adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

楽万コロッケ店/麻布十番駅より徒歩7分★業界人御用達?! 羅臼のこんぶ塩で食べる「和牛たっぷり特上コロッケ」!!!

2018年08月24日 | ├ 六本木・麻布・広尾
東京・麻布十番駅エリアにあるコロッケ専門店。

都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口より徒歩3分、地下鉄南北線 麻布十番駅 4番出口より徒歩7分。メインストリートである麻布十番大通りを六本木方向へとどんどん歩いていきます。居酒屋「たぬ吉」の角を右折、少し歩いた右側にお店があります。

麻布十番大通りを歩いていると、白い立て看板が目に入るのでそちらが右折する目印になるかと。


店内に入り、カウンターを見てみると看板商品である「和牛たっぷり特上コロッケ」をはじめ、「枝豆と鶏つくねの香るコロッケ」「肉巻き楽万メンチ」「さつま芋とかぼちゃのほっこりコロッケ」「ゴロッとアボカドとトマトのチーズクリームコロッケ」「大山鶏のこんぶ塩から揚げ」などが並んでいます。





この日、看板商品を買って帰りました。


和牛たっぷり特上コロッケ/1個 280円(税込)


北海道ニセコの農家から直送されたジャガイモ「キタアカリ」を使用したコロッケ、何やら1番人気の商品で業界人御用達のコロッケでもあるそう。食品添加物や化学調味料などは一切使わずに作られたそうです。温めてからいただいてみると、ジャガイモは完全に潰さずにカタチを残してありホクホクとしています。一方の和牛はミンチではなく、千切りにしたものが使われていました。


そんなコロッケには羅臼の昆布を合わせた「こんぶ塩」が添えられており、ソースではなくこんぶ塩を合わせていただきます。ジャガイモと牛肉のバランスも良く、混じり気のない味つけで素材の風味をストレートに味わうことができました。ソースではなく、こんぶ塩でいただくことでサクサクした衣を楽しめる点も魅力的ですね。


基本的にはテイクアウト専門店のようですが、店内と店舗前に椅子が置いてあり、そちらで揚げたてのコロッケをいただくことも可能ですよ!!!

楽万コロッケ店
東京都港区麻布十番1-5-26
ストーク麻布十番 1階
03-6434-0664

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

麻布野菜菓子/麻布十番駅より徒歩1分★野菜スイーツ専門店でちょっと変わった名物「野菜のかき氷」を食べてみました!!!

2018年08月24日 | ├ 六本木・麻布・広尾
東京・麻布十番駅エリアにある、野菜スイーツ専門店&カフェ。

各線 麻布十番駅より徒歩1分。1番出口を出て、道なりを「二の橋」交差点方向(麻布十番商店街とは逆の方向)へ向かって歩いていくと右側にお店があります。シンプルながらも「和」の雰囲気が漂った外観、山吹色の暖簾が目印になるかと。

暖簾をくぐると、左側には野菜スイーツが並んでいます。野菜餡のどら焼き、野菜チップス、野菜の最中、野菜の羊羹、野菜の水羊羹、野菜のフィナンシェなどなど。


右側にはこじんまりとしたカフェスペース(2人掛けのテーブル×4)がありました。この日、16時台に立ち寄らせていただいたところ、先客はナシ。


カフェ利用であることを告げるとお好きな座席へどうぞ!とのこと。テーブルに置いてあるメニューを見てみると、やはり気になるのは名物の「野菜のかき氷」でしょうか。黒糖生姜のかき氷、かぼちゃのかき氷、ほおずきのかき氷、無花果のかき氷などがあり、どれにしようか悩みます。



迷いに迷って、コチラを注文しました。
ミニトマトのかき氷/1,000円(税込)


ミニトマトをふんだんに使っためずらしいかき氷、ミニトマトのかき氷。ミニトマトとクリームチーズソース、練乳を合わせてあるそうです。さっそくいただいてみると、ミニトマトを使ったコンポートはさっぱり&フルーティー。さらには、糖度の高いトマトを使ったトマトソースにコクのあるクリームチーズソーズとまったり&濃厚な練乳が絡み合って、奥行きのある味わいに。アタマのどこかに不思議な感覚がありつつも、面白さが勝って、どんどん食べ進めてしまう おいしさ。


かき氷はシェイブアイスのようなふわふわタイプではなく、シャープな口あたりでシャキシャキっとした食感。


野菜の新たなおいしさを味わえました。次回は他のかき氷やほおずきのジュースなどをいただきたいです!!!


