=wxoGvBQtjpM 

 

レイバー&ストラーとエルビス・プレスリー

コメント

「あの人の愛した昼メシ」の音楽は、パイド・パイパーズ

2018-08-09 | 日記・エッセイ・コラム

NHKの「サラメシ」、今日の『あの人の愛した昼メシ』は、グラフィックデザイナー長友啓典さん(1939ー2017)が愛した納豆そばであった。

故人を偲ぶこのコーナーのバックに流れる曲は、パイド・パイパーズが歌う Dream 。これが、じつに良い。

  パイド・パイパーズ Dream  https://www.youtube.com/watch?v=ZLLEc-Xh068

パイド・パイパーズは、トミー・ドーシー楽団のコーラスセクションから発展したボーカル・グループ。最初は8人だったが、男3人女1人の編成で長く活躍した。この写真の女性は、ジョー・スタッフォード。

     トミー・ドーシー・オーケストラ ft フランク・シナトラ &パイド・パイパーズ I'll Never Smile Again  https://www.youtube.com/watch?v=il7DWoLySW8  

  ジョー・スタッフォード On The London Bridge https://www.youtube.com/watch?v=pU0iOM2-l20

コメント

ラブ・ミー・テンダー考

2018-08-08 | 日記・エッセイ・コラム

    エルビス・プレスリー Love Me Tender https://www.youtube.com/watch?v=093GjYcDg-4

日本テレビの水曜ドラマ『高嶺の花』の主題歌にエルビス・プレスリーが歌う「ラブ・ミー・テンダー」が使われている。べつにドラマに興味はないが、この曲がかかりそうなエンディングのあたりを何度かみた。

エルビス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」の背景には、アメリカ南北戦争がある。戦争でひきおこされた兄弟の悲劇だ。南軍に従軍した兄。兄は戦死する。戦死した兄の許嫁の娘と弟は結婚する。だがしかし、戦死したはずの兄が帰還する。嫁は、まだ兄を愛している。そういう悲劇的状況で、弟が歌う複雑な心境のセンチメンタルなラブソング。なぜ、水曜ドラマ『高嶺の花』の主題歌に、この悲劇的な立場で歌う、エルビス・プレスリーのオリジナルを使うのか、わたしには理解できなかった。

YouTubeに和訳付きの「ラブ・ミー・テンダー」がある。

 エルビス・プレスリー  ラブ・ミー・テンダー  https://www.youtube.com/watch?v=NZod0WkzADs

 

多くのシンガーがレコーディングしているが、わたしは、リンダ・ロンシュタットのカバーも好きだ。

   リンダ・ロンシュタット Love Me Tender https://www.youtube.com/watch?v=AFAy6ufpDug    

   ノラ・ジョーンズ Love Me Tender https://www.youtube.com/watch?v=-gzC29VwE1A

 

エルビス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」には原曲がある。1861年に発表された「オーラ・リー Aura Lee」が、そのオリジナルだ。作詞がウィリアム・ホイトマン・フォスデイック、作曲はジョージ・R・プールトン。アメリカ南北戦争(1861-1865)当時流行して、その後も大学のグリークラブなどで歌い継がれ、現在も愛唱されている曲だ。

  ミッチ・ミラー合唱団 Aura Lee https://www.youtube.com/watch?v=6GNFrKbzUwM

つまり1956年9月、エド・サリバン・ショーでエルビス・プレスリーが「ラブ・ミー・テンダー」をはじめて歌ったとき、このメロディは、多くのアメリカ人にとって南北戦争当時から歌い継がれ耳になじんだ曲だったのだ。

 

 

コメント

小坂忠コンサートにでかける

2018-07-30 | 日記・エッセイ・コラム

昨日は、近所の新松戸リバイバルチャーチで開催された「小坂忠コンサート」にでかけて、小坂忠さんと初めてお会いした。

1968年にレコード屋になったわたしにとって、小坂忠さんといえば、1969年に発売になった「エイプリルフール」の印象が強烈で、いわば日本のロック黎明期を創造した尊敬する先駆的ミュージシャンの一人だ。「エイプリルフール」は、「はっぴいえんど」などへ発展していくが、小坂忠さんは、ロックオペラ「ヘアー」に参加するなど、デビュー以来50年以上さまざまな音楽活動をつづけている(そのあたりのことは、ウィキペディアに詳しいので‥‥https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%9D%82%E5%BF%A0

