adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

<名城シリーズ3>現存12天守のひとつ、四国最大の城郭「松山城」

2012年01月18日 | ├ 中国/四国
お正月、松山エリアを散策してきました。
人気スポットをいくつかまわってきたのですが、今回は松山城を・・・。


松山城は愛媛県松山市の中心部である勝山(標高132m)にそびえたつ、
賤ヶ岳の合戦で有名な七本槍の1人、加藤嘉明が築いた四国最大のお城です。


松山城本丸は標高132mの山頂にあるので8合目付近まで運行している
ロープウェイやリフトを使って登るのが便利なのですが、
今回はお連れ様とご一緒なので、歩いて(走って?)行きました。




太鼓櫓と石垣

扇状の石垣を見ていると、軍事的というよりは芸術性を求めて・・・と思ってしまいます。
見事な曲線美~。

隠門

隠門のすぐ横に筒井門があります。
敵の注意を筒井門に向けさせておいて・・・という戦略?
これらの門の上には続櫓があって、松山城の守りのほどが伝わってきます。

太鼓門


紫竹門


乾櫓

乾櫓は野原櫓や隠門続櫓とともに、松山城に現存する最古の櫓のひとつです。

そしてそして、大天守と小天守。


最後は松山城のマスコットキャラクターのよしあきくん。


走ってここまで来てしまいましたが、見どころはまだまだたくさんありそうです。
石垣好きな方には見ごたえがあると思いますよ。
また、近いうちにじっくり散策したいと思いま~す。


松山城
愛媛県松山市丸之内1
089-921-4873

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします~♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

琴平町散策/御本宮まで785段の石段登り、こんぴらさんへ<後編>

2012年01月14日 | ├ 中国/四国
こんぴらさんのお話のつづきです。

785段目の石段が見えてきました。


上りきると、そこは御本宮です。

本宮の御祭神は大物主神と崇徳天皇で、農業・殖産・医薬・海上守護の神として
古来からの御神徳を仰がれています。
ここまでの道のり・・・というと大げさ!と言われてしまうかもしれませんが、
ここに到着するまでそれなりに歩きましたから、参拝できたことに達成感に近い
感情が湧いてきます(笑)。
ちなみに、私は案内板を見たり写真を撮ったりしましたのでここまで30分ちょっとかかりました。

本宮の北東側へ移動してみます。


そこには高台が広がり、展望台になっています。
ここからの眺めはなかなか~♪
讃岐富士、それから薄らと瀬戸大橋も見えま~す。


そして、こちらは三穂津姫社。
三穂津姫社直所の前には銅馬がありました。


三穂津姫社の南側にあるのは、絵馬殿です。


こんな感じでまわってきました・・・。
この石段ですが、上がりきることだけを考えて黙々と歩くと辛いかもしれませんが、
道中にはさまざまなお店や鳥居などがあったりと見どころがあふれていて楽しいですよ。
目線を変えてみれば、この石段は他にはない大きな魅力かと・・・。

さて、ここからですが下向道を下るのが一般的なのですが、私は裏参道を通って帰りました。
ここは表参道のにぎわいは全くなく、とても静かな中で自然散策を楽しむことができます。
忍ばせていたよそ行きのカメラ(別名 バズーカー)を取りだして、野鳥を撮影しました。
裏参道は紅葉がすばらしいので秋でしたら、断然!こちらのルートがおすすめです。

最後におすすめのおみやげをご紹介・・・。
大門から内側は境内となるため商いは禁止されているのですが、
古くから神社に功績がある五人百姓と呼ばれる5家の商人のみだけが
名物の「加美代飴(かみよあめ)」を売ることを許されています。
お土産用に購入してきました。

砂糖と水飴を煮詰めた手作りのべっこう飴なんです。
ご利益(とくに金運)がありそうな気がするのですが、どうでしょう・・・(笑)。


金刀比羅宮
香川県仲多度郡琴平町892-1
0877-75-2121

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします~♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

