adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店より、レトロな喫茶店や一軒家カフェが好物。
御朱印めぐりもしており、更新中!!!

ワインと串カツ GINZA 六覺燈 Vin /平日ランチなら、名店「六覺燈」の味をリーズナブルに楽しむことができますよ!!!

2018年05月14日 | ├ 銀座・新橋・有楽町
東京・銀座にある串揚げ料理専門店。

東京メトロ銀座駅 C8出口より徒歩1分、JR有楽町駅中央口より徒歩3分。西銀座通り(外堀通り)沿いの数寄屋橋交差点近く、サロン&スパや各国の料理を味わえるレストランが集まる「ギンザ・グラッセ」の8階にお店があります。

11時30分頃入店、ランチで利用しました。窓が広く、日差しがたっぷり降り注ぐ明るく開放感のある店内。座席はテーブル席の他、カクンター席もあって女性ひとりでもゆっくり食事を楽しめそうです。




ミシュラン1つ星を獲得する「六覺燈」の初となるカジュアル店が、2018年5月1日オープン!!! コチラのお店では、串揚げ料理をメインとした季節感溢れる和食料理を気軽にいただくことができるとのこと。平日ランチなら、さらに名店「六覺燈」の味リーズナブルに楽しむことができるそうですよ。さっそく平日ランチメニューを手にとってみると、「お野菜ヘルシー串かつランチ(1,500円~)」「六覺燈串かつランチ(1,800円~)」の2種類があり、串の数を5本・7本・10本から選べるようになっていました。サラダやパンなどは追加注文も可能で、ワイン、コーヒー、デザートなどの用意もありました。



この日、私はコチラを注文しました。
六覺燈串かつランチ 7本/2,300円(税抜)
おまかせ串7本、サラダ、オリジナルブレッド2種、本日のスープ(青じそスープ)がついたセットです。注文して6~7分経ったところで、おまかせ串以外のお料理が運ばれてきました。


サラダは葉野菜に海藻、豆類、押し麦なども合わせてあってセットのサラダとは思えない内容。そこそこボリュームもありました。


パンは六覺燈さんのオリジナルだそうで、この日はイカ墨パンとほうれん草のパンとのこと。添えてあるスモークバターをつけていただくとほのかに甘さも感じられて、奥行きのある味わいに。スモーク好きには嬉しい味の変化でした。


そして、お楽しみのおまかせ串7本の登場です!!!


串の内容はその時々で替わるそう。この日は「天使の海老」「牛ヒレ肉」「エンドウ豆のコロッケ」「鶏のささみ とんぶりソース」「サーモン タルタルソース」「豆腐」「チーズ」という顔ぶれです。宮古島の雪塩、六覺燈オリジナルソース、胡麻マスタード、だし醤油、からしレモンはお好みで。とくに印象的だったのは、天使の海老でしょうか。甘みのあるぷりぷりした身とサクサクっとした衣とよく合います。大振りで食べごたえもありました。また、エンドウ豆のコロッケや豆腐など、ひと手間かけた変わり種もあって楽しみながらいただけました。


本格的な串揚げ料理を気軽に楽しむことができました。ランチタイムなら女性おひとりさまでも居心地はいいと思います。また、ワインの種類も豊富でワイン好きな方にも喜ばれそうですね。




ワインと串カツ GINZA 六覺燈 Vin
東京都中央区銀座3-2-15
ギンザ・グラッセ 8階
03-6263-0971

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
コメント

オリエンタルバル ランタン 有楽町店/ランタンが灯る幻想空間も、お料理・ドリンクも、フォトジェニック度200%

2018年02月13日 | ├ 銀座・新橋・有楽町
東京・有楽町駅エリアにあるエスニックバル 。

JR有楽町駅 日比谷口より徒歩4分、地下鉄日比谷線 日比谷駅 A2番出口からは歩いて3分ほど。JR有楽町駅 日比谷口を出て、左へ。晴海通りを渡り、そのまま線路沿いをまっすぐ歩いて行くと右側にお店があります。

ディナータイムの開店直後に入店、一番乗りです!!!


