adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店より、レトロな喫茶店や一軒家カフェが好物。
御朱印めぐりもしており、更新中!!!

【横浜】真言宗 西方寺/秋の訪れを告げる曼珠沙華(彼岸花)の名所、期間限定の御朱印をいただきました!!!

2019年10月02日 | ├ 神社仏閣/神奈川県
神奈川県横浜市港北区にある真言宗の寺院。
横浜市営地下鉄ブルーライン 新羽駅より徒歩5分。緑産業道路(140号線)沿いにある、大型園芸店 ヨネヤマプランテイションの裏手にあります。ちなみに、専用駐車場(50台)もありました。



山号は補陀洛山(ふだらくざん)、補陀洛山はサンスクリット語のポータラカが語源で観音信仰の霊地という意味とのこと。今からおよそ800年前に鎌倉に創建され、その後この地に移されることになりました。本尊の「阿弥陀如来坐像」は平安時代後期の作といわれており、かつては金色に輝いていたという伝説が残っています。また、横浜七福神のひとつ「恵比寿大神」が祀られています。


冬は蝋梅・椿、春は桜・クリスマスローズ、夏は紫陽花・アヤメ、そして 秋には曼珠沙華(彼岸花)・萩など。西方寺は四季折々の花が咲く、花のお寺とも言われています。先日、見頃のピークは過ぎてしまいましたが、秋の訪れを告げる曼珠沙華(彼岸花)を楽しんできました。一番の見どころは100mほど続く参道ではないかと思います。参道両脇の赤・白・黄の曼珠沙華は境内へ導くように咲き誇っていて圧巻です。写真撮影を楽しまれている方も多くいらっしゃいました。










本堂の前にはピンク色の曼珠沙華も咲いていました。




さらには、萩も見頃を迎えていました。









山門

横浜市指定文化財。四脚門で、江戸末期に建てられたものです。

手水舎



さりげなく、曼珠沙華が浮かべてありました。

本堂



横浜市指定文化財。平成の大修理によって屋根が茅葺きになり、江戸時代の創建当初の姿に復元されました。

鐘楼堂

横浜市指定文化財。茅葺屋根の鐘楼堂は趣があります。

観音堂





西方寺が移転してくる前からこの地を守って下さっている十一面観音様をお祀りしているお堂です。十一面観音様は「子宝安産」「治水」のご利益を授けてくださるといわれています。

太子堂


稲荷社



御朱印は本堂を正面に左方向へ進んだところにある寺務所でいただけます。インターホンのチャイムを鳴らし、御朱印のことをお聞きしたところ、この日は通常御朱印と期間限定御朱印(直書き・書き置き)を対応できますとのこと。期間限定御朱印2体(直書き)をいただきました。曼珠沙華が目を惹く、素敵な御朱印でした!!!




また、こちらでは写経会・御詠歌教室・阿字観瞑想会なども開催しているようです。初めての方もお気軽に!とのことで、私も問い合わせてみようかなと思っています。


茅葺屋根の本堂や木々や花々に囲まれた境内は、横浜とは思えない雰囲気。こちらではひと味違った横浜と出会えそうです。


西方寺
神奈川県横浜市港北区新羽町2586番地
045-531-2370

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事についてブログを書く
« カヤバ珈琲/東京・谷中にある... | トップ | 京甘味 文の助茶屋 新横浜店/... »

├ 神社仏閣/神奈川県」カテゴリの最新記事