adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

スターバックスコーヒー 豊洲フォレシア店/お酒が飲めるスタバ★国内4店舗目となる「STARBUCKS EVENINGS」

2017年04月20日 | ├ 築地・湾岸・お台場
東京・豊洲駅エリアにあるコーヒー専門店。

東京メトロ有楽町線豊洲駅 1C出口より徒歩2分、ゆりかもめ線 豊洲駅から歩いて6分ほど。 SHOPS & RESTAURANTSが集う「豊洲フォレシア」の1階にあります。

この日、友人と待ち合わせを兼ねて利用しました。友人によりますと、国内4店舗目となる「STARBUCKS EVENINGS」なんだとか。STARBUCKS EVENINGSはカンタンに言ってしまうと「お酒が飲めるスタバ」で、ビールやワイン、ワインに合うおつまみ的なメニューなど通常のスタバにはないメニューもあるようです。店内に入ると特別広いというわけではないのですが、ガラス張りで開放感があります。座席はテーブル席やカウンター席など。座席を確保して、レジへ。






ショーケースの中を見てみると、気になるのはこの辺でしょうか。




ワインセットがいくつかあり、コチラを注文してみました。


ゴーダチーズ&トロピカルズ+スパークリングワイン/3OZ 1,000円(税抜)


スパークリングワインに、タルトレットが付いたセットです。ちなみに4oz(1,250円)もあります。ワイングラスの上にちょこんとタルトレットが乗っていました。そんなタルトは3種類ほどあり、選んだワインにより異なるそう。スパークリングワインにはクリーミーなゴーダチーズとアーモンド・ドライマンゴー・パインを合わせて焼き上げたタルトがセットになっていました。甘さ控えめで、ワインによく合います。


会社帰りにちょっと飲みたいときに適量かも。


ワインにも付いてくるイブニングス限定のコースターも要チェックです!!! お隣の席の方とコースターのデザインが違っていたので何種類か種類がありそうです。コチラも楽しみですね。



通常メニューもありますので、お酒が飲めない方も安心してご利用いただけると思います。お子さん連れの方もいらっしゃいましたよ。



スターバックスコーヒー 豊洲フォレシア店
東京都江東区豊洲3-2-24
豊洲フォレシア 1階
03-6219-7573

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

やきとり宮川 豊洲店/創業以来の人気メニュー 宮川名物「白い唐揚」は食べておきたい一品です!!!

2017年04月11日 | ├ 築地・湾岸・お台場
東京・豊洲駅エリアにある焼鳥専門店。

東京メトロ有楽町線豊洲駅 1C出口より徒歩2分、ゆりかもめ線 豊洲駅から歩いて6分ほど。 SHOPS & RESTAURANTSが集う「豊洲フォレシア」の1階にあります。

この日、食べ歩き仲間と一緒にコチラへ。開店5分ほど前に伺ったところ、店先にはすでにお客さんが5~6組ほどいらして、そんなことからも人気のほどが伝わってきます。オープンな感じのお店で中央にテーブル席、向かって左側がカウンター席、右側に掘りごたつ席もありました。



コチラのお店は、1949年創業の老舗店です。東京・日本橋で鶏肉専門の卸問屋として創業。現在は四ツ谷・大手町・豊洲の3店舗を展開しています。やきとり宮川で特別に育てている「かずさ地鶏」をはじめ、 農家直送の新鮮野菜もいただけるそう。皆で思い思いに注文しました。(※ちなみにお通しはナシ、サービス料5%)


輪切りレモンたっぷり入ったレモンサワー/580円(税抜)

この日はキリリとした酸味が心地いい「レモンサワー」で乾杯です!!! 瀬戸内レモン果汁にスライスした生レモンをたっぷり使われていて、レモンの果実味200% レモンを丸ごと楽しめます。

10品目の宮川サラダ/1,180円(税抜)

鶏ハム、マッシュルーム、トマト2種、ブロッコリー、レタス、ビーツなどに、千葉県産キャベツをたっぷり使われたというドレッシングを合わせてありました。新鮮な野菜はみずみずしさが際立っています。キャベツのドレッシングは野菜はもちろんのこと、しっとりとした鶏ハムともよく合います。

ねぎま/320円(税抜)

大きめサイズの鶏もも肉は外は香ばしく、中はふっくら&ジューシー。適度に脂肪分もあって甘みもあります。葱とのバランスも良く、甘辛タレはクセになる味わいでした。

つくね/280円(税抜)

