adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

le petitmec HIBIYA(ルプチメックヒビヤ)/京都発の人気ベーカリーが日比谷シャンテに、カフェスペースもあり!!!

2018年05月13日 | ├ パン/神奈川・東京
東京・有楽町駅エリアにあるベーカリー&カフェ。


JR有楽町駅 日比谷口・東京メトロ銀座駅C1出口より徒歩5分、東京メトロ日比谷駅より徒歩2分。複合商業施設「日比谷シャンテ」の1階にあります。お店は新・ゴジラ像のすぐ近く、有楽町駅側の通りに面したところあり、カフェスペースもありました。


コチラのお店は京都発の人気店。今年2018年3月に新宿マルイから移転、日比谷シャンテにリニューアルオープンしました!!! 売り場は対面販売で、新宿マルイのときとは異なります。ショーケース内をのぞいてみるとバゲットやクロワッサンといった定番をはじめ、サンドイッチやデニッシュの種類も充実していて、選ぶ楽しみがあります。





この日、私はテイクアウトで利用。3種類のパンを買って帰りました。


渋皮つき栗と柚子のパン/380円(税抜)

カードの説明によりますとライ麦10%入りの生地に柚子のピールを混ぜ、渋皮つきの栗を包んで焼き上げたそう。やわらかすぎず、かたすぎずのもっちりとした生地と、ほっくりとした栗がベストマッチ。口に入れた瞬間に広がる柚子のさわやかさがアクセントになって、飽きのこない風味。

カレーパン/280円(税抜)

カレーパンは日頃ベーカリーでよく購入しますが、コチラのはベニエの生地に切れ目を入れ、カレーを挟み込んでありました。ほんのり甘みのある生地に、まったり&コクのあるカレー。カレーの辛さは辛口に近い中辛レベルでしょうか。小さなパンでしたが奥行きのある味わいで、物足りなさを感じることはなかったです。揚げてあるのに、油っこさを感じさせない点も魅力的でした。

それから、もうひとつ。
ルバーブのデニッシュ/290円(税抜)

デニッシュ生地にチョコレートクリームを塗り、その上にフィリングをのせてありました。気になるピンク(赤色)のフィリングですが、マリネしたルバーブとイチゴにフランボワーズのジャムを加えてあるそうです。いただいてみると深みのあるチョコレートクリームと酸味のあるフィリングは相性抜群、余分な甘さがないのも嬉しい限り。ただ、デニッシュ生地がしんなりとして、バターなどの風味が弱めなのが気になりました。

カフェスペースは待ち合わせや時間調整にも使えそうです。ローストビーフのサンドなど気になるサンドイッチが多々ありましたので、次回はカフェスペースでいただこうと思っています。





le petitmec HIBIYA(ルプチメックヒビヤ)
東京都千代田区有楽町1-2-2
日比谷シャンテ 1階
03-6811-2203

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
ジャンル:
パン
この記事についてブログを書く
« カフェ・ド・クリエ イトーヨ... | トップ | 仙台屋 藤崎店/川崎大師駅よ... »

├ パン/神奈川・東京」カテゴリの最新記事