adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

富士見高原リゾート 花の里/ユリ、百日草、ルドベキアなどが見頃を迎えています!

2014年08月04日 | ├ 北陸/甲信越
東京から約2時間!
八ヶ岳の裾野にある標高1250mの高原リゾート、富士見高原リゾート。

花の里、ゴルフコース、スノーリゾート、ホテル八峯苑・鹿の湯、ジュネス八ヶ岳 、ドッグラン付き貸別荘など、充実した施設が揃っています。今回、花の里へ行ってきました。園内は3つのエリアに分かれ、それぞれに違った雰囲気を楽しむことができるのだそう。南アルプスを目の前に望む標高1,300mの高原一面に咲き乱れる花々を歩いて、リフトで、カートに乗ってさまざまな視点から見ることができるそうです。私は写真を撮りたかったので、園内を歩いてまわりました。



園内に入ると、百日草がお出迎え。


花色は豊富で、赤・黄色・白・ピンクなどがありました。コチラの百日草はやや幅の広いヘラ状の花びらが何枚も重なる八重のダリア咲きでした。


ユリも見頃を迎えており、圧巻です!


スタッフさんによりますと、満開のユリが見られるのは7月下旬~8月上旬とのこと。今が一番の見頃のようです。晴れ渡った青空とカラフルな色合いのユリのコントラストは必見ですよ。


次に、スタッフさんイチオシのエリアへ。園内の奥のほうへと進んでいきます。コチラでは白樺とユリの競演を楽しむことができるそうです。幻想的な白樺林に咲くユリを見るのははじめてです。ゆっくり歩いていると、ユリそれぞれに異なる香りを持っていることがわかります。




オリエンタル・リリーはとくに香りが強く、見ためとともに主張が強かったです・・・。


園内は移動手段がいくつもあり、年齢を問わず楽しめるのではないかと思います。ペットの同伴もOK!とのことで、ワンちゃんとご一緒の方もいらっしゃいました。また、日没後はライトアップされるそうで昼間とはまた違った美しさを楽しむことができそうです。

富士見高原リゾート 花の里
長野県諏訪郡富士見町境12067
0266-66-2932

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

【能登満腹ツアー19】奥のとトロッコ鉄道/廃線が新観光スポットに、眼下に広がる景色は感動的!

2014年03月02日 | ├ 北陸/甲信越
のと鉄道の廃線路利用した足こぎトロッコが2013年4月に開業。

珠洲市にある能登の銘酒 宗玄酒造さんや恋路観光協会などで結成した「のと線遺産活用倶楽部」により企画運営されたものなのだそう。旧宗玄トンネル内から旧恋路駅までを利用した約270mの区間を運行。電動補助付きの足こぎ式トロッコで、愛称は「のトロ」。

宗玄酒造さんで見学や試飲を楽しませていただいた後、トンネルに案内していただきました。







こうした取り組みのきっかけとなったのは、旧恋路駅に備えてあるノートだったそう。ノートには廃線後も駅舎を訪れる観光客の想い出などが綴られていたそうですよ。

人よりも鉄子のけがあるのか・・・?!トロッコを見ているだけでゾクゾクと込み上げてくるものがあります(笑)。そんなトロッコは8人乗りで、4人ずつ乗れる2つのトロッコが背中合わせて接続されていました。それでは、恋路駅に向かって出発です!


路線は海岸線と並行しており、乗車中は恋路海岸が一望することができます。


そんな風景を撮影していたら、奇跡的に集合写真を撮ることができました。



皆、撮影で忙しそう。全員、要注意人物(笑) ?!

恋路駅。


やわらかな風が顔にあたり、心地良かったです。

実は奥のとトロッコ鉄道、冬季は休業で今回のツアーでもトロッコ体験は予定されていなかったのですが、この日は2月とは思えない陽気で急遽体験できることになりました。宗玄酒造さんのご厚意に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

乗客全員が運転するわけではないので年代を問わず、楽しめると思います。ただし、事前予約が必要で雨天時は運行しないそうです。予約申込など詳細は公式サイトでご確認ください。


のと線遺産活用倶楽部
http://www.sougen-shuzou.com/notoro_zuidou/notoro_top.html

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

【能登満腹ツアー17】宗玄酒造/能登最古の酒造を見学、試飲もあり!