やきとり屋さんによって形状に特徴が出るつくねですが、コチラのはサツマイモのようなカタチをしていました。つくねには鶏の軟骨が入っていて、時折歯にあたるコリコリっとした食感がたまりません!!! 実は、「ねぎま」と「つくね」は一緒に注文させていただいたのですが、まとめてではなく1本ずつ提供してくださるのが宮川さん流。アツアツのベストな状態で食べていただきたい!という想いで、頃合いを見計らって運んできてくださるそうですよ。

また、やきとりの魅力を引き出してくれる相棒的な存在も!!! 塩には「焙煎黒八味」、タレには「完熟赤山椒」がおすすめとのこと。黒八味にはみかんの皮や生姜も入っていて、爽やかさも感じられました。


宮川名物!かずさ地鶏を使った白い唐揚/880円(税抜)

コチラは創業以来の人気メニューなのだそう。お醤油をベースに柚子・すだち・かぼす・だいだいの果汁を使ったオリジナルポン酢と合わせてお召し上がりくださいとのこと。カラっと揚がった唐揚げは油っこさを感じさせません。衣は外側はサクサク、中はふんわりとしていて軽やか。衣の主張が強すぎず、肉の旨みを存分に楽しめました。ところで、コチラのから揚げはなぜ白いのでしょうか??? 気になる方がいらしたらスタッフさんに聞いてみてください(笑)。丁寧に説明してくださいますよ。

超早摘み若桃サワー/580円(税抜)

梅のような顔をしていますが、完熟する前に収穫した桃を使われていそう。いただいてみると炭酸が心地よく、さっぱりとした味わいです。超早摘みの若桃はやわらかくて種まで食べれますよ。

出来たておぼろ豆腐/780円(税抜)

日本橋の老舗豆腐屋「関商店」さんのお豆腐使われているそう。国産大豆を使った手作り豆腐は香り豊かで、濃厚な味わいでした。

すごい卵かけごはん/580円(税抜)

10食限定のメニューで、かずさ地鶏の卵を使用しているそうです。焼鳥のタレと日本酒で漬けたという卵黄を取り囲むかのように、ふわふわの卵白が(※とろろではありません)!!! 青海苔と白胡麻がアクセントとなって風味豊か。一気に食べ進めてしまいました。

濃い抹茶シャーベット/390円(税抜)

西尾の抹茶を使用とのこと。余分な甘みは一切なく、抹茶の深みと苦味をダイレクトに楽しめます。サクサクっとした食感でとてもさっぱりとしていました。

どのお料理もこだわりが隠れていて、おいしさの秘密を紐解くように楽しみながらいただきました。おひとりさまからカップル、お子さん連れとさまざまなシーンで利用されていました。かなりの人気店なので、予約をされてからの訪問が安心ですね。




やきとり宮川 豊洲店
東京都江東区豊洲3-2-24
豊洲フォレシア 1階
03-5859-0708

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

海鮮もんじゃ もへじ/海鮮一品料理の品揃えも魅力的★月島もんじゃストリートで、もんじゃ焼きのハシゴを満喫!!!

2017年02月12日 | ├ 築地・湾岸・お台場
東京・月島にある、もんじゃ焼き店。


各線 月島駅 10番出口を出て4分歩いたところ、もんじゃ焼き店が多く軒を連ねる「月島西仲商店街二番街(月島もんじゃストリート)」の四番街(勝どき寄り)にあります。コチラのお店は月島もんじゃストリートに2店舗を展開しているそうで、大きな提灯がひと際目立つコチラのお店が本店なのだそう。


この日は、食べ歩き仲間と月島エリアを散策。ランチタイムにこの近くのもんじゃ焼き店で集まって、勝どきエリアにも足をのばしました。ベーカリーだけでも3軒ほど、和菓子店や喫茶店にも立ち寄り、最後に立ち寄ったのがコチラになります。藍色の暖簾をくぐって、店内へ。どこか懐かしさを感じる、こじんまりとした店内。テーブル席の他、カウンター席もあっておひとりさまでも気兼ねなく利用できそうです。





コチラのお店は創業146年の築地魚河岸が直営とのこと。毎朝、母体のつきぢ尾粂から魚介を仕入れられているそうで、魚介の品揃えと鮮度には圧倒的な自信があるそうです。本日のおすすめメニューを見てみると、生牡蠣や生本鮪、白子などを使ったその日だけの海鮮一品料理もあるようでいただくのが楽しみです。


