adagio

食べ歩き・街歩きブログ^^

【川崎】溝口神社/5つの神社を兼務する見どころ盛りだくさんの神社、御神木「親楠」「長寿けやき」も必見です!!!

2020年03月02日 | ├ 神社仏閣/神奈川県
神奈川県川崎市高津区に鎮座する神社。
東急田園都市線・大井町線 溝の口駅 正面口より徒歩5分、JR武蔵溝ノ口駅北口より徒歩5分。改札を出て南武沿線道路を津田山駅方向へと進み、栄橋交差点のところで右折。大山街道に入って真っすぐ歩いていくと参道が左側に。また、境内には専用駐車場(30台)もあります。



創建年代は不明。江戸時代は神仏習合により、溝口村の鎮守として赤城大明神と称されておりました。当時は毘沙門天と弁財天を祀られていたそう。明治初年の神仏分離令に従って神像を裏の興林山宗隆寺に移し、新たに伊勢神宮より御分霊を奉迎。御祭神を改め、社号も溝口神社と改めました。



鳥居

参道の途中に1基。

狛犬


手水舎



絵馬掛け所のうしろに手水舎があります。目を惹くのは、唐子四童子が支える水盤石でしょうか。

社殿


御神木

社殿の左側へ進んでいくと、推定樹齢300年以上と言われる大きな御神木が目に入ってきます。こちらの種子が境内に散布し、子楠が生まれたことから、「親楠(おやくす)」と名付けられたそうです。

稲荷神社


御神木

推定樹齢500年とされる、長寿けやき。幹上部に落雷による損傷が見受けられますが、そこに新たに枝葉が芽吹いて、力強い生命力が感じられます。

垂乳根の銀杏と歯固め塚



子授け・安産・子育てなどの御利益があるそうで、周囲には奉納された歯固め石が積み上げられていました。


御朱印は社殿右側にある「社務所」にていただけます。このときは限定御朱印のみ対応していただけるとのことで、見開きの御朱印(書置き)をいただきました。通常は直書きの御朱印のほか、兼務社である二子神社、御嶽神社、久地神社、久本神社、新城神社の御朱印もいただけるそうです。







溝口神社
神奈川県川崎市高津区溝口2-25-1
044-822-3776

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

【横浜】鶴見神社/横浜・川崎間の最古の神社、「鶴見の田祭り」と「寿老人」の印が押された御朱印をいただきました!!!

2020年01月13日 | ├ 神社仏閣/神奈川県
神奈川県横浜市鶴見区に鎮座する神社。
JR鶴見駅東口より徒歩3分、京急本線 京急鶴見駅より徒歩4分。鶴見駅東口に出て、旧東海道を川崎方向へと歩いていくと左側に鎮座しています。



創建は推古天皇の代(593-628年)と伝えられています。昭和37(1962)年、御神木が折れたことを機に発掘調査が行われました。その結果、弥生時代後期から古墳時代の土師器を中心に鎌倉期に及ぶ多数の祭祀遺物(祭りに使用された道具)が発見されました。これにより推古朝以前より神聖な場所として、すでに祭祀が行われていたことを確認でき、同時に横浜・川崎間最古の社であることも立証されました。かつては杉山大明神(杉山神社)と呼ばれ五十猛命を祭神としていましたが、後に天王宮が合祀され、大正9(1920)年に社名を鶴見神社と改めました。また、毎年4月29日に行われる鎌倉時代から伝わる民俗芸能「鶴見の田祭り」も有名ですね。

鳥居



鳥居の前には干支「子(ねずみ)」の大絵馬が掲げられています。

手水舎



鳥居をくぐるとすぐ右側に。龍の口に柄杓を近づけると水が出るようになっています。

獅子山狛犬



今にも動き出しそうな躍動感が感じられます。

社殿


清明宮

社殿の右側には複数の境内社が鎮座。清明宮には三島由紀夫と森田必勝が祀られています。

祖霊社


寿老人



「鶴見七福神」の寿老人を担っています。 健康長寿・富貴招福・家庭円満・延命長寿などのご利益があり、扉が開く「御開帳」の日にのみ拝見することができます。

関神社


秋葉神社


稲荷神社


大鳥神社


富士塚・浅間神社

本殿の裏に現存する富士塚の頂に鎮座。お山開きの日に限り、登拝できます。

寶物殿

神紋(有職鶴)が印象的です。


御朱印は社務所にていただけます。「鶴見の田祭り」と「寿老人」の印が押されていました。




鶴見神社
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-14-1
045-501-4122

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

【横浜】嗣法山 伝心寺/北条氏ゆかりの古刹★横浜金沢七福神 毘沙門天が祀られており、2体の御朱印をいただきました!!!