麻布野菜菓子
東京都港区麻布十番3-1-5
03-5439-6499

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

焼鳥 佐田十郎/東京・麻布十番駅より徒歩4分★熟成鶏を使用した焼鳥をいただけるお店、希少部位の種類も豊富です!!!

2018年08月22日 | ├ 六本木・麻布・広尾
東京・麻布十番駅エリアにある焼鳥店。

都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口より徒歩4分、地下鉄南北線 麻布十番駅 4番出口より徒歩4分。メインストリートである麻布十番大通りから一本入った通り「七面坂」 にひっそりと佇んでいました。

この日、友人と軽く食事をしよう!と麻布十番で合流し、コチラへ。カジュアルな雰囲気ながらも優美さも兼ね備えた店内。座席はキッチンを見渡せるL字型カウンター席を中心に、テーブル席や個室席もありました。




コチラのお店では4℃の熟成庫で10日間を経た、熟成鶏を使用しているそう。余計な水分が抜け、旨みのみが残った熟成鶏は肉質・香りともに今までの焼鳥にはない新たなおいしさを味わえるとのこと。メニューを見てみると、「串コース(2,800円/3,200円)」「おまかせコース(4,500円/5,800円)」などのコース料理もありましたが希少部位の種類も豊富で、今回はアラカルトで。



和ヒート/600円(税抜)


この日は佐田十郎さんの和カクテル「和ヒート」で乾杯です!!! ミントではなく、青紫蘇を使用とのこと。ドリンクをいただいていると、お通し(500円)が運ばれてきました。柚子をほんのり効かせた「大根おろし」、 鶏の凝縮した旨みが広がる「鶏白湯スープ」、「漬物3種」。


トマト味噌で季節の生野菜/600円(税抜)

紅芯大根、パプリカ2種、オクラ、ヤングコーン、茗荷といった季節の生野菜を、「トマト味噌」と「金山寺味噌」と合わせていただきます。トマト味噌はトマトの存在感が控えめで、しっとり&なめらか。金山寺味噌はクセのない、辛口タイプです。味噌と一緒にいただくと、野菜のおいしさと甘みがより引き立ちますね。

佐田十郎つくね 月見ソース添え/380円(税抜)

別添えの月見ソースをかけていただきます。甘辛ダレに、コクのある月見ソースが絡んで奥行きのある味わいに。軟骨のコリコリ感がクセになります。

白レバー/380円(税抜)

もったりとした舌触りの白レバー。塩加減が絶妙で濃厚な脂の旨み・甘味が前面に出ていてフォアグラをいただいているかのよう。

梅干サワー/600円(税抜)

ここで、梅干サワーに。やわらかい薄皮に包まれた梅干しを使われており、マドラーで梅干しを崩すと美しいピンク色のサワーに変身!!!

佐田十郎のTKG 選べる玉子/800円(税抜)


卵は奥久慈卵、名古屋コーチン、雅山麓から選べ、スタッフさんおすすめの奥久慈卵をお願いしました。お醤油をまとった色の濃い黄身がごはんに絡んで、濃厚なおいしさが口の中いっぱいに広がります。粒うに、カラスミと合わせてもこれまた・・・。大人のTKGを堪能できました。


最後にサービスのしじみエスプレッソをいただいて、お店を出ました。


サク飲み・サク飯から宴会まで、さまざまなシーンで使えるお店ではないかと思います。次回は「鴨しゃぶ鍋セット(要予約)」をいただきたいです!!!


焼鳥 佐田十郎
東京都港区麻布十番2-8-16
七面坂ビル 1階
03-6453-7747

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

広尾 七代目松五郎/東京・広尾駅より徒歩3分★すき焼きバルで、夏にぴったりな塩出汁のすき焼き「特選塩すき鍋」を!!!

