adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

注文焙煎 豆虎/赤坂駅・赤坂見附駅より4~5分★注文毎に生豆から焙煎するコーヒー専門店でカフェラテを!!!

2018年03月02日 | ├ 赤坂・永田町・虎ノ門
東京・赤坂にあるコーヒー専門店。

千代田線 赤坂駅、各線 赤坂見附駅、各線 溜池山王駅より徒歩4~5分。田町通り沿いにお店があります。

コチラのお店ではコーヒー豆を常時20種類以上を取り揃えているそうで、注文ごとに生豆から焙煎されるのだとか。焙煎士さんが好みの深みに合わせて焙煎してくださるそうで、焙煎のレベルも5段階で指定できるよう。一杯分のドリップバッグの用意もあるので、いろいろなコーヒーを楽しむこともできますね。また、お店の前に喫茶メニューが置いてあり、何やら店内のイートインスペースでいただけるようです。


少し時間があったので、コーヒーをいただこうと立ち寄りました。店内へと進んでみると中ほどにレジがあり、まずは注文&お会計を済ませます。イートインスペースはカウンター席(8席ほど)のみで、奥のほうにありました。





この日、私はコチラを注文しました。
カフェラテ/350円(税込)

注文して5分ほど経ったところで運ばれてきました。ふんわり&やわらかな泡が印象的なカフェラテ。濃厚でコクのある味わいながらも、軽やかな泡の口どけも楽しめます。コーヒー専門店のカフェラテは香りとともに楽しめる、本格的な味わいでした。

コーヒー豆の購入を目的としたお客さんも多く、ゆっくり時間調整ができるような感じではありませんが、香りに包まれてコーヒーをいただくのも悪くはないですよ。ソフトクリーム(モカリッチソフト)やコーヒーゼリー、チョコチップスコーン、ココクッキーなどもあり、機会がありましたらまた立ち寄りたいです。



注文焙煎 豆虎
東京都港区赤坂3-6-18
赤坂ニューロイヤルビル 1階
03-6435-5353

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

肉バル&ビアガーデン Vegeta赤坂 /東京・赤坂見附駅からすぐ、冬でも開放的なビアガーデン宴会を楽しめます!!!

2018年02月27日 | ├ 赤坂・永田町・虎ノ門
東京・赤坂エリアにある肉バル。

各線 赤坂見附駅10番出口より徒歩1分。田町通りを赤坂駅方向へと進んでいくと右側にお店があります。

この日、友人たちとコチラで肉会。1階に「俺のフレンチ・イタリアン AKASAKA」が入るビルの5階にあり、エレベーターで5階へと進みます。ビル内であること感じさせない開放感があります。それもそのはず!店内のテーブル席の他、最大65名まで収容可能な大型テラス席もありました。


そんなテラス席は屋根付き・暖房完備で、雨が降る日も寒い日も心配なし!!! ビニールシートで覆うことで、冬でも開放的なビアガーデン宴会を楽しめるそうですよ。





ブルームーン/750円(税抜)


米国生まれのクラフトビール「BLUE MOON」で乾杯です!!! グラスにスライスしたオレンジを添えてありました。カクテルを思わすフルーティーな味わいです。ほんのり広がる甘さとクリーミーな口当たりも印象的でした。ドリンクをいただいていると、お通し(500円)が運ばれてきました。スタッフさんによりますと、お通しは「産地直送生野菜の食べ放題」なのだそう。この日の野菜は全部で5種類。宮崎県産トマト「キャロルパッション」、熊本県産「スイートホルンパプリカ」、北海道産「紅しぐれ大根」、静岡県産「フリルレタス」、徳島県産「サニーレタス」。


早々におかわりをお願いしたところ、洗面器サイズの木製ボウルに盛り付けられて登場!!! サラダに添えられた すりおろし系ドレッシング「自家製玉葱ドレッシング」は玉葱の旨みをそのまま閉じ込めてあり、コクがあります。野菜はもちろんのこと、お肉にも合う万能タイプのドレッシングで新鮮な野菜をたっぷりいただきました。


パクチーサラダ/630円(税抜)

すでにいつも以上にいただいている野菜ですが、パクチーは別物です。パクチー好きには外せない一品。

【特撰】牛赤身肉3種盛り/1,980円(税抜)


店長おすすめのメニュー!!! この日はサガリ、カイノミ、ザブトンの3種類。やわらかな「サガリ」は繊細な味わいなので岩塩と合わせて。適度にサシが入り、ジューシーな味わいの「カイノミ」は山葵と。とろける食感とコクが印象的な「ザブトン」は青唐辛子ソースと。希少部位の食べくらべを楽しめました。


