adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店より、レトロな喫茶店や一軒家カフェが好物。
御朱印めぐりもしており、更新中!!!

こだわりもん一家 東陽町店/東陽町から徒歩2分★随所にこだわりを感じる和食居酒屋で、まったりと!!!

2016年11月22日 | ■レストラン・飲食店@東京
東京・東陽町駅エリアにある和食居酒屋。

東西線 東陽町駅 1番出口から四ツ目通りを2分ほど歩くと右側に。すぐ近くには江東区役所もありました。

お客さんに第二の我が家に居るようにホっとくつろいでいただこうと名付けた、こだわりもん一家。うまいもんという基準にこだわり、北は北海道、南は九州・沖縄と全国から食材を取り寄せているのだそう。また年8回、季節ごとにオリジナルメニューを考案されているそうで、季節にちなんだ彩りも愉しめるようです。この日、食べ歩き仲間と一緒にコチラへ。ビルの3階にあり、エレベーターで3階へと進みます。エレベーターは店内の端にあり、扉が開くとその先には丸いテーブル席がいくつか。ふかふかの座布団が並べてあって、くつろげそうな雰囲気。窓側の座席で眺めもよさそうですね。


その他にテーブル席や個室席も。さらには中央部分にオープンキッチンに面したカウンター席も。キッチンには殻付き帆立、寒鰤、真鯛、真牡蠣、島豆腐、インカのめざめ、丸十(さつまいも)、下仁田ねぎなど、鮮度抜群の魚介や野菜が所狭しと並びます。奥には陽気な板前さんも・・・。



全国各地のおいしいお料理をいただくのが楽しみです!!!
キングオブレモンサワー/500円(税抜)

自家製漬け込みレモンサワーで乾杯です。ホワイトリカーにレモンを漬け込み、約10日以上寝かせて熟成させたこだわりのサワーなのだそう。いただいてみると、爽やかな酸味の後に深みのある旨みが追いかけてきます。通常のレモンサワーとはひと味違ったおいしさでした。メニュー名(王様のレモンサワー)の意味が何気にわかったような?!

そんなドリンクとともに、お通し(300円)が運ばれてきました。愛媛県産丸大豆・フクユタカを使用した「お店仕込みの竹豆腐」とのこと。すべてのお客さんに味わっていただきたいという想いから、コチラをお通しを選ばれたそう。はじめのひとくちはそのままお召し上がりください!と。かための食感で、大豆の味がしっかり。コクの中に甘みも秘めた奥行きを感じます。お醤油と合わせても、これまた・・・。


お造里五種盛り合わせ/1,980円(税抜)


全国の市場、漁港より直接仕入れた生産魚介類の盛り合わせ。この日は天然寒鰤(北海道)、黒そい(北海道)、水たこ(青森)、かんぱち(鹿児島)、黄はた(長崎)をガラスの器に盛り合わせてありました。これらは、自家製刺身醤油と合わせてみてくださいとのこと。塩気の少ないまろやかな味で素材のおいしさを引き立てているかのよう。


この日、おすすめのかんぱちは脂がのって、旨みたっぷり。歯ごたえの良さも印象的でした。黄はたは淡白な風味と思いきや、思っていたよりも旨みがありました。


生雲丹と和牛のロースト/1個 500円(税抜)

レンゲに乗せた和牛ローストに、生雲丹をたっぷり!!! 口の中でおいしさがひとつに。最強コンビの相性は言うまでもなくバツグンでした。コチラはおひとり1個のみ注文することができます。

筋子の燻製/480円(税抜)

筋子を桜チップで燻ってあり、燻製感がクセになります。塩かどのないまろやかなおいしさで、手がとまりません。添えてある大根おろし合わせて、味の変化も楽しめました。

しあわせ果実 七福神 みかん/530円(税抜)

1瓶(1800ml)に、何と!和歌山県産の温州みかんを約26個使われているのだそう。私はロックでいただきましたが、口に含んだ瞬間に弾けるつぶつぶ感が印象的。完熟みかんならではの深みのある味わいはゆっくりいただくなるおいしさでした。

北海道「インカのめざめ」のポテトフライ/530円(税抜)

バターを絡めていただきます。インカのめざめならではの甘さにバターのコクが合わさって、濃厚な味わいに。添えてあるマヨネーズや しょうゆ豆も合わせることで新たなおいしさを楽しめました。

豚ロースとキャベツの塩蒸し/580円(税抜)


「蒸す」というシンプルな調理法だからこそ引き出せる、素材本来おいしさ。ジューシーな豚ロースと、ほど良く食感を残したキャベツは甘さもありました。コチラのメニュー用に用意されていた万能うまだれ「生姜味禅」ともよく合いました。


博多 かねふく明太子しらす飯/580円(税抜)

酢醤油をかけていただきます。明太子の辛さとしらすの塩味がアクセントとなって、ヤミツキに。ひとりでいただくのにちょうど良い量で、即完食となりました!!!

焼き栗モンブラン/480円(税抜)

この季節、イチオシのデザートメニューとのこと。モンブラン風に仕立てたプリンはなめらかな舌触りが魅力的。焼き栗の存在の大きさも感じました。

こだわっているのは食材だけではなく、それぞれのメニューに合わせた調味料選び、器や盛りつけ方・・・と多岐にわたっていました。でも、一番のこだわりはシーンを問わず利用できるさまざまなタイプの座席と、居心地の良さを感じる空間づくりかもしれませんね。これからの季節、忘年会やクリスマス会、家族・親戚の集まりの場としても良さそうですね。


こだわりもん一家 東陽町店
東京都江東区東陽4-10-8
杉船ビル東陽町 3階
03-6666-8985

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

コメント   この記事についてブログを書く
« ハニーズバー 大塚店/駅ナカ... | トップ | イーストイースト 大塚サテラ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■レストラン・飲食店@東京」カテゴリの最新記事