adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

千世倭樓 そば 美蔵/小田原・鈴廣かまぼこの里でランチ、総漆塗りの土蔵は重厚感があります!!!

2017年10月21日 | ├ 小田原
小田原・風祭駅エリアにある そば処。


箱根登山鉄道 風祭駅より徒歩2分。「鈴廣かまぼこの里」の敷地内にある古民家を使った4つのお食事処・千世倭樓(ちょうわろう)にお店があります。そば 美蔵の他には、旬の割烹 潮の音、会席 大清水、茶房 しゃざがありました。


12時50分頃入店、ランチで利用しました。どの店舗も外から直接店内に入れる入口はなく、建物内に入るとスタッフさんに行きたい店舗を聞かれ、準備ができた店舗から案内してくださいます。美蔵さんは入って左側にありました。もとは貴重品の倉庫として使われていたという総漆塗りの土蔵。入口の重厚感のある扉は目を見張るものがありますが、総漆塗りの店内も独特な雰囲気が漂っています。座席は1階も2階もテーブル席のみのようです。



コチラのお蕎麦の決め手は粉と水とのこと。北海道深川市多度志町産のそば粉を使い、旨みが増すように石臼でゆっくり丁寧に挽かれているそう。水は鈴廣さんがかまぼこづくりに使い続ける名水「箱根百年水」を使われているのだとか。メニューを見てみると「板わさ」や「江戸前玉子焼き」も気になりますが、この後立ち寄ろうと思っているお店がいくつかあるので軽く済ませることに。

冷そば 辛味おろし/1,080円(税込)


注文して7~8分ほど経ったところで運ばれてきました。冷そばには辛さが異なる2種類の大根おろしが添えられていました。更科系の白いそばは弾力のある食感で、喉ごしもイイ感じです。雑味がないので蕎麦の風味をストレートに味わうことができました。大根おろしを蕎麦つゆに合わせてみても、これまた・・・。ピリッとした辛味大根がアクセントとなって、ひと味違ったおいしさを楽しめました。蕎麦の香りもほんのり感じられましたよ。


1階の売店で「小田原エール」を購入して、お店を出ました。独特な雰囲気を感じられるお店なので、箱根旅の立ち寄りスポットに加えてみても良いのでは?!


千世倭樓 そば 美蔵
神奈川県小田原市風祭50
0465-24-3456

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

ういろう 駅前調剤薬局/調剤薬局?和菓子屋?それとも喫茶店・・・?

2014年03月06日 | ├ 小田原
小田原にある調剤薬局、兼和菓子を扱うお店。

各線 小田原駅東口から歩いて2分ほどのところにあります。個性的な外観が目を惹くお店で、店頭でサトウ製薬のサトちゃんがお出迎えしてくれました。

お店の中へと進んでみます。

店内は菓子コーナーと、薬局コーナー、喫茶コーナの3つに分かれており、何とも不思議な光景(笑)。今回、私は出入口近くにある菓子コーナーを利用しました。そもそも「ういろう」というのは外郎家(ういろうけ)の姓のことで、約600年前外郎家二代目が自らつくって客の接待に供したのがお菓子のういろうのはじまりなのだそう。家宝の名薬「透頂香ういろう」が「薬のういろう」と呼ばれるのと同様、室町時代から続く米粉の蒸し菓子は「お菓子のういろう」と呼ばれるようになりました。今回、私は歴史のあるお菓子のういろうを購入してみました。

お菓子のういろう(黒)/600円(税込)


お菓子のういろうは白(白砂糖)・茶(抹茶)・小豆・黒(黒砂糖)の4種類。私はとくに室町文化の風趣が感じられるという店員さんおすすめの「黒」を選んでみました。アルミ包装には十六菊と五七桐の家紋が!


カットしていただいてみると雑味はなく、黒砂糖の風味がダイレクトに広がりました。甘さは控えめなのですが、黒糖ならではのコクがありました。ねっとり&もっちりとした食感なのですが、意外にもあと味はさっぱりとした印象が残りました。


小田原のおみやげに、これはおすすめです!