モヒート/530円(税抜)

ここで、爽やかなモヒートに。ミントたっぷり、ライムの香りも心地いいです。

厚切り牛タンステーキ/980円(税抜)

サクっとした歯切れの良さが魅力的。レモンと合わせて、牛タン本来の旨みをストレートに味わいました。

肉寿司4種盛り/1,780円(税抜)


ブロックで仕入れられているそうで、一皿で4種の肉寿司を楽しめます。この日は仙台牛(イチボ・カメノコ・マルカワ・トモサンカク)とのこと。この色つやからもおいしさが伝わってきます。


そんな肉寿司はスタッフさんが目の前で炙って仕上げてくださいます。


私はマルカワをいただいてみることに。マルカワはシンシンの外側にあたる部位でとてもやわらかく、きめ細やかな肉質です。サシは少なめで、口の中でじんわり旨みが広がります。甘みのあるお醤油ともよく合いました。


季節のアイス/380円(税抜)

この日は桃のアイスクリームでさっぱりといただくことができました。

私たちはアラカルトで注文させていただきましたが、飲み放題とお肉を存分に愉しめるコース料理もあるようです。団体での利用も可能ですよ!!!


肉バル&ビアガーデン Vegeta赤坂
東京都港区赤坂3-10-1
対翠館ビル 5階
03-6277-8672

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

ホルモン松田/4月25日、赤坂見附にオープン★おまかせスタイルで沖縄直送の黒毛和牛を堪能!

2016年05月19日 | ├ 赤坂・永田町・虎ノ門
東京・赤坂にある焼肉専門店。

各線 赤坂見附駅 10番出口を出てすぐのところにあります。1階に磯丸水産が入ってるビルの5階にあり、大きな黒い看板はひと際目立っていました。

コチラのお店は2016年4月25日にオープンしたばかりのお店で、沖縄の牧場から直送した黒毛和牛を使われているのだそう。牛肉の産地だけではなく、肉に合わせたタレ選びや焼き方など、美味しさへのこだわりが満載のよう。


この日、食べ歩き仲間と一緒に伺いました。無駄のないすっきりとした店内、清潔感のある落ちついた空間が広がっていました。座席はカウンター席やテーブルの他、個室もありました。




スタッフさんによりますと、メニューに載っていない「裏メニュー」も存在するとのこと。それならばと、おまかせスタイル(1人 8,000円ほど)でお料理をお願いしました。


まずは、ドリンクから。
■生レモンサワー/520円(税抜)

お酒感は弱めですが、レモンの清涼感とサワーの喉ごしがたまりません。

■キムチ盛り合わせ/980円(税抜)

白菜キムチ、オイキムチ、カクテキ(大根キムチ)の3種類。辛すぎず、深みのあるキムチ。程よい酸味もあり、サラダ感覚でいただきました。

■ナムル盛り合わせ/680円(税抜)

胡麻油と塩胡椒で味付けしてあるシンプルなナムルで、素材のおいしさも楽しむことができました。

■上タンの薄切り/1,800円(税抜)


大好きな牛タンが早々に登場。色つやからもおいしさがわかってしまうかも?! 早い時間帯の利用だったからか、お肉はすべてスタッフさんが焼いてくださるそう。お肉には柚子の風味がアクセントになった塩ポン酢をなじませてあって、あっさりとした味わいです。薄切りでしたがやわらかすぎず、牛タン特有のプリっとした食感も楽しめました。


■ツラミ/880円(税抜)
■ハツ/750円(税抜)

牛のホホ肉「ツラミ」は適度な歯ごたえのある食感で、味も濃厚。牛の心臓「ハツ」は独特の歯ごたえ・弾力が印象的でした。

■炙りユッケ/1,200円(税抜)

軽く炙った和牛ユッケに、こんもり盛り上がった卵黄を合わせてあります。とろっとさせていただいてみると、口の中でとろけていきました。それでもまったりとした濃厚な味わいで、満足感もありました。

■肉寿司/1貫 300円(税抜)

生姜を乗せた、肉寿司。噛みしめた時に歯がすっと通るやわらかさ。噛む度に肉の旨みが口の中いっぱいに広がります。

■トウガラシ(裏メニュー)


一頭から、わずかな量しかとれない希少部位です。山葵を乗せていただきました。脂身が少なく、赤身ならではの味の濃さを感じました。


■シマチョウ/880円(税抜)