この日、友人に誘っていただきコチラへ。異国の雰囲気が漂う店内。スカイランタンが灯る幻想的な空間は、もはやタイ・チェンマイのカフェのよう。座席はテーブル席、カウンター席、天蓋で仕切られた半個室席がありました。







聞くところによりますと、店内だけでなく、お料理やオリジナルサワー・カクテルもフォトジェニックとのことでお楽しみが盛りだくさんです!!!

アジアンサワー/699円(税抜)


スタッフさんおすすめの「アジアンサワー」で乾杯です!!! 香り豊かなスミレのリキュールを使ったサワーは、風味よりも香りが前面に出ていて「飲む香水」と言っても過言ではないような?! エディブルフラワー(食べる花)を閉じ込めた氷も使われている点にもこだわりを感じました。そんなドリンクをいただいていると、お通し(500円)が運ばれてきました。この日のお通しは「クリームチーズのカナッペ」でした。クリームチーズには美容&健康パワーをもった最強コンビ、シナモンと蜂蜜を合わせてありました。


ランタンサラダ/899円(税抜)

木製のカッティングボードにサニーレタス、かぼちゃ、トマト、蓮根、パプリカ、ローストビーフ、温玉などをのせた具だくさんサラダ。ドレッシング+バルサミコ酢に、パルメザンチーズも加わって奥行きのある味わいに。見ごたえも、食べごたえもあるサラダでした。

グラタントリッパ/799円(税抜)

アツアツ状態で運ばれてきました。トリッパ(ハチノス)や牛すじなどにコクのあるトマトソースが絡んで濃厚な味わいです。もっちり&やわらかなトリッパ、口の中でホロホロっと崩れていく牛すじの食感からもじっくり煮込まれていることが伝わってきます。これはお酒もすすみますねぇ。

エスニックサワー/699円(税抜)

ここでレモンをベースにした「エスニックサワー」に。スタッフさんによりますと、1ヵ月ほど漬け込んだレモンを使われているそう。さらにはレモングラスの葉とパクチーがタッグを組んで、個性豊かな一杯に変身。好みが分かれそうな感じもしますが、私のようにどっぷりハマる方もいらっしゃるかと。

牛ハラミステーキ/1,499円(税抜)


店先の黒板メニューを見て、絶対に食べたい!と思っていたお料理です。何やら、一番人気のメニューとのこと。楽しみにしていたアンガス牛ハラミのステーキが運ばれてきました。厚さは1.8cmほどあるでしょうか。いただいてみるとハラミはやわらかすぎず、噛むともっちりと歯に食い込む肉厚感がたまりません。ジューシーで、内臓肉ならではの旨みも楽しめました。


ルーローファン~豚バラ角煮ごはん~/999円(税抜)

台湾のローカルフード、魯肉飯(ルーローファン)。ふんわりと香辛料が香って、肉の旨みがより引き立ちます。ほど良く塩味もあって、一気に食べ進めてしまいました。

お店のどこを見てもフォトジェニック!!! 東京に居ながらリゾート地に出向いたような気分になれました。


オリエンタルバル ランタン 有楽町店
東京都千代田区有楽町1-2-11
オーキッドスクエア 1階
03-6268-8515

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ
コメント

牛屋 銀兵衛/銀座駅・新橋駅より徒歩5分★名物「黒毛和牛とろける絹ロース」を食べずには帰れません(笑)!!!