生グレープフルーツサワー/650円

この日、3度目?! となる乾杯は果実感たっぷりな生グレープフルーツサワーで。

白子ポン酢

お通しはないそうですぐいただけるものを注文してみました。通常、白子のお料理は「白子ホイル焼き(1,280円)」をおすすめしているそうですが、この日はとくに新鮮な北海道根室産の白子が入荷したそうで白子ポン酢をすすめてくださいました。クリーミーな白子が口の中でとろけていきます。濃厚な白子とポン酢の組み合わせはテッパンですね。

生牡蠣バター/1,380円


本日のおすすめメニューから、もう一品。岩手県広田湾産の生牡蠣だそうで、身がかなり大きくぷっくらとしています。スタッフさんに調理していただきました。レモンを絞っていただく生牡蠣も好きですが、牡蠣のプリっとした食感とコクを楽しめる、こんがりと焼きあがったバター焼きもひと味違ったおいしさがありますね。添えてあった長葱も香ばしいです。


海鮮アヒージョ/980円


またまた、本日のおすすめから。バゲット(200円)も合わせて注文しました。タコ・アサリ・イカ・ホタテ・海老・長葱・・・、どれも大きく存在感があります。オイルがグツグツしてきたところでいただきます。バゲットに魚介をのせていただいているとバルに居るような錯覚に陥ります(笑)。魚介の風味が染み込んだオイルも、これまた絶品。オイルにバゲットを浸してから鉄板でこんがり焼いて、おいしさを余すことなくいただきました。


梅干サワー/480円

ここで、梅干サワーにチェンジ。

明太子クリーム/1,480円


もんじゃ焼きの種類が10種類ちょっとあり、人気の明太子クリームを選びました。さらには、スタッフさんのおすすめで「チーズ(230円)」もトッピングしてみることに。明太子の存在感は目を見張るものがあります(笑)。


スタッフさんが焼いてくださるとのことで、お言葉に甘えておまかせすることに。薄く油を引いて、具材を鉄板に。ドーナツ型の土手を作って、汁を流し込み、土手の中央部に明太子と麺を置きます。汁にとろみが出たところで全体を混ぜ、最後にチーズをふりかけたら出来上がりです!!!


明太子のつぶつぶ感とチーズのとろみが口の中で合わさって、まったりと。出汁には焼あご・かつお節・さんま節・さば節・昆布など8種類の海鮮系と鶏ガラを使われているそうで、味にパンチがありました。



もんじゃやお好み焼き、バター焼きといった鉄板料理はもちろんのこと、冷菜一品料理や海鮮一品料理なども充実していて、幅のあるメニューも魅力的でした。軽く一杯!というときにも利用できそうです。余談になりますが早い時間帯だったので運良く待たずに入れましたが、18時を過ぎた頃からほぼ満席状態になりました。大切な方とのお食事であれば、老婆心ながら予約は必須かと。




海鮮もんじゃ もへじ
東京都中央区月島3-16-9
リノスタイル月島 1階
03-6204-2314

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

もんじゃ しなのや/月島もんじゃストリートにあるダシが決め手のもんじゃ焼き店、黄色い暖簾が目印です!!!

2017年02月12日 | ├ 築地・湾岸・お台場
東京・月島にある、もんじゃ焼き店。

各線 月島駅 10番出口を出て3分ほど歩いたところ、もんじゃ焼き店が多く軒を連ねる「月島西仲商店街二番街(月島もんじゃストリート)」の三番街にあります。コチラのお店は月島もんじゃストリートに2店舗を展開しているそうで、ぶらっと立ち寄りましたコチラのお店は本店だったようです。数店舗先に2号店があり、本店のほうは黄色い暖簾が目印となっています。

土・日・祝はランチタイムも営業されており、13時30分頃友人たちと一緒に立ち寄りました。黄色を基調とした店内、間口は狭いのですが奥行きがあります。どの座席もゆったりとしているので居心地は良さそう。また全席ダクト付きなので、満席状態でもニオイが充満していない点も嬉しいところです。余談になりますが、2階には個室があるそうでコチラは完全予約制とのこと。





テーブルに置いてあるメニューを見ながら、あれこれと注文してみようと思います。


生搾りレモンサワー/550円

半分にカットしたレモンがゴロっと入った、爽やかなレモンサワーで乾杯です!!! 休日ということで遠慮なく昼飲みを。明るい時間帯に飲むお酒は格別な味わいです。

厚切り牛タン/1,000円


何はさておき、肉メニューから注文(笑)。もやしと一緒に並べられた牛タンが運ばれてきました。厚さ7mmとのこと。ややしっかりめに焼いていただいてみると、厚切りですがカンタンに噛みきれるかたさです。ほどよく脂ものっていて、旨みもありました。


