adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

宇都宮餃子 さつき 徳次郎本店/県産農作物を使用した餃子づくり体験★古民家ならではの佇まいも魅力的!

2016年10月24日 | ├ 栃木県
栃木県宇都宮市にある宇都宮餃子専門店。

東北自動車道 宇都宮ICから10分ほど、またJR宇都宮駅からも日光方面に30分ほど車を走らせたところにあります。大型バスの駐車可能な専用駐車場(無料)もあります。

「餃子の街」として知られる宇都宮市には数多くの餃子専門店があるかと思います。コチラのお店は古民家を改装し、まったりとした雰囲気の中で地元産の食材にこだわった宇都宮餃子をいただけるお店なのだそう。この日、栃木県農政部さん企画!とちぎ産地ツアーに参加させていただき、ご参加の皆さんと一緒に立ち寄らせていただきました。古民家ならではの趣のある佇まいで、飲食店に立ち寄ったというよりはどなたかのお宅に招かれたかのよう。外観同様、店内もほっこりとする落ち着いた雰囲気が漂っていました。座席はテーブル席の他、和室もあり、少人数から最大100名まで利用が可能なんだとか。





コチラでは食事だけではなく、餃子づくり体験(約1.5時間/料金700円~)も行われており、参加者全員で餃子づくりにチャレンジ!!! スタッフさんによりますと、栃木県産の素材にとことんこだわれているそう。皮は栃木県産小麦「ゆめかおり」を、具は栃木県産豚肉「とちぎゆめポーク」、野菜も栃木県産を中心に使用しているそうですよ。




餃子づくりと言っても、この日は餃子のタネを皮に包んだだけだったのですが、これが面白い!!! 餃子の包み方って、それぞれのご家庭でこんなにも違うものなのですね。それぞれに特徴がありました。その餃子をスタッフさんにお渡ししたところ、15分後には「焼餃子」「揚げ餃子」「水餃子」に変身。揚げ餃子は厚皮のカリカリ感がたまりません。


水餃子はつるん!としたのど越しがクセになります。


それでも、やっぱり私的一番は焼餃子かな?! 野菜をたっぷり使われているのであっさりとしているのですが、後から肉の旨みも追いかけてきて高い満足感があります。焼き加減も絶妙で、いくらでも食べれそうな感じでした。それにしても、このような雰囲気の中でいただく餃子は格別な味わいですね。ごちそうさまでした!!!


この日は餃子づくり体験ということで餃子のみをいただきましたが、通常のメニューは餃子に「ゆずみそ田楽」「サラダ」「ごはん(栃木県産コシヒカリ)」「漬物」「デザート」などを合わせたお料理をいただけるとのこと。徳次郎御膳(1,000円)、杉並木御膳(1,500円)、華厳御膳(2,000円)などがあるようです。一般のお客さんが徳次郎御膳を注文されていましたが、バランスの良さそうな内容でした。機会がありましたら、コチラもいただきたいです。




宇都宮餃子 さつき 徳次郎本店
栃木県宇都宮市徳次郎町190-4
028-688-0106

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

湧水の郷しおや 農産物直売所/栃木県内20番目の道の駅★地元農作物などが並ぶ、塩谷町の魅力発信地!

2016年10月03日 | ├ 栃木県
栃木県塩谷町にある道の駅。

道の駅 湧水の郷しおやは国道461号沿い、世界遺産と鬼怒川温泉の都市である日光市への連絡口にある県内20番目となる道の駅です。地元の新鮮野菜の直売をはじめ、地元産のそば粉と名水とで作られたお蕎麦が大人気の農村レストラン「かみざくら」、しおやのグルメを提供する5店舗が集まった「飲食館」などがあります。


農作物直売所では地元農家が栽培した朝採り野菜を中心に、新鮮な農産物や特産品・加工品を販売しているそう。


ただ、立ち寄った時間が閉店1時間前ということで、お目当ての農作物はごくわずかでした。残念ながら選ぶほど種類はなかったですが、それでも新鮮野菜は魅力的。


ということで、この日は2品を購入してきました。ニラ(70円)とトマト(270円)。塩谷町産のニラは幅が広く、しかも肉厚なのでシャキシャキ感が半端ないです。炒めることで隠れた甘みも楽しめました。塩谷町産のトマトは、甘みと酸味のバランスが良く、濃厚な味とみずみずしさを味わえました。


野菜や果物の他、鉢植えや切り花も人気があるようです。



敷地内には交流施設もあり、設置してあるタッチパネルで町の紹介や関係著名人にまつわる品々にふれることができます。機会がありましたら、今度は早い時間帯に立ち寄りたいです。

湧水の郷しおや 農産物直売所
栃木県塩谷郡塩谷町大字船生3733-1
0287-41-6002

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

農村カフェ まがりな/栃木県「道の駅 湧水の郷しおや」内のカフェで出会ったふかふかシフォンケーキ!