2018年01月29日 | ├ 銀座・新橋・有楽町
東京・銀座エリアにある焼肉店。

ちょうど有楽町駅と新橋駅の中間地点にあり、JR新橋駅銀座口・JR有楽町駅中央口・各線 銀座駅C2番出口より徒歩5~6分ほど。銀座コリドー通りから一本中に入った路地にお店があります。

この日、友人とコチラで肉会です。ビルの2階にあり、階段で2階へと進みます。照明を落としたムーディーな空間が広がる店内。座席はテーブル席、カウンター席、個室席があり、座席によって雰囲気が異なりそうです。







飲み放題が付いたコース料理もありましたが、私たちはアラカルトで注文させていただきました。(※ちなみに、コース料理以外の注文の際は席料として1人300円が必要となるそうです。)


生絞りレモンサワー/700円(税抜)

レモンのさわやかな香りが広がる「生絞りレモンサワー」で乾杯です!!! コチラのお店ではお通しはないそうで、すぐにいただけそうなものをいくつか注文しました。

キムチの盛り合わせ/980円(税抜)

白菜キムチ、オイキムチ、カクテキ(大根キムチ)の3種類。ほんのり甘みが広がる奥行きのあるキムチは、箸休めとしても最適。

銀兵衛塩サラダ/700円(税抜)

レタス・紫キャベツ・ミニトマト・白髪ねぎなどを使ったシンプルなサラダ。胡麻油と、出汁と塩を炒ったものをベースにスパイスを調合したオリジナル塩「銀兵衛塩」で和えてあるそう。ムラなく野菜と絡んで、野菜本来のおいしさを引き立てていました。

上タン塩/1,380円(税抜)

まずはタン塩から!!! お好みで銀兵衛塩や梅だれとご一緒にどうぞ!とのこと。タンをしっかり焼いて、まずは塩と合わせていただきます。タンはプリプリっとした歯切れの良さがあり、噛むたびに凝縮された旨みが口の中いっぱいに広がります。一方の梅だれは、奥行きのある味わいに。あっさり派の方なら、ちょっとレモンを絞ってみても良いかも?! そんなこんなで3種類のおいしさを楽しめました。

雑賀 にごり梅酒/680円(税抜)

ここで、「雑賀 にごり梅酒(ロック)」にチェンジ。とろみと濁りがありましたが余分な甘さはなく、意外にもスッキリとした味わいでお料理との相性も良かったです。

黒毛和牛 とろける絹ロース/2枚 1,580円:追加1枚 790円(税抜)


メニューを見てみると、「銀兵衛にお越しの際には、この絹ロースを必ずお召し上がりください!」とのこと。イチオシメニューは外すことなどできず、注文させていただきました。そして、名物メニューの登場です!!! キメ細かな肉質に美しいサシの入った黒毛和牛リブロースを薄くスライスしてありました。




スペシャリテであるため、スタッフさんが私たちの目の前で焼き上げてくださるそう。大きなお肉を1枚ずつ丁寧に焼いてくださいます。焼き色がつけば食べ頃となるそうです。


3種類の山葵と出汁を混ぜ合わせた「特製わさび」と一緒にいただくのが、「牛屋 銀兵衛」さん流のいただき方!!! リブロースはあまり動かさない部位なのでとてもやわらかく、ひと噛みすると脂の濃厚な旨みがじんわりとあふれだします。特製わさびは辛さ控えめですが旨みがあり、絹ロースにたっぷりのせていただきました。口の中で絹のようにほどけていく絹ロースは高い満足感があり、ここに来たらこれをを食べずには帰れなくなるかも?! あとをひく味わいで、さらにもう1枚追加注文しそうになってしまいました(苦笑)。


まぼろしのハラミ/1,980円(税抜)

コチラは数量限定メニューとのこと。厚みを感じさせない、やわらかさ。それでも噛むほどに味わい深くなり、肉の甘さと旨みを楽しめました。

ねぎ飯/500円(税抜)

刻みネギと胡麻油の風味がベストマッチ!!! これに銀兵衛塩をひとふりするとほど良い塩加減で、いくらでも食べれそう。葱のシャキシャキ感もクセになります。

2時間制ということで後半は急ぎ足になってしまいましたが、黒毛和牛のおいしさを再確認することができました。

牛屋 銀兵衛
東京都中央区銀座7-2-8
東建ビル 2階
03-6228-5600

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ
コメント

YAKINIKU FUTAGO 37West 17th St/人気店「大阪焼肉・ホルモン ふたご」の新業態はNYから逆輸入の焼肉店だった!!!

