adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

日本料理 旬菜 しながわ/川崎駅東口より徒歩7分★気軽に立ち寄れる日本料理店でランチ、ランチタイムは穴場かも???

2018年09月27日 | ├ 川崎駅周辺
川崎駅東口エリアにある日本料理店。

JR川崎駅東口より徒歩7分、京急本線 八丁畷駅中央口より徒歩7分。東口側に出て、川崎モアーズの横(スターバックスとミスタードーナツの間)を進んでいきます。 砂子通りを右折、1つ目の角を左折して、道なりに沿って歩いていくと左側にお店があります。

12時30分頃入店、ランチで利用しました。白い暖簾をくぐって、店内へ。店内は喧騒を感じさせない、落ちついた雰囲気が漂って、居酒屋感覚でゆっくり食事を楽しめそう。座席はテーブル席の他、お座敷席(扉のある完全個室)もありました。






ランチメニュー(※11:30~14:00)を見てみると、日替わり御膳(850円)、海鮮丼(1,200円)、天丼(1,200円)、国産うなぎ定食(1,200円)、冷やし麺(1,000円)の5種類がありました。


どのお料理も気になるところですが、この日はコチラを注文してみました。
日替わり御膳/850円(税込)


メイン料理にミニサラダ、小鉢、香の物2種、味噌汁、デザートが付いた、20食限定のセットメニューです。注文して5~6分経ったところですべてのお料理が運ばれてきました。この日のメイン料理は「白身魚の海鮮丼」とのこと。酢飯(少量)の上には白身魚、玉子焼き、イクラ、漬物が盛りつけられていました。白身魚はシマアジ、カンパチ、カレイだったでしょうか。キメ細やかなシマアジは脂がのっていますが、くどくなくてあっさり。身が締まったカレイは、口に入れた瞬間ほのかな甘味が感じられます。歯ごたえのある食感も印象的でした。弾力のあるカンパチは、噛むほどに濃厚な旨みが広がりました。


カウンターを見てみるとメイン料理とお味噌汁以外のお料理は事前に(注文前に)用意されていて、長角盆がずらりと並んでいました。そのため、小鉢(揚げシュウマイ)は冷めた状態で提供。ミニサラダは水切りが甘く、器の底に水が溜まっていたのが気になりました。それから、この日のデザートはオレンジでした。


日替わり御膳はその時々で印象が異なると思います。次回は定番の海鮮丼を注文しようかと。ランチタイムに関しては穴場のようで、のんびり食事を楽しめました。


日本料理 旬菜 しながわ
神奈川県川崎市川崎区東田町4-21
石坂ビル 1階
044-245-5607

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« スターバックス・コーヒー 世... | トップ | 自家焙煎 ブリーズ珈琲/京急... »

├ 川崎駅周辺」カテゴリの最新記事