ホルモン系も新鮮そのもの!じっくりと火を通して、梅肉のタレを絡ませていただきます。プルっ、コリっ!弾力のある歯ごたえがたまりません。


■松田焼き/1枚 1,500円(税抜)


ホルモン松田さんの看板メニューの登場です!大きな薄切りサーロイン、細かなサシが入っていて美しいです。ほど良く炙ってもらったサーロインを、とろろダレを絡ませていただきます。とろろ、タマゴ、割り下が合わさったタレをまとったお肉は、口の中でとろけていきます。旨みと、甘みのバランスも絶妙でした。


■カルビ/1,200円(税抜)


焼肉の定番、カルビ。キメ細やかな肉質で、やわらかくジューシー。タレがたっぷり浸み込んで、しっかりとした旨みを味わえました。


■ミスジ(裏メニュー)

肩(ウデ)の肩甲骨の内側にある希少部位「ミスジ」も、口の中でとろけていくよう。じんわりと旨みが広がっていきました。

■冷麺/950円(税抜)

焼肉の〆は、あっさり風味の冷麺に決定。冷麺独特の弾力も楽しめました。

■本日のアイス/400円(税抜)

渋みがほのかに感じられる、爽やか系の抹茶アイスをいただいてお食事が終了となりました。

コチラは友人オーダーの赤ワイン「カレラ ジョシュ・ジェンセン・セレクション ピノ・ノワール セントラル・コースト」。お味見させていただいたところ、深みのある香りが印象的!肉料理との相性も良かったです。カウンター席もあり、おひとりさまも気兼ねなく利用できそうな感じました。




ホルモン松田
東京都港区赤坂3-8-18
ビーグル赤坂見附 5階
03-6441-3722

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

シュマッツ 赤坂店/赤坂見附から徒歩2分☆本場ドイツの味を、東京でも気軽に味わえますよ!

2016年04月12日 | ├ 赤坂・永田町・虎ノ門
東京・赤坂にあるドイツ料理店。

各線 赤坂見附駅から徒歩2分、また千代田線 赤坂駅からも歩いて5分ほどのところにあります。

この日、友人たちと一緒にコチラへ。木の温もりがあふれる店内、聞くところによりますとドイツの山小屋をイメージされたのだそう。座席はテーブル席とカウンター席があり、私たちはテーブル席へ。テーブルがやや小さくも感じますが、肩ひじ張らずに食事を楽しめそうです。




コチラのお店では、伝統あるドイツ料理を故郷ドイツと同じスタイルで提供してくださるそう。ドイツ全土から集めた伝統のレシピを使用した正真正銘の様々なジャーマンソーセージ、そしてドイツ流の注ぎ方で注いだドイツ純酒法を厳守したジャーマンビールなどをいただけるようです。これからいただくお料理が楽しみです。

まずは、乾杯。
■ベルグバウム/Mサイズ 590円(税抜)


オーナーがドイツで吟味した厳選ドイツドラフトビールは、全部で8種類。店内に設置してある大きなタップから注がれます。8種類の中から、おすすめのコチラをいただきました。しっかりとしたコクのあるビールで、あとから苦味が追いかけてきます。キリリとした味わいで、お料理との相性も抜群!ふんわりとした、きめ細やかな泡も印象的でした。


■ソーセージとポテトの甘辛カレー風味ソース添え/880円(税抜)

ソーセージの本場ドイツが誇るB級グルメ!カリーブルストの登場です。カリーブルストは焼いたソーセージに、ケチャップベースのソースをかけて、カレー粉をふったものです。シンプルなお料理なのですが、これがクセになる味わいなんです。深みのあるスモークソーセージにまろやかなソースが相まって、一度食べたら止められない おいしさ。ソースは「マイルド」「スパイシー」「スーパースパイシー」の3段階の辛さから選ぶことができました。ポテトはほっこりとしていて、これまた絶品。

■自家製ジャーマンポテト/550円(税抜)

じゃがいもは、こんがり&ホクホク。ベーコンの旨みを吸い込んだじゃがいもは奥行きのある味に変身。余分な味付けをしていないだけに、ベーコンの旨みをダイレクトに味わえました。

■旬のお野菜グリル/980円(税抜)

この日は茄子、人参、しめじ、エリンギ、長葱、プチトマト、レッドオニオンなど。カレー風味のソースをかけていただきます。大きめにカットされた野菜はこんがり!野菜本来の旨みをギュっと閉じ込められていて、香ばしさとともに甘みも味わうことができました。

■きのこサラダ/1,080円(税抜)