2014年02月28日 | ├ 北陸/甲信越
石川県珠洲市にある日本酒の蔵元。

日本を代表する4大杜氏のひとつである能登杜氏発祥の蔵といわれています。宗玄の酒造りの歴史は古く、祖先である七尾城主を務めた畠山義春の一族が上杉謙信の城攻めに遭い、この珠洲に逃れて宗玄と改姓した1768年に遡るのだそう。現在は10代目の社長さんになるそう。

今回、ツアーでコチラに立ち寄らせていただきました。


まずは、店内を見学させてただきました。






奥のとトロッコ鉄道のキャラクター・のトロのオリジナルグッズもありました。


また、数種のお酒を試飲させていただきました。


それから・・・。
宗玄酒造さんのご厚意で、サプライズ体験も!後日、別記事にてご紹介させていただきます。


宗玄酒造
石川県珠洲市宝立町宗玄24-22
0768-84-1314

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

【能登満腹ツアー16】見附島/別名「軍艦島」とも呼ばれる能登のシンボル、存在感があります

2014年02月24日 | ├ 北陸/甲信越
珠洲市宝立町鵜飼にある島、見附島。

その昔、弘法大師が佐渡から能登へ布教のために渡られる際に発見したといわれている島です。最初に「目についた島」というのが名前の由来だそうで、能登のシンボルとしても慕われています。また、島のカタチが軍艦に似ているところから別名「軍艦島」とも呼ばれています。

長さ約150m、幅約50m、標高約30mという小島ではありますが、存在感はありますよ!

そんな島は、珠洲市の特産物である七輪の原材料として知られる珪藻土でできています。石を連ねた散策路が通っているので歩いて行くことができます。

浜辺には縁結びの鐘があり、その名も「えんむすびーち」と呼ばれています。


能登内浦海岸を代表する景勝地のひとつ、見附島。夜はライトアップされて、幻想的なんだとか。夜の見附島も見てみたいものです。

見附島
石川県珠洲市宝立町鵜飼
0768-82-7776(珠洲市観光交流課)

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

【能登満腹ツアー14】上時国家/800年続く、平家末裔の巨大屋敷

2014年02月24日 | ├ 北陸/甲信越
祖を「平家にあらずんば人にあらず」の言葉で知られる平時忠とする800年続く旧家、上時国家。



平清盛の義弟・平時忠は平関白といわれ、平家一族の実質上の統領でありましたが、壇ノ浦の戦いで敗北すると捕縛され、能登国に配流されました。そんな時忠の跡を継いだのが、五男時国です。時国は近隣の村々を統治し、江戸時代には天領の大庄屋を務め、苗字帯刀を許されました。豪壮巨大な建物は21代目が築き、25代当主が現在もこの屋敷と伝統を守っています。

平地を見下ろす高台に建っており、坂道をあがっていきます。


訪問時、ちょうど工事中とのことで外観は部分的にしか見ることができなかったのですが、入母屋茅葺きの大屋根の高さは18メートル、唐破風総けやき造りの玄関なのだそう。


建物内に入ります。大納言の格式を表わす「縁金折上格天井」が一番の見どころとのこと。

かつて加賀藩主が訪れたときに、余は中納言ゆえこの部屋に入るわけにはゆかぬと、天井に紙を貼り格式を外して入室したという逸話があるそうです。



館内スタッフさんの説明に耳を傾けながらも個人的には平家定紋「丸にあげは蝶」を金箔で描いた襖が気になり、ひとり別の間で撮影(苦笑)。



武家を彷彿とさせる格式の高さを感じさせられます・・・。

コチラは湯殿。

お湯をわかさず、お勝手でわかしたお湯を入れて入浴されるのだそう。

化粧道具や儀式用品なども見せていただきました。


大きな土間へと移動します。上を見上げると、駕篭が4台ぶら下がっていました。小さい子ども用の駕籠も!ここから屋根最長部の内側も見ることができました。


土間の隅には臼なども置いてありました。


囲炉裏やオイルランプなどがある、ほっこりとした空間も。






そして、裏山を借景にした庭園も必見です!国の名勝に指定されているのだそう。


そんな庭園は住宅の書院から観賞できるように西、南、東の三方向に面して造られています。書院の南から東にかけて細長い池がありました。スタッフさんによりますと、漢字の「心」という字を表すように造られているそうです。


上時国家は、京都東本願寺の建築にたずさわった安幸という大工が28年間を経て完成したものだと伝えられています。御前の間をはじめ、伺いの間、上の広間、下の広間、回り座敷などを見ていると、当時の豪農住宅としての重みが伝わってきました。 大きさ的にも北陸地方最大級の規模を誇っているそうです。


また、駐車場前には茶屋、近くに下時国家もあるそうで機会がありましたら立ち寄りたいです。


上時国家(かみときくにけ)
石川県輪島市町野町南時国13-4
0768-32-0171

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