メガフランク/1,800円


肉好き店長のおすすめということで、続けて肉料理を注文してみることに。長ーーーい木製の容器に入れられて、運ばれてきました。何と!長さが45cmもあるそうで、迫力満点です!!! さっそく鉄板の上にのせ、じっくりと焼き上げていきます。焼きあがると、スラッフさん食べやすいサイズにカットしてくださいました。あえて味付けをしなくても、十分は旨みと塩味があります。ジューシーで噛むほどに旨みが広がり、ヤミツキになるおいしさです。こうなるとお酒もすすみますねぇ(笑)。


リアルゴールドサワー/550円

この日はもんじゃ焼き店をハシゴということで、エナジードリンクを注入することに。

しなのやもんじゃ/1,500円


そして、お待ちかねのもんじゃの具材が登場です!しなのやさんのお名前がはいったもんじゃは、豚・海老・イカ・アサリ・ホタテ入りと具たくさん!!! よーく見てみると、他にざく切りのキャベツ・切りイカ・サクラエビ・揚げ玉なども。もんじゃは絶対失敗したくないので、店長さんに焼いてもらいましょう(※自分で焼くことも可能です)。薄く油を引いて、具材を鉄板に。そしてドーナツ型の土手を作って、汁を流し込んでいきます。汁にとろみが出てきたら、全体をざっくりと混ぜて出来上がり!!!


ハガシですくっていただきます。魚介の風味が豊か。味付けが濃いということではなく、さまざまな旨みが合わさって、味に奥行きがあります。ほんのり焦げた部分も、これまた・・・。皆、ハガシがすすみ、早々に完食となりました。もんじゃは場も盛り上がりますね。


聞くところによりますと、和風ダシにとことんこだわれているそうで、厳選した昆布・鰹・野菜などでじっくりダシをとっているのだとか。月島というと築地市場に近いので、どのお店でも鮮度の良いものを手に入れられるかと思います。そのため、他店のもんじゃとの徹底的な違いや味の決め手となるのが「出汁」なのかもしれませんね。



盛合せ/1,500円


バター焼きメニューの中からコチラを選びました。海老・ホタテ・イカ・ウィンナー・ネギ・椎茸・しめじ・エリンギなどの盛り合わせ。塩・胡椒とバターのシンプルな味付けで、素材本来のおいしさをストレートに楽しみました。



個性の強いインパクトのあるメニューはないように思えましたが、ダシがしっかりときいた東京下町の伝統的なもんじゃを楽しむことができました。居心地の良い空間で、スタッフさんたちとの会話も楽しむことができました。飲み放題がついたコース料理やオトクなカップルセットもあるようです。


月島散策は、まだまだ続きます!!!



もんじゃ しなのや
東京都中央区月島3-5-5
03-3534-7499

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

Shellman(シェルマン)/月島・もんじゃストリートにある蟹、海老、殻に特化した甲殻類の割烹小料理店!

2016年04月09日 | ├ 築地・湾岸・お台場
東京・月島にある割烹小料理店。

各線 月島駅 10番出口を出て3分ほど歩いたところ、もんじゃ焼き店が多く軒を連ねる「月島西仲商店街二番街(月島もんじゃストリート)」の一画にあります。この日、友人とコチラへ。商店街を歩いているとココだけ異空間が漂っているような、独特な雰囲気を醸し出していました。

暖簾をくぐると、ゆったりとつくられたカウンター席がお出迎え。


カウンター席の他にも、個室のテーブル席やお座敷も。 木の温もりに満ちた店内は「和」を感じさせつつも、スタイリッシュで独創性もあります。


コチラのお店では貝類、蟹や海老などの甲殻類、卵や殻つきの野菜など、「シェル(殻)」つきの食材に特化したお料理をいただけるのだそう。そんな気になるお料理ですが、この時間帯に注文できるのはコース料理1種のみ(21時からは、今日の深夜定食を注文することができます)。

本日のお食事/5,800円(税抜)
日本酒のペアリング/1,500円(税抜)
コース料理9品と、お料理に合わせた日本酒7種をいただきました。

【とりあえず】北海道産 毛蟹 一杯

とりあえず!と一言添えられて登場したのが、コチラでした!ひとりに一杯ずつって、スゴすぎですよね。 繊細な身がギュっと詰まって 、蟹味噌もたっぷり。一度食べたら、もう手が止まらなくなります。 蟹を食べると無口になるものなんですね(笑)。