2016年09月15日 | ├ 栃木県
栃木県塩谷郡塩谷町にある農村カフェ。


「道の駅 湧水の郷しおや」内には塩谷のグルメを提供する飲食館があります。飲食館には5店舗が入っており、そのうちのひとつがコチラのお店なんです。



そんなコチラのお店ですが、ご主人がおひとりで切り盛りされているそうです。メニューを見てみると、名水仕込みの「エスプレッソ」や地元食材を使われているという「オリジナルケーキ」、スムージー、なが~いドッグ、米粉ピザなど。時間に余裕があれば、エスプレッソとケーキをゆっくり味わいところですが・・・。

この日はテイクアウトで利用。コチラの2種類を購入しました。


むき栗シフォン/120円(税込)

夕方立ち寄ったこともあり、シフォンケーキの種類は6種類ほどに。甘酒味とか抹茶味も気になるところですが、コチラに立ち寄る前に近くの農園で栗拾いをしたばかりだったので、即「むき栗シフォン」に決定(笑)。さっそくいただいてみると、米粉で作られたシフォンケーキということでキメが細やか&ふかふかっとしています。口の中にいれると、シュワシュワ~っととろけていくよう。そんなシフォンケーキには潰した栗を混ぜ込んであり、「和」の風味が見え隠れするまろやかな味わいでした。時折歯に当たる栗の食感がアクセントとなって、楽しみながらいただきました。

黒糖シフォン/120円(税込)

コチラもキメが細やかでふかふかっとしています。風味に関しては、むき栗よりもしっかりとしたコクがあります。それでもどこか懐かしさを感じる、素朴な風味を楽しめました。

ご主人は気さくでお話も上手なので、楽しいやりとりができるのではないかと思います。次回はエスプレッソ片手にお話を伺いたいものです。長すぎる!というウワサのホットドッグや米粉ピザも見てみたいです。


農村カフェ まがりな
栃木県塩谷郡塩谷町大字船生3733-1
道の駅 湧水の郷しおや
0287-47-0688

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

道の駅さぶちゃん/栃木県「道の駅 湧水の郷しおや」にある喫茶店★とちいちごソフトを食べてみました!

2016年09月13日 | ├ 栃木県
栃木県塩谷郡塩谷町にある喫茶店。


「道の駅 湧水の郷しおや」内には塩谷のグルメを提供する飲食館があります。飲食館には5店舗が入っており、そのうちのひとつがコチラのお店なんです。



メニューを見てみると、たこ焼き、焼もち、玉こんにゃく、ソフトクリーム、コーヒーなどがあり、休憩を兼ねて利用しました。この日、ソフトクリームメニューの中からコチラを選びました。

とちいちごソフト/370円(税込)


コーヒーソフトも気になりましたが、栃木ということでやっぱりイチゴは外せず、コチラを注文。商品を受け取り、共有のイートインスペースでいただきます。まったりとしたコクのあるソフトクリームに、いちごソースをたっぷりとかけてありました。ソースは手づくりとのことで甘ったるさはなく、イチゴの風味が凝縮されたおいしさとみずみずしさを楽しむことができました。ややかためのソフトクリームで食べごたえもありました。


オリジナルソフトクリームの他、世界のお茶の専門店「Y's tea」の茶葉を使用した道の駅限定のアイス「ダージリンミルクティ」もあるそうです。この日はすでに完売状態で残念ながら購入することはできなかったのですが、今後機会がありましたら味わってみたいです。


道の駅さぶちゃん
栃木県塩谷郡塩谷町大字船生3733-1
道の駅 湧水の郷しおや
0287-41-6101

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

ホテル東日本 宇都宮「パルテール」/栃木県産農産物をふんだんに使った芸術的なお料理にうっとり~♪

2015年05月03日 | ├ 栃木県
栃木県宇都宮市にあるフランス料理店。


JR宇都宮駅から車で10分ほどのところ、ホテル東日本 宇都宮の最上階(10階)にあります。英国調の重厚感溢れる吹き抜けのラウンジを通って、エレベーターで10階へと進みます。