2017年11月09日 | ├ 銀座・新橋・有楽町
東京・新橋駅エリアにある焼肉店。

JR新橋駅西口より徒歩5分、また都営地下鉄三田線 内幸町駅 A1出口より歩いて2分ほど。JR新橋駅 日比谷口を出て新橋駅西口広場を通り、英国風パブ HUBやすしざんまいが並ぶ道をそのまま真っすぐ進んでいきます。日比谷通りに出る一本手前(HIGHBALL BAR 新橋1923の角)を左折、少し歩いた左側にお店があります。

この日、食べ歩き仲間に誘っていただいて、コチラへ。今年8月にオープンした飲食店やサービスオフィスからなる商業施設「HULIC &New SHINBASHI」の2階にあり、エレベーターで2階へと進みます。扉を開けると、クラシカルなバーカウンターが目の前に。待ち合わせにも最適な場なのですが、スタッフさんによりますと軽く一杯!といったバーのみの利用もOKなのだそう。


一足お先に到着したので、バーラウンジで待たせていただきました。赤と黒に染まった妖艶な空間が広がって、「新橋」「焼肉店」とはかけ離れた世界・・・(笑)。



聞くところによりますと、コチラのお店は2015年5月にニューヨーク17番街にオープンした「Yakiniku Futago NYC」の世界観やコンセプトをベースにしたお店なんだとか。さらには焼肉業界初の「オーナーズビーフ制」も導入されていて、買い取っていただいた牛肉の塊は店内のミートセラーにて保管。肉の熟成具合、残りのグラム数、消費期限などをしっかり管理し、オーナーの来店時にはベストな状態で提供されているそうですよ。




そして、「STAFF ONLY」のプレートが貼られた扉が開かれ、その先には別世界と言っても過言ではないレストランスペースが。圧倒的な存在感のシャンデリアは見る者を魅了します。座席はテーブル席やボックス席、それから扉のある完全個室もありました。周囲が気にならない座席配置で個室席はもちろんのこと、どの座席でもまったりと食事や会話を楽しめそうです。








テーブルには引き出しが付いており、メニューとカトラリーが収納されていました。



気になるお料理は、全部で4種類!!!
・オーナーズ(6,000円 )※お肉をキープされている方だけの特別コースです!
・ユニオンスクエア(7,000円)
・チェルシー(10,000円)
・17th St. Mid-night(4,000円)※22時以降に注文できるコースです!


友人、コチラのコース料理とワインペアリングを予約しておいてくれました!!!
ユニオンスクエア/7,000円(税抜・別途サービス料10%)
sparkling wine + Wine 3 glasses/4,500円(税抜・別途サービス料10%)
ちなみに、ノンアルコールカクテルペアリング(3,500円)もあります。


Don Luciano Charmat Brut

この日は、スペインの辛口スパークリングワインで乾杯です!!! ほんのり緑がかった麦わら色のスパークリングワイン。フルーティな味わいながらもあと味はスッキリ。弾けるような華やかな泡も印象的でした。

【Amuse】THE garden


箱庭をイメージし、石に見立てた黒毛和牛メンチカツが2つ忍びこんでいるという、遊び心があふれたお料理なんです。ほとんどが本当の石なので、ほのかに漂うトリュフの香りをヒントに宝探しスタート。黒い皮の中にはジューシーな牛肉が!見ための印象とは違ってまろやかな味わいでした。