【珍味】釧路昆布森産 つぶ貝の自家製チャンジャ/鳥取 黒バイ貝の煮付け/活ズワイ蟹の自家製塩辛/蟹カステラ


細長い木箱の蓋を開けてみると、4種類が並んでいました。それぞれに合った塩味を加えてあって、塩辛い物好きにはたまらない美味しさ!中でも、活ズワイ蟹の塩辛は珍味中の珍味。 【とりあえず/珍味】のペアリングは「福島 天明中取り壱号 生酒 にごり」「佐賀 天吹 純米吟醸 いちご酵母」よりお選びくださいとのこと。どちらかひとつを選ぶことができず、友人とシェアすることに。個人的に甘みがありながらも旨みのある「佐賀 天吹 純米吟醸 いちご酵母」が印象に残りました。イチゴ思わす、さわやかな香りは珍味にも合いますね。


【先付】ハットと杖が似合う歳


ジョニー・ウォーカーのロゴからたどり着いた料理名なのだそう。湯引きした牡蠣の上には、「ジョニーウォーカー 18年」を香り漬けしたイクラが乗せてありました。風味も、香りも抜群!贅沢すぎです。日本酒は、「富山 黒部峡 純米吟醸」と合わせていただきました。ほのかに甘みがありながらも、適度に苦味・酸味もある、深みのある辛口でした。


【お凌ぎ】祝海と畑


金目鯛にフルーツトマトのジュレを乗せた一皿。金目鯛の下にはブロッコリー、人参、紫人参、黒大根、芽キャベツ、そら豆、プチトマトなどが隠れていました。それにしても、出てくるお料理は五感を揺さぶる驚きの連続(笑)。選ばれた日本酒は、「富山 黒部渓谷 幻の瀧 純米吟醸」。 やわらかな辛みの後、米の甘みが追いかけてきます。香りもいいですね。


【椀物】海老噌浮


海老味噌を使った茶碗蒸しの上には、海老の身が浮いているというユニークな一品。茶碗蒸しは濃厚でパンチがあります。日本酒はしっかりとした旨みがありながらも、軽やかで上品な「新潟 鶴齢 純米吟醸」と。


【揚物】伊を得た魚


イタリア産セモリナ粉でわかさぎを揚げたことから、この名が付いたそう。カラっと揚がったわかさぎは香ばしく、シブレットと西京味噌を合わせたソースがアクセントに。ペアリングは「福井 黒龍 純米吟醸」と。ぬる燗でいただくことでやわらかなフルーティーな旨みも楽しむことができました。


【煮物】パク壺


ワインで煮込んだというタコに、パチクーをたっぷりトッピング。まさか、コチラのお店でパクチーがいただけるとは・・・。大きめに切られたタコは、もっちり&やわらか。ペアリングの「京都 まつもと 純米」は、口あたりのやわらかさが魅力的。ぬる燗でゆっくり楽しみました。


【焼物】木木木(モクモクモク)


豪華食材の饗宴!蟹・牛肉・雲丹の杉板焼き。本ズワイガニの牛肉巻きに雲丹が添えてありました。「兵庫 白鹿超辛」を熱燗でいただいてみたところ、辛すぎず丸みのある味わいでした。後味がスッキリとしているので、旨みが強い食材と合わせても相性は良かったです。


【食事】選べる釜飯 又は手打ちパスタ蕎麦仕立て 赤出汁 自家製浅漬け


この日の釜飯は蛤と北寄貝とのこと。せっかくなので両方注文し、友人とシェアしていただきました。どちらも旨みがごはんに浸み込んで、格別な味わいです。蟹の出汁が広がる赤出汁も、これまた・・・。かぼちゃの浅漬けはコリコリっとした食感で、風味もあっさり。ホクホクとしていない、かぼちゃの新たなおいしさを発見できました。


この釜飯、いくらでも食べれそう・・・。


このようなコース料理を日本酒も含めて7,000円台でいただけるのは嬉しい限りです。「洋」が見え隠れした創作和食は、斬新なものばかり!五感で楽しむことができました。甲殻類と日本酒がお好きな方にとくにおすすめです!!! お店は大きな白い暖簾が目印です。




Shellman(シェルマン)
東京都中央区月島3-6-5
03-6225-0296

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