今度は奥の喫茶店でお抹茶をいただきたいです。

ういろう 駅前調剤薬局
神奈川県小田原市栄町1-2-10
秋山ビル 1階
0465-24-0268

ういろう 駅前調剤薬局和菓子 / 小田原駅緑町駅

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ


えれんな ごっそ/小田原・風祭にあるビュッフェスタイルの地産地消型レストラン、箱根ビールもあり

2014年03月05日 | ├ 小田原
小田原・風祭にある地産地消型レストラン。

箱根登山鉄道 風祭駅より歩いて2分ほどのところにあります。

この日、第3回かながわブランドモニター会議が開催され、小田原へ。参加者全員で立ち寄らせていただきました。コチラのお店はビュッフェスタイルのレストランです。ランチは制限時間80分、料金は大人1,850円・小学生以下925円(4歳未満は無料)です。


12時前に入店したのですが、平日とは思えない賑わい!人気のほどが伝わってきました。座席はテーブル席の他に個室やキッズルームなども。私たちはテーブル席に案内されました。

まずは、店長さんからご挨拶。「えれんな ごっそ」「鈴廣かまぼこ」のことなど興味深いお話を聞かせていただきました。コチラのお店は蒲鉾でおなじみ鈴廣グループのお店で、小田原の自然の恵みを皆様にお届けしたいという想いから誕生したそう。地元産の野菜や果物のほか、鈴廣商品などを使った50品目前後のお料理をいただけるそうですよ。「地産地消」を実現するため、蒲鉾を製造する際に残った魚の骨や皮からつくった肥料に加工した鈴廣オリジナル魚肥「うみからだいち」を地元農家で使い育てた野菜や果物をサラダや食材に使用しているのだとか。

気になるお料理はコチラになります。





それでは、いただきます!


鈴廣さんの蒲鉾がオンパレード!お洒落にアレンジしてあり、このアイデアいただきです(笑)。シャキシャキ感のある野菜や、小田原魚市場の新鮮な魚介を使ったお料理もいただきました。


おでんやスープ、焼きたてパンなども。デザートは箱根百年水ゼリー、小田原みかんゼリー、小田原産いちごのムース、季節のシフォンケーキなどをいただきました。



それから、鈴廣の地ビール「箱根ビール」もいただくことができます(料金別)。


箱根ビールは箱根・富士・丹沢連山に育まれたとてもまろやかで上質な名水「箱根百年水」を用いております。今回、私は発売されたばかりというコチラのビールを注文しました。
チョコっといちご/420円(税込)

数量限定のビールで、チョコレート麦芽と小田原産いちごを使っているそう。いただいてみると香ばしさはあるものの、甘さとか甘酸っぱさはありません(笑)。香りに関しても特別目立ったところはなく、食事と一緒においしくいただくことができました。

60分ほどのランチタイム、〆はビールではなく小田原みかんゼリーで。

みかんのつぶつぶ感を楽しめるゼリーの上には、泡に見立てたメレンゲがトッピング。ビールにそっくりで、思わず写真を撮ってしまいました・・・(笑)。

コチラのお料理は華やかさとか、ボリューム感はないものの、素材の風味を活かした小田原ならではのお料理や蒲鉾料理を楽しむことができます。また、ぜひ立ち寄りたいです。

えれんな ごっそ
神奈川県小田原市風祭245
0465-23-7373

えれんなごっそバイキング / 風祭駅入生田駅

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ


汐風の果樹園/小田原・鈴廣かまぼこの里でいただくフルーツジェラート

2014年03月01日 | ├ 小田原
小田原・風祭にあるフルーツ等の加工食品を扱うお店。


箱根登山鉄道・風祭駅の前、鈴廣かまぼこの里 1階にあります。


1階の鈴なり市場を散策していると各店舗では蒲鉾や干物、珍味、箱根ビールと小田原・箱根ならではの商品が並んでいました。そんな中、線路にほど近い一画にコチラのお店がありました。旬の果実を使ったジャムやソース、ドリンクなどを中心に扱われています。