【Appetizer】king of kimchi、○○のトマト、肉うに、季節の一品


韓国のチェジャン(唐辛子酢味噌)で味付けした鮪・イカ・アサリをキムチで包んだ美しい一品。ガラスのスプーンに盛りつけられたカプレーゼは、イタリア産モッツアレラチーズと甘酢に漬けたミニトマトを合わせてあります。大葉、黒毛和牛、玉葱、雲丹の順に盛り付けられた生ウニは韓国のりで包んでいただきます。黒毛和牛と雲丹という最強コンビ、言うまでもなく相性抜群です。シャキシャキっとした玉葱もいい仕事をしています。この日の季節の一品は、秋なすとガーリックのピューレ。ガーリックチップスがアクセントに。


Clos des Grands Primos

次のお料理に合わせて、フランスの白ワインが登場。柑橘系の爽やかな香りが魅力的。キリっとしたさわやかさの中に、フルーティな甘さが隠れていました。

【本日の塩焼】生タンと和牛ハラミ

厚切り生タンはパイナップルを使用したレモンたれと、薄切り生タンはそのまま、和牛ハラミは柚子コチュジャンとどうぞ!とのこと。私はしっかりめに焼いていただきます。どれもさっぱりとした味付けで肉の旨みをストレートに味わえます。それぞれ異なる食感や旨みの違いを楽しみながら、食べくらべを堪能しました。

【Salad】Bouquet


季節の野菜5種とハーブ2種を花飾りに見立て、ローストビーフでブーケのように束ねたサラダ。スタッフさんがハードチーズ「グラナ・パダーノチーズ」を豪快に削って仕上げてくださいます。滝のように流れるチーズを眺めている時間も楽しいです。カラマンシーを使った柑橘系ドレッシングも絡めてみると、ほど良い酸味にチーズのまろやかさが加わって、グリーン系のサラダとは思えない芳醇な味わいに大変身。密かに気になっていたローストビーフはしっとりとしており、これまた美味。




【Todays soup】B掬うスープ


傾いたカップの中には焼き目をつけた帆立、エシャロット、きのこが入っており、テーブルでスープを注いで仕上げられるそう。「ビスク」を文字った料理名の通り、スープは赤海老を2日間煮込んで生クリームと合わせてあるそう。いただいてみると、海老のエキスが凝縮された濃厚な味わいです。料理名はユニークですが、お味のほうは旨みとコクが詰まった本格的なスープでした(笑)。




Maranges 1er cru Les Clos Roussots

ここで、フランスの赤ワインに。グレープフルーツのような心地いい苦味が広がり、この後にいただいた肉料理とよく合いました。

【本日の厳選焼】本日の厳選黒毛和牛


メイン料理は宝箱で登場し、一番の見せ場であることも自ずと伝わってきます。宝箱を開けると舞台演出で使われるスモークのようなものがテーブルの上まで流れてきて、辺りは真っ白に。次の瞬間、姿を見せてくれた「ミスジ」はまるで雲の上に乗っているかのよう。赤身なのに細やかなサシが入って美しいです。








スタッフさん、丁寧に焼いてくださいました。青森県産のニンニクを使ったガーリックチップス、山葵、西洋山葵、ロックソルト、柚子ポン酢、大根おろしのポン酢をお好みで。とろけるようなやわらかな食感で、深い旨みが口の中いっぱいに広がりました。


【本日のたれ焼】特製ダレの壺漬け


お店オリジナルの甘辛のヤンニョンダレに付け込んだカルビとホルモンが壺に入って登場。目の前でじっくりと焼いてくださったカルビとホルモンと、長葱・ニラ・青唐辛子の薬味だれをごはんにのせたら出来上がり。ごはんは魚沼産コシヒカリとのこと。ごはんもホルモンも噛むほどに旨みが増して、これはいくらでも食べれそう(笑)。