先ほどのきのこの味が忘れられず、緊急注文(笑)。フレッシュ野菜の上に、きのこ類たっぷり~。きのこのおいしさを存分に楽しめました。

■桜ビア/650円(税抜)

4月限定のメニューです。桜色のビアカクテルは、甘めでお酒が苦手な方でも飲みやすそうなマイルドな味わいです。グラスの中に桜の花びらを沈めてあり、「和」の趣が見え隠れする雅なビアカクテルでした。

■シュニッツェル パルメジャーナー/1,280円(税抜)

細やかな自家製パン粉を使われたという、カツレツ。そんなカツレツですが、トマトソースとチーズに包まれて焼き上げてありました。たたいて薄くのばした豚肉は、柔らかくてジューシー。チーズを贅沢に使って、 ボリュームたっぷりに仕上げてありました。

■ソーセージ 6種/2,500円(税抜)


個人的にすごく楽しみにしていたソーセージ。といいますのも、コチラのお店ではドイツ国際品質協議会で金賞を受賞したスモークソーセージやハーブソーセージなど、常時10種類以上のジャーマンソーセージを用意されているのだそう。好きなソーセージを6種類選べる、コチラのメニューを注文してみました。ハーブのブラートヴルスト、 スモークソーセージ、ピリ辛ソーセージ、チーズソーセージ、3X チビソーセージ、牛ソーセージ。長さがそれぞれ異なるソーセージ、噛みしめたときに弾ける食感がたまりません。中でも深みのあるスモークソーセージは肉汁たっぷり!スモーキーな香りも良く、ヤミツキになるおいしさです。ハーブやスパイスの効いたソーセージはまさに異国の味、粗挽きのお肉の旨みとマッチしていました。そんな中、インパクトがあったのが牛ソーセージです。濃厚でパンチがありました。そんなソーセージに添えてあるザウアークラウトは、箸休めとしても大活躍。ボリューミーな一皿でした。


■本日のデザート/480円(税抜)


この日は「パウンドケーキ バニラアイス添え」で、コーヒーと合わせていただきました。



いただいたお料理は日本人の口に合わせたようなお料理ではないので、本場ドイツの味をじっくり堪能することができました。店内は温かみのある雰囲気で、おひとりさまでも居心地は良いと思います。ただ3人以上で利用される際は事前に予約をされてから行かれることをおすすめします。この日も予約なしで来られたお客さんは入れずにいましたから、要注意です!




シュマッツ 赤坂店
東京都港区赤坂3-19-8
赤坂ウェストビル 1階
03-5545-5424

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

三六・別邸/2016年2月10日、もつ焼き・煮込み専門店が赤坂にオープン☆絶品もつ鍋はダイナミックすぎる!

2016年04月02日 | ├ 赤坂・永田町・虎ノ門
東京・赤坂にある、もつ焼き・煮込み専門店。

千代田線 赤坂駅 1番出口から徒歩2分、また赤坂見附駅からも歩いて3分ほどのところにあります。

この日、「おいしいモツを食べに行こう!」と誘っていただき、コチラへ。「和」と「洋」が融合した2階建ての建物は品格を醸し出していて、赤坂らしさが伝わってきます。靴を脱いで、座席へと進みます。座席は1階と2階にあるようで、私たちは1階に通されました。木をふんだんに使用した落ち着く内装で、友人宅に来たような親しみのある空間なんです。テーブル席の他、広くゆったりとしたカウンター席もあって、ひとりで利用しても居心地は良さそうです。


コチラのお店は「備長炭で焼く旨いモツと素材を活かした料理」をコンセプトに展開している三六(みろく)の4店舗目となるお店で、赤坂エリアに関しては2店舗目となるそう。スタッフさんにおすすめを伺いながら、注文してみようと思います。(ちなみに、お通しも席料もナシとのこと。)


■55ポッピー/600円(税抜)

もつ料理に合いそうな「ホッピー」を注文しようとしたところ、ホッピー(白・黒)の他にホッピー発売55周年を記念して誕生したプレミアムホッピー「55ポッピー」があり、コチラを選んでみました。ホッピーの飲み方として3冷、2凍1冷、1凍2冷などがありますが、1凍2冷(スケーティングシャーベットホッピー)で提供するのが、三六さん流。ひんやりとしたグラスの中には、シャリシャリに凍ったシャーベット状の金宮焼酎が。それに、勢いよく55ホッピーを注ぎます。勢いよく注ぐことで、しっかり撹拌。シャリシャリとした飲み口と、じんわり溶け広がる金宮焼酎のクリアなおいしさが絶妙!このおいしさは忘れられないかも・・・。