2018年05月16日 | ├ 六本木・麻布・広尾
東京・広尾駅エリアにある、すき焼きバル。

日比谷線 広尾駅より徒歩3分。3番出口を出て、外苑西通りを西麻布交差点方向に進んでいくと右側にお店があります。お隣のランボルギーニのショールームが目印になるかと。

この日、食べ歩き仲間(※肉好きメンバー 笑)と一緒にコチラへ。建物の地階1階にあり、階段で地下1階へと進みます。開店直後の入店、1番乗りです!!! 白を基調としたカジュアルな雰囲気漂う店内、バルというよりカフェのよう。座席はテーブル席を中心にカウンター席や個室席(8名まで)もありました。







コチラのお店は、渋谷道玄坂の人気店「厨 七代目松五郎」の2号店となるそう。もっと身近により多くの方に日本の伝統料理「すき焼き」を堪能していただこうと、「すき焼きバル」というニュースタイルをとられたのだとか。「すき焼き」だけでなくバルならではのメニューも取り揃え、気軽に食事を楽しむことができるそうですよ。

ライムバブルス/700円(税抜)


松五郎さんオリジナルカクテル「ライムバブルス」で乾杯です!!! スーパークリングワインを使ったオリジナルカクテル「バブルス」は6種類(レモン・トマト・オレンジ・ライム・カシス・ミント)あって、ライムを選んでみました。口あたりも香りもさわやかで、お料理との相性も良かったです。そんなドリンクをいただいていると、お通し「キャベツ(400円)」が運ばれてきました。キャベツは添えてある味噌マヨネーズと合わせて。キャベツはおかわり自由だったのでサラダは省略し、立て続けに肉料理を注文しました(笑)。


黒毛和牛のカルパッチョ/1,600円(税抜)

黒毛和牛の赤身肉を使ったカルパッチョ。生ではなく、かといってローストビーフでもない、しっとり&なめらかな食感の赤身肉。噛むごとに、濃厚な肉の旨みが広がりました。

近江牛 特選ステーキ/3,980円(税抜)


近江牛の霜降り肉をやや厚切りで。この色つやからもおいしさが伝わってきます。いただいてみるときめ細かな肉質で、口あたりはやわらか。霜降り度合いが高く、脂身の独特の粘りと甘みも適度に感じられて、バランスのとれた旨みを楽しめました。


季節のモヒート/800円(税抜)

ここで、ミントたっぷり「季節のモヒート」に。この日は「イチゴ」と「キウイ」がありました。

特選塩すき鍋/1人前 3,980円(税抜)


特選黒毛和牛のリブロースと野菜を特製の塩出汁でさっぱりといただける、夏にぴったりなすき焼きとのことで注文させていただきました。そして、美しく盛り付けられたお鍋が登場!!! サシがたっぷり入ったリブロースは、まるでアートのよう。


コチラのメニューは〆まですべてスタッフさんが調理してくださるそう。最初の一口目は肉の旨みをじっくり味わっていただきたいので塩出汁にくぐらせ、香味野菜・出汁のシャーベットをのせたものをお召し上がりください!とのこと。とろけるような口当たりが印象的。余分な脂はなく、脂っこく感じることがなかったです。出汁のシャーベットの「冷」と、リブロースの「温」。この温度差も面白かったです。


その後は柚子胡椒を加えた卵に絡めていただきましたが、塩出汁と柚子胡椒により一般的なすき焼きよりもさっぱりとした風味。ジューシーな旨みが際立って、肉好きにはたまらないおいしさです。ドーム型のお肉の中にはもやし・長葱・ごぼう・豆腐・春雨・大根が隠れていて、野菜もたっぷりいただくことができました。




塩すき鍋の〆は「冷汁」でした。 ごはんの上に細かく刻んだ茗荷・きゅうり・山芋にトマト、出汁のシャーベット、氷をのせてありました。出汁の風味が豊か!!! ひんやりとしたおいしさが口いっぱいに広がりました。


ライスシューター5種盛合せ/1,080円(税抜)

濃厚TKG、霜降り牛とろ、とびこ、ねぎとろ、アボカドの5種類。ショットグラスにごはんと具が入ってフォトジェニック、サクっと食べれる食べやすさも魅力的でした。

タパス(ALL500円)も充実しています。大根の唐揚げ、オニオンリング、明太チーズオムレツ、山芋の浅漬け、蟹とアボカドのわさび醤油、パドロン(ししとうの素揚げ)、トリュフのクロケット、ガーリックトーストなどなど。カジュアルな店内なので、会社帰りのサク飲みにも使えそうです。個室席もあるので、ご家族と「特選塩すき鍋」を楽しみながらいただくのも良いのでは。



広尾 七代目松五郎
東京都港区南麻布5-2-35
イシマルマンション 地下1階
03-6450-4147

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

韓国焼肉ダイニング 韓食(ハンシク)/六本木横丁にある人気韓国料理店でいただく、チーズタッカルビ!!!