「記憶に残る時間(とき)」を提供し続けるホテル東日本 宇都宮。


相澤総料理長によりますと、こだわり抜いた栃木県産農産物の旨みを最大限に引き出し、お客さんに満足を超えた「感動」を与えられるお料理を心を込めて作られてるのだそう。


この日、イベントで利用させていただきました。栃木の方でも入手困難といわれている高品質農作物&極上苺を使った、この日限りのお料理をいただけるとのことで楽しみです。

■宇都宮カクテルプレミアム 栃乙女ニューヨーク ハート&ベリー


「ハート&ベリー」さんのイチゴ(とちおとめ)を使ったカクテルです。大きなイチゴを添えてあり、爽やかな香りが広がります。甘すぎず、それでいてまったりとしたコクもあり、エレガントな大人のカクテルに仕上げてありました。カクテルで有名な宇都宮らしい、本格的な食前酒でしたよ。


■丸福農園完熟トマトのマリネとズワイガニ トマトの透明ジュレ添え 丸福農園ミニトマトの飴のコーティングとともに


マリネ液がしっかりと浸み込んだ完熟トマトとズワイガニを透明のジュレで閉じ込めてありました。りんご飴はいただいたことはありますが、ミニトマト飴ははじめて。ミニトマトと旨みと、パリパリ食感を楽しめました。


■上野ファームのホワイトアスパラガス 粒貝と帆立貝の濃厚な卵黄ソース
那須高原牛乳の泡とカリカリに焼いたガダイフ添え


お皿の上にはさまざまな食感を楽しめる食材が集結!まずはホワイトアスパラガスを、まったりとした卵黄ソースを絡めていただきます。濃厚なソースは、ホワイトアスパラガス独特の風味とみずみずしさを引き立てていました。異なる食感の組み合わせにより、新たなおいしさを発見することもできました。

■パン


■ハート&ベリーの苺のベニエと香ばしく焼いたフォワグラ、
県産ドライエージングビーフ ハート&ベリーのとちおとめの軽いエッセンス


フォワグラとドライエージングビーフに注目してしまいがちな一品なのですが、生地で包んだイチゴをふわっと揚げてあったり、泡仕立てに仕上げたとちおとめのソースが使われていたりと、実はイチゴづくしな一皿でした。

■県産プレミアムヤシオマスのコンフィ アボカド包み
丸福農園の完熟トマトのソルベとホワイトヴァルサミコパールとともに


栃木県が開発したヤシオマスの高級ブランド魚、プレミアムヤシオマス。脂が乗ってなめらかなプレミアムヤシオマスと鮮度抜群のアボカドとの相性は抜群です。上品な甘さがふわっと広がる、完熟トマトのソルベもこれまた・・・。

■上野ファームのグリーンアスパラガス アサリのジュレと丸福農園のセミドライトマトソース スキャンピ添え サルディーニャ産カラスミ風味

アサリの旨みが合わさったグリーンアスパラガスとセミドライトマトは奥行きのある味わいです。スキャンピが加わったことで食べごたえもありました。

■Yancha豚のロースト フロムダンベールソース
Yancha豚のクロケット 地元ニラのソース添え


希少取引のみ扱う、幻の豚肉「Yancha豚」の登場です!そんなYancha豚のさまざまなおいしさを味わえるのがコチラの一皿です。低温ローストされているのでしょうか?!生の状態のようなしっとり感!それに、とろけるようなやわらかな肉質なんです。脂身も豚特有の臭みがほとんどなく、コクのある味わいでした。コロッケは繊細なお肉を丁寧にほぐして混ぜ合わせたそうです。ニラソースを合わせることで、肉の旨みがより際立ったような感じがしました。

■野口さんの極上苺のデザート盛り合わせ

何と!6種類のイチゴを使ったデザートなのだそう。那須御養卵を使ったクレームキャラメル、女峰のエスプーマ、バニラアイス おいCベリーのピュレとココナッツソースを添えて。どれも繊細なデザートなのですが、ベースとなるイチゴの風味が芳醇かつ濃厚な味わいなのでイチゴ感をしっかり堪能することができました。

■こだわりの紅茶「Y's tea」の紅茶


聞くところによりますと、宇都宮は紅茶の年間消費量が全国1位なのだそう。このブームの立役者のひとりが紅茶を追求したお茶の専門店「Y's tea」のオーナーでいらっしゃる根元さんなんだとか。この日はドライイチゴをトッピングしたオリジナルブレンド紅茶「とちおとめ紅茶」を淹れてくださいました。ブレンドによりイチゴの香りがさらに引き立てられて、店内が爽やかな香りに包まれました。雑味のない味わいで、気分もリフレッシュできました。


お料理に使われました食材は栃木の方でもなかなか入手できないそうです。農作物そのものが、いわば芸術作品のようなもの!それを高度なテクニックで調理されたら、おいしくないわけがありません!おいしさに、感動が合わさった至福のひとときを味あわせていただきました。このイベントに関われた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

ホテル東日本 宇都宮「パルテール」
栃木県宇都宮市西原町3554-7
028-651-0108

パルテールフレンチ / 宇都宮駅

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