Chianti Classico Querciabella

イタリアの赤ワイン。スパイシーな香りでしっかりとした果実味を感じられる一杯。

【〆】-196℃冷麺


盛岡の生麺は、12種類もの具材を8時間も煮込んだ鰹風味のスープと合わせてあるそうです。これだけでも十分期待がもてるのですが、-196℃の液体窒素で極限まで冷やすというこだわりよう。シャリシャリ感が面白く、風味も豊か。


【Dessert】美味しくてごめんなChai


インドのチャイと生クリームのムースを液体窒素でかためた、チャイ風味のアイスクリームなんだそう。コーヒーと合わせていただきます。添えてある土に見立てたクラッシュクッキーがアクセントに。デザートも抜かりないのがふたごさんスタイル、最後の最後までお楽しみがいっぱいでした。


お料理はもちろんのこと、器や盛りつけ方、テーブルで仕上げる演出などにより、五感でお料理を楽しむことができました。ユニークなプレゼンテーションを楽しみながら焼肉を味わいたい!という方に喜ばれるのではないかと思います。コース料理の流れを存分に楽しみたい方はワインペアリングも合わせて注文されることをおすすめします。

YAKINIKU FUTAGO 37West 17th St
東京都港区新橋2-11-10
HULIC &New Shinbashi 2階
03-6550-8725

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ
コメント

資生堂パーラー サロン・ド・カフェ /2017年夏の思い出★赤く輝く大人パフェ『和歌山県 紀の川市産いちじくのパフェ』

2017年10月04日 | ├ 銀座・新橋・有楽町
東京・銀座8丁目エリアにあるカフェ。

各線 銀座駅から歩いて7分ほど、JR新橋駅からも5分ほど歩いたところ。銀座通りに面した「東京銀座資生堂ビル」の3階にお店があります。

2017年の夏も終わろうかという この日、美しいパフェでもいただこうとコチラへ。エレベーターで3階に移動すると、扉が開いた先には7~8組ほどお客さんが並ばれていました。


そして、30分ほど経ったところで窓側の座席に案内していただきました。コチニールレッド?! を基調にした落ちつきのある店内、格調の高いインテリアがアクセントになっています。




さてさて待っている間にチェックしておいたメニュー、今月(8月)のフルーツパフェは全部で4種類ありました。キーツマンゴー、いちじく、黄金桃と白桃、ストロベリーとどれも魅力的。待ち時間をめいっぱい使って注文するものを決め、席に着くなり注文させていただきました。



和歌山県 紀の川市産いちじくのパフェ/2,160円(税込)


背の高いグラスを使用した、無花果のパフェ。フォトジェニックスイーツであることには間違いはないのですがインスタ映えを意識したものではなく、あくまでも正統派!!! どの角度から見ても美しいです。


グラスの中には赤ワインのコンポート、ロゼワインのコンポート、ロゼワインのゼリー、バニラアイスクリームなど。その上にフレッシュ無花果や無花果のシャーベット、さらにはフランボワーズ、赤スグリなども盛り付けて赤系に仕上げた大人のパフェ。厚切りの完熟した無花果をひと噛みすると、口の中で果汁が一気にあふれだします。あっさりとした甘味が詰まっていて、ドライフルーツの無花果とはひと味違ったおいしさがあります。バニラアイスクリームはしっかりとした甘さがありましたが、無花果のつぶつぶ感を残したシャーベットもコンポートにされた無花果も余分な甘さはなく、無花果のさまざまなおいしさを楽しめました。




目の前のお連れさまが注文されたのは華やかな「キーツマンゴーのパフェ」、何やら見ためで選ばれたそうです。スイーツはとくに味だけでなく、見ためも大事ですから・・・。そんなこんなで投稿が遅くなってしまいましたが、2017年夏の思い出として残しておきたいと思います。ちなみに今月のパフェは、「九州産 和栗のモンブランパフェ(1,980円)」のようです。秋を存分に楽しめそうですね。




資生堂パーラー サロン・ド・カフェ
東京都中央区銀座8-8-3
東京銀座資生堂ビル 3階
03-5537-6231

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ
コメント