2017年12月14日 | ├ 六本木・麻布・広尾
東京・六本木駅エリアにある韓国料理店。

各線 六本木駅3番出口より徒歩3分。「六本木」交差点を東京タワー方向に向かって歩いていくと右側に建つ六本木ロアビル 1階にお店があります。道路はさんで向かいにはドン・キホーテがありました。

六本木ロアビルの1階(全フロア)には居酒屋、韓国料理店、焼鳥屋、溶岩焼き専門店などが集結した「六本木横丁」があります。六本木を感じさせない昭和レトロな雰囲気・・・。


この日、友人と一緒にコチラへ。店舗内に関しても、気軽に飲食を楽しめるざっくばらんな雰囲気が漂っていました。座席はテーブル席のみですが、店舗前の通路にも座席がいくつかありました。




コチラのお店はテレビ番組やメディアに多数取りあげられているのでご存知の方も多いと思いますが、韓国料理店で十数年修業した韓国人シェフが作る本場のお料理を楽しめるそうです。横丁内の店舗であれば他のお店でも、出前というカタチでコチラのお店のメニューも注文できるそう(※別途、出前料金10%が必要となります)。



ゆずサワー/630円(税抜)


この日はさわやかな「ゆずサワー」で乾杯です!!! しっかりとした果実味があり、口の中で広がる酸味が心地いいです。ドリンクをいただいていると、お通しが運ばれてきました。この日のお通しは、韓国料理の定番!もやしのナムル。シャキシャキっとした食感が印象的です。余談になりますがチャージ代(420円)、それから22時以降は深夜料金10%が必要となるそうです。


チョレギサラダ/630円(税抜)

サニーレタスを中心としたシンプルなチョレギサラダ。胡麻油ではなく、酸味のあるドレッシングがアクセントに。

特選ネギタン塩/690円(税抜)

歯切れのよいタンに、ダイス状にカットしたネギ塩だれをのせていただきます。塩味が濃く、パンチがあります。

津軽りんご酒/580円(税抜)

ほんのり甘みが広がる「津軽りんご酒」をロックで。

チーズタッカルビ/1,580円(税抜)


韓国で大ブームを巻き起こした、チーズタッカルビ。韓国のみならず、今日本でも大人気ですよね。チーズタッカルビというと新大久保のイメージが強いのですが、ここ六本木でもいただくことができました。2人前から注文することができ、2人前を注文。大きなチーズタッカルビ鉄板鍋が運ばれてきました。チーズタッカルビ、チーズトッポギ、ケランチム(韓国風茶碗蒸し)、コーンバター、キムチバター。鍋が小分けになっているので、食べる前から具材同士が混ざることはありません。コーンバター、キムチバターはおつまみ感覚でいただくことも可能です。


スタッフさんが細かな温度調整をして、焼き加減を調整してくださいます。


鶏肉、もやし、キャベツ、ニラ、人参など旨辛の具材にトロっと溶けたチーズをかけていただきます。


チーズに包まれた鶏肉は旨みたっぷりでクセになる味わいです。見ための印象ではすごく辛そうに見えるのですが、甘みのあるチーズでまろやかな味わいに。スタッフさんによりますと、何やら蜂蜜の甘みなんだとか。数種類のチーズを混ぜ合わせた、フレンチでも使われているチーズはかたまりにくいのが特長とのこと。とろ~りとのびて、舌触りがなめらかでした。


六本木横丁には珈琲喫茶やおにぎり専門店などもあって、ひと味違ったハシゴを楽しめそうですね!!!



韓国焼肉ダイニング 韓食(ハンシク)
東京都港区六本木5-5-1
六本木ロアビル 1階(六本木横丁)
03-3478-8013

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