とくに人気なのが「お陽さまのシフォン」というシフォンケーキとジェラートなんです。


今回はジェラートをいただいてみることに。
キウイ/400円(税込)


ジェラートはカップのみです。種類は6種類ほどあり、私は季節限定フレーバーを!お店の前にあるベンチでいただきました。ミルクジェラートをベースに新鮮なキウイを合わせてあるのだそう。ミルクのまろやかさと、キウイのもつ酸味のバランスが良く、全体的にはさっぱりとしたやさしい風味でした。クリーミーな口あたりも印象的でしたよ。


それから、鈴廣かまぼこさんの人気商品であるシーセージ(プレーン)を使った2種類のパンを見つけ、自宅へのおみやげにと購入しました。


シーセージロール/200円(税込)

シーセージを丸ごと1本巻いてあるだけのシンプルなパンなのですが、魚の旨みがしっかりとしているので物足りなさは感じませんでした。

汐風の果樹園では、売場の奥のほうにカフェ「汐風カフェ」も併設。コチラではシフォンケーキや旬のフルーツタルトなどをいただくことができます。食後も、鈴廣かまぼこの里を散策してみると四季も楽しむこともでき、ちょうど梅の花が見頃を迎えていました。


汐風の果樹園
神奈川県小田原市風祭245
鈴廣かまぼこの里 1階
0465-22-3191(代表)

汐風の果樹園アイスクリーム / 風祭駅入生田駅

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ


鈴廣かまぼこ 小田原駅前店/小田原名物のかまぼこが駅前で購入できます・・・

2011年06月19日 | ├ 小田原
JR東海道線 小田原駅東口の駅前にあるかまぼこ専門店。

改札を出てすぐのところにあります。

お店に入ると、小田原名物のかまぼこが並んでいました。
紅白のかまぼこ、焼きかまぼこ、揚げかまぼこ・・・と見ているだけでも楽しいです。
お土産に適した箱入りのものから、おかずやおつまみになる手軽なバラ売りの商品も・・・。
その中で、コチラの商品を購入しました。

焼きぼこ

7個/1,250円(税込)

原料のすり身に竹串を通して、焼き上げたものです。

上品な香ばしさとともにシコシコとした食感もあり、おいしさがさらにアップ。
冷やしてそのままいただいてももちろんおいしいのですが、
軽くあぶって山葵醤油をつけ、ビールと一緒にいただくと格別な味を楽しむことができます。
父親は柚胡椒につけて芋焼酎と一緒に食べていたようですが・・・。
楽しみ方、いろいろありそうです。

日持ちは1週間ほどなので、家族や同僚のお土産に良さそうです。


店員さん、試食をすすめてくださり、様々ななかまぼこの食べ比べができました。
楽しかったですよ。

もし、お時間があるようでしたら箱根登山鉄道に乗って2駅目・風祭駅の駅前にある
鈴廣かまぼこ本店に行かれることをおすすめします。

かまぼこの種類も豊富なのですが、その他に干物やスイーツ、ご当地グッズなど、
このエリアの名物品が勢ぞろいしています。
かまぼこの食べ比べや地酒を楽しめる「かまぼこバー」もありますよ。

小田原ネタはこれで終了です(笑)。
おいしいものをいろいろ食べ歩きましたが、
時間があればお寺めぐりをしながら茶店のハシゴも楽しみたかったです。
今回、小田原おでんやパワーグルメを食べれなかったので、
次回のお楽しみにしようと思います。

鈴廣かまぼこ 小田原駅前店
神奈川県小田原市栄町1-3-15
0465-22-2333
9:00~19:00

鈴廣かまぼこ 小田原駅前店 (その他 / 小田原駅緑町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5



参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。