adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

JA高崎ハム本社 直売所/工場見学後、直売所へ。ぎっしりお肉を詰め込んだ1000円セットはお買い得すぎる!

2015年01月25日 | └ 大人の工場見学
群馬県高崎市に本社を持つ、農業協同組合系食品加工メーカー。
平成18年に、高崎ハム株式会社⇒新生JA高崎ハム株式会社としてスタート。承継した「高崎ハム」ブランドには70余年の歴史があり、製造はより厳しい衛生管理体制のもと、地産地消を目指し群馬県産豚肉を使用した製品づくりにも積極的に取り組んでいるのだそう。また、製造工程などを見れる工場見学も実施しており、群馬県高崎市にある工場へ行ってきました。

関越自動車道 高崎・玉村スマートインターから5分ほどのところにあります。


建物内へと移動し、約45分間の工場見学がはじまりはじまり~。
(※工場を含む、建物内での撮影は禁止のため、画像はありません。)

①食肉、ハム製品などの製造工程を説明したビデオ鑑賞!
②ハムのスライス、包装ラインを見学!
③敷地内にある直売所へ移動!
 以上のような流れとなっていました。

ハムのつくり方についてスタッフさんより説明がありましたが、整形⇒塩せき・熟成⇒充てん⇒加熱(燻煙)⇒冷却・包装といった作業があるなかで、肉の風味と保存性に関わる「塩せき・熟成」と「加熱」には細心の注意を払って作業をしているとのこと。今まで何度か他の工場を見学させていただいたことがありますが、私の印象としては製品としてできあがるまで、人の手が加わらないフルオートメーションの製造ラインを採用されているメーカーが多いように感じました。ところが、今回ラインを見学させていただいて、コチラでは出荷まで人の手が入る工程が多く、逆にこだわりを感じました。フルオートメーションでの製造は大量生産には優れていますが、繊細な技術やつくり手の想いといったものは人の手なしではありえません。手間を惜しまない、丁寧な製造をされていることが伝わってきました。

そして、もうひとつのお楽しみである直売所へ移動します。


並べれた商品を見てみると、ハムやソーセージ、焼豚の他、ハンバーグ、もつ煮込み、肉団子といったレトルト食品、コロッケやアメリカンドッグなどの冷凍食品、JAの商品などなど。はじめて見る商品もかなりあって、見ているだけでも楽しいです。それに、どの商品もお買得価格で販売されているのでワクワク感がさらにアップ(笑)。今回、一番人気のコチラを購入しました。

1000円セット/1,000円(税込)


透明の袋には、これでもかっ!というくらいぎっしりと加工肉が詰まっています。 この1000円セットですが、その時々によって内容が異なるそうでこの日も4種類ほどありました。私が選んだものは、スタッフさんおすすめの焼豚を含んだ7点セットです。持参した保冷バッグ&保冷剤を入れて持ち帰りましたが、ずっしりとした重みがありました。


工場見学は事前予約(電話)が必要ですが、直売所は気軽に立ち寄ることができます(営業時間は9:00~17:00です)。営業日に関しましては公式サイトで確認することができますので、ご確認後お立ち寄りいただければと思います。

JA高崎ハム本社 直売所
群馬県高崎市八幡原町722–5
027–346-8850

JA高崎ハム本社 直売所その他 / 北藤岡駅倉賀野駅新町駅

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 大麦工房ロア 工場直売店/栃... | トップ | お好み焼き&もんじゃ やき仙... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

└ 大人の工場見学」カテゴリの最新記事