「エイプリルフール」から50年、まさか新松戸で小坂忠さんご本人にお会いできるとは思わなかった。

   エイプリルフール Pledging My Time https://www.youtube.com/watch?v=pReA3ayebXQ&list=PLEFC844E01F7804E2&index=6

 Pledging My Time は、ボブ・ディランの曲。エイプリルフールの Pledging My Time でハーモニカを吹いているのは小坂忠さんだと昨日ご本人からきいた。

      小坂忠 オフィシャルサイト https://www.chu-kosaka.com/ 

コメント

2018-07-26 | 日記・エッセイ・コラム

東京都内では今年、蝉が静かだという。猛烈な暑さのせいだろうか?  しかし、都内よりさらに暑いこの界隈で、昼間、蝉がやたらうるさい。夕暮れ、散歩道の街路樹に張り付いた蝉をよく見かける。

コメント

椋鳥

2018-06-29 | 日記・エッセイ・コラム

saiさんのコメントにあるように、夕方になると"けやき通り"に椋鳥(ムクドリ)が集まってきて喧しい。

流通経済大学からダイエーまでのけやき並木が、妙にきっぱりクリーンカットされて不思議な印象だったが、椋鳥対策で剪定されたと今日張り紙で知った。

10数年前に住んでいた東京メトロ東西線の行徳駅前も、椋鳥の大集団のやかましい鳴き声と、歩道を汚す多量の糞で、凄まじいことになっていたが、今はどうなったか? 

 

コメント (2)

雨の日、有楽町で

2018-06-24 | 日記・エッセイ・コラム

ずいぶん久しぶりに有楽町へ出た。

 雨。有楽町交番前のスクランブル交差点、土曜の午後だが人は少ない。

有楽町にやって来るのは、ずいぶん久しぶりのこと。

いま住む新松戸から乗り換え無し、地下鉄千代田線日比谷駅で降りると有楽町は歩いてすぐだ。

雨の有楽町で「ビューティフル・デイ」を観た。陰気な殺し屋が主役の、じつに重く暗いヴァイオレンス映画だ。冷たい雨の降る日に、一人で観る映画じゃない

コメント

クリーニング屋の隣が、クリーニング屋

2018-06-20 | 日記・エッセイ・コラム

クリーニング店が、二軒並んで商売できる。わたしには驚きの光景だ。

公園の前ではパン屋さんの車が店を開いてる。

コメント (1)

何故か、象

2018-06-17 | 日記・エッセイ・コラム

近所のヘアサロンの前に象のオブジェ。

コメント

学園祭

2018-06-16 | 日記・エッセイ・コラム

近所の流通経済大学は、学園祭だ。

コメント

エルビス・プレスリーのドラマー、D・J・フォンタナ死去

2018-06-15 | 日記・エッセイ・コラム

エルビス・プレスリーのドラマーを長い間つとめたD・J・フォンタナが亡くなった。87歳だった。(もしエルビス・プレスリー存命なら83歳)

D・J・フォンタナは、コンサートツアーやテレビショーなどライブだけでなく、エルビスがRCAレコードで録音した430曲以上の曲で演奏している。

 7月11日(水)スタートの日本テレビ、石原さとみ主演のドラマ「高嶺の花」の主題歌が、エルビス・プレスリーの名曲『ラブ・ミー・テンダー』(1956年)に決まったという。

 

コメント

何という花か?

2018-06-15 | 日記・エッセイ・コラム

寒い雨の日なので、一日部屋で本を読んだり居眠りしたりウダウダして、夕暮れに食材を買いにダイエーに出かけた。

近所の庭に咲く、小さいほおずきのような形の深紅の花は、何という名前なのか? 暗い雨の夕暮れ、鮮烈な赤色だ。

 

 

コメント (1)

町内の店

2018-06-14 | 日記・エッセイ・コラム

いよいよサッカー・ワールドカップ・ロシア大会、今夜から楽しい一月がはじまる。

 

近所のお店。

 

 

コメント