琴平町散策/御本宮まで785段の石段登り、こんぴらさんへ<前編>

2012年01月13日 | ├ 中国/四国
讃岐が誇る観光名所、こんぴらさんこと金刀比羅宮に行ってきました。

象頭山の中腹に鎮座し、海の安全、五穀豊穰、大漁祈願、商売繁盛などさまざまな
ご利益のあると全国各地からたくさんの方が訪れています。
そんなこんぴらさんへ行かれたことがあるに方もそうでない方もイメージされるのが
「石段」ではないかと思います。
登り口から御本宮までは785段、奥社までとなると1368段もあります。

金刀比羅宮への参道入口に着き、お店が立ち並ぶ参道をのんびりと歩いていくと
785段の石段がいよいよ始まります!


最初の100段は石段の高さも低く、気軽に歩けると思います。
しかーーし、一之坂鳥居を越えると坂の角度がきつくなっていきます。


このきつめの石段を登りきったところでちらっと後を振り向いてみると、
高いところにやってきた感を得ることができます。
(でも、本宮までは石段がまだ分以上残っているんですけどね)
大門のすぐ手前、右側には金刀比羅本教総本部がありました。


金刀比羅宮の境内に入ると「桜馬場」と呼ばれる平坦な道がしばらく続きます。

4月だったら、この道は桜の花で覆いつくされ桜のトンネルに変身。

そんな桜馬場が終わると、再び石段が待ち構えています。
正面には大きな鳥居「桜馬場西詰銅鳥居」が現れます。


桜馬場西詰銅鳥居の右側には「こんぴら狛」と呼ばれる犬の像が・・・。

飼い主に代わってお参りをしたという犬の像なんです。
道中の費用と初穂料を入れた袋を首に巻き、無事にお参りを済ませると家族のもとへ戻ったという
この狗をいつの頃からかこんぴら狗と呼ぶようになったそうです。

そして、最後は御前四段坂の石段です。


ここを上りきれば、いよいよ御本宮です

つづく。


金刀比羅宮
香川県仲多度郡琴平町892-1
0877-75-2121

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします~♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

<ぶらっと島根14>萩・石見空港→伊丹空港→羽田空港

2010年10月24日 | ├ 中国/四国
石見銀山・・・。
できることなら、もっとゆっくりしていたかったのですが
そろそろお別れの時間となりました。


大田市駅から益田駅、そして萩・石見空港へ。


手続きを済ませて、いよいよ搭乗です。


しまねSuper大使!吉田君がお見送りに来てくれました。

萩・石見空港から東京(羽田空港)への直行便は、1日1便のみなんです。
東京2便化が実現しますこと、私も願っております。

そんなわけで、帰りは伊丹空港経由で東京へ。
伊丹空港までは、DHC8-Q400、通称Q400で。

お初のプロペラ機は、不思議な乗り心地でした・・・。





島根では、2日間楽しく、また癒されるひとときを過ごすことができました。
ご一緒してくださったとーり師匠のおかけで旅行がより思い出深いものとなりました。
2日間、思いっきり振り回してしまいましたが(苦笑)、実は感謝の気持ちでいっぱいでした。
ありがとうございました。
また、旅先で乾杯~!ができますこと、楽しみにしています。



コメント (4)

<ぶらっと島根13>石見銀山 大森の町並み

2010年10月23日 | ├ 中国/四国
大森町は石見銀山の鉱山町として発展した江戸時代の家並みが今も残る町で、
重要伝統的建造物保存地区になっています。


武家や商家、社寺仏閣などさまざまな建物が混在しています。

コチラは重要文化財 熊谷家住宅。

大森町で最も大きい商家です。


大森町では電線の地中化により電柱がありません。
電柱の他、古き良き町並みを守るため、自動販売機もこのように・・・。




環境に配慮され、自然と一体化されているところがとくに印象に残りました。
これからも、銀山盛期から引き継がれてきた変わらない魅力を守っていただきたいです。





石見銀山で出会った美味しいもの。
角寿司

300円(税込)

げたのは

550円(税込)