■白菜漬け/460円(税抜)

白菜の甘みに、塩の旨みがじっくり溶け込んでいます。昔ながらのシンプルな味わいだけに、箸が止まらなくなりました(笑)。

■しろ/1本 150円(税抜)

コチラの看板メニューという群馬県・上州豚もつ焼き「しろ(大腸)」。まずは、今まで味わったことのない やわらかさに驚きます。これまでのイメージが一転してしまうかも?! そんな秘伝の甘タレをまとった「しろ」はほど良い味付けで、臭みをまったく感じさせません。新鮮さも伝わってきました。

■はらみ/230円(税抜)
■のどぶえ/230円(税抜)
■はつもと/230円(税抜)

やわかく旨みが濃い「はらみ」、 1串で2頭使用する超希少部位「のどぶえ(のど軟骨)」はコリコリとした食感が魅力的、また「はつもと」は脂が多めながらも軟骨のようなコリコリっとした歯触りが印象に残りました。

■豚ばら生姜巻き/1本 250円(税抜)

生姜に、豚バラ肉をくるくると巻きつけて、香ばしく焼き上げてありました。中の生姜は千切りにしてあるのかな?! サクサク感が心地いいです。お肉は少量のはずなのに肉の旨みたっぷり!思っていたよりも食べごたえがありました。

■どて煮込み/690円(税抜)
■ガーリックトースト/1枚 110円(税抜)

もうひとつの看板メニューとのこと。野菜などは加えず、モツと牛肉のみを煮込んであるそう。この日はテッポウ、ハチノス、牛筋など。八丁味噌をベースにしてあって、味に奥行きがあります。しっかり煮込んであるので、口の中でまったりととろけていきます。洋風に?! ガーリックトーストと合わせても、これまた・・・。

■蒸し板わさ/450円(税抜)

やや厚切りの蒸し板わさは自家製とのこと。イカの風味が半端ないです。山葵だけでなく、生海苔の添えてあり、味の変化も楽しめました。お酒はもちろんのこと、ごはんのおともにも良さそう。

■ガリトマト/420円(税抜)

先ほどの生姜が忘れられず、生姜を使ったメニューをまたまた注文させていただきました(笑)。ガリと湯剥きしたトマトを合わせたシンプルな一品なのですが、これまたツボにハマるおいしさ。お寿司屋さんでいただくようなしんなりとガリではなく、シャキシャキ?! ガリガリっとした歯ごたえを残してありました。それに、余分な甘辛さや水分はなく、塩味で生姜本来の風味を引き立ててありました。できることなら、好きな分だけ!テーブル上でガリを山盛りに盛り付けていただきたいくらいです。メインをいただく前のお口直しとしても最適でしたよ。

そして、メインの登場です!
■もつ鍋 しょうゆ(あご出汁)/二人前 2,790円(税抜)


醤油と味噌の2種類があり、友人たちと相談して、醤油ベースに。


それにしても、想像を絶するダイナミックな もつ鍋!!! 敷き詰められたニラは、まるで緑の絨毯のよう(笑)。ほど良く煮込んでいただいてみるとあっさりとしたスープで、食材本来の風味とともにこだわりをも引き立てていました。ジューシーで、脂の旨みが広がるマルチョウは絶品。辛口派なのでスタッフさんに柚子胡椒をお願いして、もつ鍋のピリ辛風味も楽しみました。〆は雑炊にしようかと悩みましたが、他にもおすすめメニューがあるそう。もつ鍋はスープとして余すことなくいただきました。


■いなり2個/250円(税抜)

一般的にいなりずしは油揚げの味付けがしっかりとしていますが、三六さんのはもつ料理と合わせていただくのでさっぱりとした風味に仕上げてあるそう。紫蘇、ガリ、柚子、胡麻とさっぱり系食材を合わせてあって、この段階でもいくらでも食べられそうな感じ(笑)。それに細長いカタチをしていて、食べやすさも魅力的でした。テイクアウト用のいなり8個(1,000円)もありましたよ。

一見敷居が高いようにも感じますが、実のところはスタッフさんはお若い方ばかりでフレンドリーな対応をしてくださいます。それでもメニューのことなどは丁寧に説明してくださり、話を楽しみながら、食事を堪能することができました。モツは好みが分かれてしまうと思うのですが、新鮮なものを丁寧に調理されているので、もしかしたら苦手な方もモツ好きになってしまうかも?!



三六・別邸
東京都港区赤坂3-7-9
03-6441-3690

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