adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店より、レトロな喫茶店や一軒家カフェが好物。
御朱印めぐりもしており、更新中!!!

ショコラの祭典「アムール・デュ・ショコラ」/横浜タカシマヤに118ブランドが勢ぞろい?! 高島屋限定もあり

2016年02月05日 | ├ イベント・セミナー 他
世界から選りすぐりの味わいが集うショコラの祭典、アムール・デュ・ショコラ。
今年も、年に一度のショコラの祭典がやってきました!国内外から一流パティシエや人気 ショコラティエ、ここでしか出会えない限定ショコラなどが登場しています。地下1階の店舗も加えると、全118ブランドが勢ぞろいなんだそう。さらには、今年は美内すずえ先生の名作「ガラスの仮面」と初コラボ!ということでお楽しみが盛りだくさんとのこと。今回、横浜高島屋様からご招待いただき取材させていただきました。

8階特設会場へ。開店直後とは思えない盛り上がり!!! ふと並べられたショコラを見てみると、どれも気になるものばかりです。個人的に気になったものを中心にいくつかご紹介させていただきます。


■デュ・ロンヌ

日本初上陸!スイス・ジュネーブで最古といわれる1875年創業の老舗店です。ココナッツやカカオニブを使ったプラリネとガナッシュの2層をホワイトチョコレートをコーティングした「ビークッシュ・ホワイト(4個入り/2,484円)」は、ショコラティエ、ジョン・パスカル・セリニャ氏がタカシマヤのためだけに考案したというスペシャリテなんだそう。また、「デュ・ロンヌセレクション(9個入り/4,428円)」は、国際的なコンクールで賞に輝いた3種を含む、9種類が楽しめる詰め合わせなんだとか。

■フィリップ・パスクエ



百貨店初登場!のショコラが到着。2003年にジュネーブで創業して以来、数々の賞に輝くフィリップ・パスクエ氏。伝統的なスイスのチョコレートに、フランスのエッセンスを加えた新感覚のショコラなんだそう。バナナ、タンジェリン、チェリー、カカオニブとチョコレートを合わせた4種はタカシマヤのためだけに考案されたスペシャリテなんだそう。

■レクレール・ドゥ・ジェニ

2012年、パリの流行を先取る人気エリア、マレ地区に開いたエクレア専門店です。フランボワーズ、パッションフルーツ、、ピーカンナッツ、ココナッツなど多彩な素材を使用し、ひと粒ごとに新鮮な印象に仕上げた「6・ドゥ・クール 002(6個入り/1,620円)や、3種類のハート形のショコラも注目です。

■ドゥバイヨル



ベルギー・ブリュッセルにアトリエを構える高級パティスリー。今年のバレンタインテーマは「カゼルタ・魅惑の庭園迷路」とのことで、18世紀にナポリ王国によって建てられたカゼルタ宮殿にインスパイアされたコレクションなんだとか。ショコラが美しく配置され、甘く芳醇な香りを漂わせながら、不思議な世界へといざなってくれるのだとか。プラリネ4種と、吟味を重ねたナッツ、柔らかなドライフルーツや柑橘のピールを使用したフリアンディスの詰め合わせ「レラルディック(3,780円)」も個人的に気になるところです。

■ピエール マルコリーニ



マルコリーニのバレンタインを象徴するチョコレートと言えば赤いハートの形をした「クール フランボワーズ」。フランボワーズの甘酸っぱさとカカオのアロマが共鳴する赤く美しいひと粒です。この時期に合わせて登場となったハート型の新作も加えて、色鮮やかに詰め合わせてありました。ハートがたくさん集まると華やかですね。

■パティスリー・サダハル・アオキ・パリ



サダハルアオキの定番人気ショコラ「ボンボンショコラ」も気になるところですが、茶をテーマにした「スペシャル テ(3,240円)」も気になるところ。愛知県南山園の抹茶をはじめ、福岡県産の八女茶や、ほうじ茶に自家製プラリネを重ねてあるそうです。

■パスカル カフェ

日本限定を含む、色鮮やかなプラリネとガナッシュを詰め合わせたアソート「アソーテッドボニュール(2,592円)」がおすすめなのだそう。てんとう虫のショコラがかわいいです!

■ゴンチャロフ アンティキテ



可愛い子猫たちのブランド、アンティキテ。今年は砂糖菓子など、パリのコンフィズリーの世界をテーマにしているそうですよ。空前の猫ブーム、猫チョコにも注目が集まりそうな感じも。

■100%チョコレートカフェ



6つのカテゴリーで愉しむ56種類ものショコラ。それぞれのパッケージに異なるナンバーがデザインされています。この季節、注目なのはシュワっと弾ける爽やかなシャンパンと、ラズベリーやストロベリーの贅沢な味わいが楽しめる「214スペシャル」でしょうか。また、横浜高島屋限定!日本では希少な貴腐ワインを練り込んだ「貴腐ワインチョコレート(4枚入り/1,080円)」も注目です!

■カカオ サンパカ

1999年、バルセロナで創業したスペイン王室御用達のショコラトリー。店内の味わいを生かしたショコラを得意とするブランドなのだそう。並べらえたショコラでひと際目を惹くのが、ハイヒール型のショコラ「アマソナ(1個 12,960円)」です。黄金色に輝くアマゾン川をイメージしたそうで、金箔を手貼りしたリアルサイズのハイヒールから強いオーラを感じました(笑)。ハンドメイド品ということで、コチラは数量限定商品なんだとか。ちなみに、パール加工したビジューも食べることができるそうですよ。

それから、広告などで大きく取り上げられていたショコラがコチラです!
■ラ・プティ・マルキーズ

フランス西部・ロワール地方の街、アンジェの老舗ショコラトリー。幸福の青いチョコレートでおなじみ!看板商品である「ケルノン・ダルドワーズ」は早くもSNSで話題となっているようです。ブルーチョコレートの中にはアーモンドとヘーゼルナッツ入りヌガティンが隠れていました。

■オ・プティ・グルモン

1987年、モンブランの街・シャモニーで創業。モンブランの標高にちなんで名付けたショコラ「4810 モンブラン」は、モチーフのデザインを彫刻家に依頼するなど、こだわり抜いたスペシャリテなんだそう。高島屋限定とのことで、コチラのショコラも注目すべき一品です。

特設会場では試食ができる店舗も多くあるので、目的に合わせたショコラを見つけることができるのではないかと思います。何より、これだけの実力派ブランドが集まる機会はなかなかないので、何度も足を運びたくなりますね。また、今年の2月14日は日曜日ということで、月曜日に贈られる方もいらっしゃるのではと横浜店での「アムール・デュ・ショコラ」の開催は2月15日(月)までにされたそうです。そんな細やかな配慮も嬉しいですね。




関連記事
■AUDREY(オードリー)/横浜タカシマヤにある苺とチョコレートの専門店☆1階に特設ショップが登場!http://blog.goo.ne.jp/tom050417/e/ce7236f4946dab633e5d9123b55f0a6b

■ショコラの祭典「アムール・デュ・ショコラ」/横浜タカシマヤにて開催☆今年は「ガラスの仮面」と初コラボhttp://blog.goo.ne.jp/tom050417/e/4d85115c3c47a8b72012152c2b436c59

横浜タカシマヤ
神奈川県横浜市西区南幸1-6-31
045-311-5111(代表)

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

この記事についてブログを書く
« AUDREY(オードリー)/横浜タ... | トップ | 三代目魚河岸 青木鮮魚店 鶴... »

├ イベント・セミナー 他」カテゴリの最新記事