adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店より、レトロな喫茶店や一軒家カフェが好物。
御朱印めぐりもしており、更新中!!!

【横浜】曹洞宗大本山總持寺/鶴見の巨大パワースポットへ★人気の御朱印帳2種類と御朱印4体をいただきました!!!

2019年02月11日 | ├ 神社仏閣/神奈川県
【随時更新中】

神奈川県横浜市鶴見区にある曹洞宗大本山の寺院。



1911年に石川県鳳至郡門前町から現在地に移転しました。石原裕次郎さんのお墓があることや、2月3日に開催される「節分会追儺式」も有名でご存知の方も多くいらっしゃると思います。また、「達磨御朱印」は関東はもとより全国的に有名ですよね。残念ながら、現在はもう達磨御朱印をいただくことはできませんが、総持寺の御朱印帳は御朱印好きの方々からも注目されています。また、8万坪の寺域には仏殿(大雄宝殿)をはじめ多くの国登録文化財を有し、開放された境内は憩いの場となっています。


三門

総門をくぐり、七堂伽藍の最初に出会うのが「三門」です。鉄筋コンクリート造りでは、日本一の大きさを誇っているとのこと。

三松関

「三樹松関(さんじゅしょうかん)」と書かれた扁額が目を惹く、總持寺の総門です。禅宗寺院の第一門としては珍しく、特異な高麗門の様式で建てられています。

三松閣



山門の右側にある大きな切妻造り鉄筋コンクリートの堂宇、能登・祖院にあった三本の龍形の松にちなんで「三松閣」と呼ばれているそうです。1階には禅カフェがあります。ひっそりとしていて、おひとりさまにも最適かと。

香積台





靴を脱いで上がると右側に総受付、左側に売店・休憩所があります。さらには、おさすり大黒と、その奥には木彫りで日本一大きいといわれる高さ約180cmの大黒尊天が祀られていました。

百間廊下

東西の殿堂群をつなぎ合わせて、外苑と内苑とを分ける廊下「百間廊下」。その長さは164メートルあるそう。

仏殿

七堂伽藍の中心部に配置されている殿堂で、「大雄宝殿(だいゆうほうでん)」とも呼ばれています。總持寺では、中央の須弥壇上に禅宗の本尊である釈迦牟尼如来(坐像、木彫)を祀っています。

大祖堂



大祖堂は一般的にいわれる開山堂と法堂を兼ねた本堂客殿です。この殿堂の内陣の奥には「伝灯院」として、高祖大師・太祖大師・二祖国師・五院開基の尊像及び独住禅師を祀られています。

大梵鐘

大正2(1913)年に、16,000人ほどの願いや祈りを淨財にして鋳造され、関東一の大きさを誇るそう。大晦日には一般参詣者も大梵鐘を撞くことができます。

穴熊稲荷

大梵鐘の隣にあり、穴熊稲荷大明神が祀られています。

三寶殿









總持寺の守護神は荒神様(三寶大荒神)です。三寶大荒神は、仏・法・僧の三宝を守護されます。身体健全、心願成就、交通安全、合格祈願などの祈祷を行っています。


御朱印は「香積台(総受付)」のほか、「三寶殿」でもいただけます。香積台(総受付)は廊下の右側にあり、引き戸を開けて声をかけます。番号札を受け取って、売店内にある休憩所へ。あとで御朱印帳を届けてくださいます。三寶殿は御祈祷受処でその旨お伝えすると対応してくださいます。




また、売店では御朱印帳(4種類)や御朱印帳袋、お守り、お線香、蝋燭、お菓子など品数多く扱われています。この日、以前から気になっていた御朱印帳2種類をいただいてかえりました。

・総持寺の大祖堂が全面に大きく描かれた紺色の御朱印帳(1,000円)

サイズ:16cm×11cm

・龍が描かれた襖を表紙にしたカバー付の御朱印帳(1,200円)

サイズ:18cm×12cm


1月下旬から臨時の福豆販売所が設置されていて、列ができていました。私も列に加わり、福豆を!!!




余談になりますが、向唐門(むかいからもん)は現在工事中です(※更新日:2019/05/31)


境内はとても広く、休憩所や禅カフェなどもありますので、時間をかけてのんびり散策を楽しむことができますよ。ちなみに、「禅カフェ 茶房おかげや」の詳細に関しましてはコチラをご覧ください。




曹洞宗大本山總持寺
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-1
045-581-6021

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事についてブログを書く
« Hale ALIKO(ハレアリコ)/横... | トップ | 力餅家(ちからもちや)/鎌倉... »

├ 神社仏閣/神奈川県」カテゴリの最新記事