2020年01月06日 | ├ 神社仏閣/神奈川県
神奈川県横浜市金沢区にある曹洞宗の寺院。
シーサイドライン 海の公園南口駅より徒歩10分、京急本線 金沢文庫駅東口より徒歩14分。金沢文庫駅東口側に出て、国道16号線(横須賀街道)「金沢警察署前」の信号を渡り、そのまま真っすぐ道なりに沿って歩いていきます。町屋交差点を通り過ぎ、少し歩くと左側に寺標が見えてきました。






山号は嗣法山(しほうざん)。本尊は釈迦如来。宝治元(1247)年、時の執権・北条時頼によって開基されたと伝えられています。また、寺宝のひとつに楠正成の持仏だったという毘沙門天像の縁起書も。そのため、こちらには 横浜金沢七福神「毘沙門天」が祀られています。ちなみに毘沙門天は、上杉謙信など武将の信仰も集める「戦いの神様」として知られています。そのほか、商売繁盛・金運財運などのご利益もあるそうです。






山門


本堂




毘沙門天石像



御朱印は本堂右側にある庫裡にていただけます。この日、2種類の御朱印をいただきました。



嗣法山 伝心寺
神奈川県横浜市金沢区町屋町16-28
045-781-8820

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

【横浜】矢向日枝神社/横浜・矢向に鎮座する神社、日吉大社の神の使い「神猿」の印が印象的な御朱印をいただきました!!!

2019年12月31日 | ├ 神社仏閣/神奈川県
神奈川県横浜市鶴見区に鎮座する神社。
JR尻手駅より徒歩6分、JR矢向駅より徒歩9分。尻手駅と矢向駅の間、南武線の線路にほど近い住宅街に鎮座しています。境内では保育園の子どもたちが遊んでいて、にぎわっていました。



「日吉大社(滋賀県大津市)」の分霊を勧請して、寛永15(1638)年に創建。御祭神は大山咋命(おおやまくいのみこと)、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、豊受比売命(とようけひめのみこと)です。「山王権現」「山王社」などと称され、かつては矢向村、市場村、江ヶ崎村、塚越村、古川村、下平間村、上平間村の七ヶ村の鎮守神でした。また、過去には鶴見川や六郷川の氾濫で度々社殿が破損しましたが、天保14年に再建。明治6年には村社に列せられ、「日枝神社」と改称し、地区内の小社を合祀しました。


鳥居



一の鳥居をくぐると参道が続き、その途中に二の鳥居が建っています。

狛犬

表情豊かな狛犬様。

社殿

日枝神社と書かれた扁額は勝海舟直筆とのこと。


浅間大神の碑


稲荷大明神


やるき稲荷


稲荷社


御朱印は拝殿左側にあります社務所にていただけます。総本山の日吉大社で神の使いとされる「神猿(まさる)様」の印が押されていました。





矢向日枝神社
神奈川県横浜市鶴見区矢向4ー16ー2
045-571-4697

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

【横浜】子神社(ねのじんじゃ)/横濱の大国主さま、2020年の干支「子」にゆかりの深い神社は初詣にもおすすめです!!!

2019年12月30日 | ├ 神社仏閣/神奈川県
神奈川県横浜市中区に鎮座する神社。
京急本線 日ノ出町駅より徒歩4分、京急本線 黄金町駅より徒歩6分。日ノ出町駅を出て、平戸桜木道路を黄金町駅方向へと歩いていきます。「日ノ出町1丁目」の信号を通り過ぎ、次の角を右折、一本入った住宅街にひっそりと佇んでいました。



創建は推古天皇の時代(西暦600年前後)と伝えられ、赤門東福寺が別当寺を務められていたとのこと。社名の「子」とはネズミのことで、縁結びの神様・大国主命のお使いのネズミに由来。文禄3(1594)年に松平越前守が霊地保護のため本社の四隅に禁制札を掲げたことから、「人不入斗宮(ひといれずのみや)」と呼ばれ、立入禁止とされていました。慶応元(1865)年に周辺諸村の神社を合祀し、明治6(1873)年村社となりました。


鳥居


手水舎


クスノキ



境内には樹高20メートルの大きなクスノキが茂っており、こちらの大木からもパワーをいただけそうです。昭和48年横浜市より名木古木に指定。

狛犬


社殿


猿田彦命像

「導きの神様」「道案内の神様」として知られている神様、猿田彦大神。2011年に建立されました。


御朱印は関東のお伊勢さま「伊勢山皇大神宮」にていただけます(※徒歩約15分)。





来年 令和二(2020)年は、子年(ねずみどし)です。初詣は干支にゆかりのある寺社で参拝すると、幸運をより引き寄せることができそうな感じがしますね。子年生まれの方にも良いかも。



子神社(ねのじんじゃ)
神奈川県横浜市中区日ノ出町2-132

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