adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店やチェーン店よりも隠れ家的名店が好物。
レトロな喫茶店とか、一軒家カフェとか。

原価ビストロBAN!品川港南口/駅前商店街の路地裏にある、古民家をリノベーションした肉料理専門のビストロへ!!!

2018年06月10日 | ├ 浜松町・田町・品川
東京・品川駅港南口エリアにある肉料理専門のビストロ。


各線 品川駅港南口より徒歩2分。港南口に出ると目の前に入り組んだ路地商店街「品川駅前港南商店街 」があり、居酒屋や焼肉店などが所狭しと並んでいます。細い路地に一歩足を踏み入れると、昭和の風情を色濃く残す空間が広がって、ここだけ取り残されてしまった感じ(笑)。


コチラのお店に関しては古民家をリノベーションしたお店だそうで、隠れ家感300% 暖簾もなければ立て看板もない、飲食店のオーラがまったくないお店なので、気を抜いているとうっかり通り過ぎてしまうかも。ポストの横の小さな木製看板が唯一目印になると思うのですがなにせ隠れ家感が半端ないので、たどり着けない可能性もあり(笑)。少し時間に余裕をもって訪問されたほうが良さそうです。


そんなこんなでがらがらっと扉を開けると、外観の印象とは異なる空間が広がっていました。座席は1階と2階があり、1階はL字型のカウンター席を中心にテーブル席もいくつかありました。2階は満席とのことで私たちは1階の座席にご案内いただきました。





SNSで話題になっていたコチラのお店。品川駅前にもあると聞き、同僚と一緒にコチラへ。入場料500円(2時間制)が必要となりますが、代わりに約100種類ほどの飲み物をほぼ原価でいただけるそう。生ビールは160円、レモンサワーは80円、ブラックニッカ ハイボールは60円、竹鶴 ピュアモルトは150円と驚きの価格。肉料理に関してもリーズナブルな価格ということで興味がさらに高まるところです。


まずはドリンク!と思ったところでスタッフさんよりお店のシステムについてお話があるとのこと。何やら、オーダー方法にも特徴があるよう。QRコードを手渡され、自分のスマホで読み込みます。メニューが表示されたら、注文可能となります。注文、スタッフの呼び出し、お会計の手続き、すべてスマホを通じて行えます。注文の度、スタッフさんを呼ぶ必要がないからでしょうか?! 何だか店内も静かです。


時間がかかるという肉料理を最初に注文し、その後あれこれと注文してみました。



自家製レモネードサワー/100円(税抜)

柑橘系ドリンクが充実しています。この日は、「自家製レモネードサワー」で乾杯です!!! レモンがたっぷり入っていて、香りとともに楽しめました。

トリュフ枝豆/430円(税抜)

お通しはないのですぐにいただけるものを注文。

野菜のピクルス/400円(税抜)

キュウリ、人参、パプリカ、カリフラワーなど。酸味が控えめでさっぱりとした風味。野菜のシャキシャキ感も心地いいです。

鴨餃子/580円(税抜)

鴨好きとしては無視することはできず、ポチっと注文。添えてあるオレンジポン酢と合わせていただきます。もっちりとした皮と、鴨肉の濃厚な風味がベストマッチ。餃子にはオレンジの皮を散りばめてあり、風味・香りのアクセントに。オレンジがいい仕事をしていました。

ラモンサワー/150円(税抜)

ここで、ライムとレモンのコラボレーション「ラモンサワー」に。

スパムポテト/600円(税抜)

フライドポテトにSPAM(ランチョンミート)を合わせた一品。SPAMもポテトと同様に細切りにカットし、サクっと揚げてありました。スパムフライは旨みと塩味がしっかりとしているので、通常のポテトにはないメリハリのある風味を楽しめます。

黒毛和牛の極上赤身のローストビーフ/100g 1,800円(税抜)
旨み溢れる牛タンステーキ/100g 1,500円(税抜)


そして、最初に注文した本日のメイン料理の登場です!!! 2種類をひとつのお皿に盛り合わせてくださいました。芝浦市場から厳選した黒毛和牛の赤身肉のみを使用したというローストビーフは、山葵やトリュフソースと合わせて。じっくり時間をかけて低温調理されたローストビーフはパサつきはなく、しっとり&やわらか。旨みが閉じ込められているので、本来のおいしさをダイレクトに味わえました。一方の牛タンステーキには、食べる七味唐辛子と青唐辛子のホットソースが添えられていました。牛タンならではのサクサクっとした歯切れのよい食感も魅力的。ピリ辛ソースもほど良いアクセントになって、一気に食べ進めてしまいました。


モヒート/200円(税抜)

ドリンクメニューを見てみると、200円のモヒートがお高く思えてしまいます。金銭感覚がマヒ???

朝〆モツリタン/750円(税抜)

〆は、モツ入りナポリタン。モツの旨みがしみ込んでこってりしているものを想像していたのですが、今風のあっさりとしたナポリタンでした。味付けが控えめな分、モツの旨みや太麺のもっちり感が引き立っていました。モツたっぷりなので、モツ付きな方にもおすすめです!!!

静かでしっぽりとした大人の雰囲気漂う店内。会話を楽しみながらお料理をいただくことができました。おひとりさまやデートにも使えるお店だと思いますよ。


原価ビストロBAN!品川港南口
東京都港区港南2-2-9
03-3472-3030

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

五島人 浜松町店/浜松町駅から1分、五島市公認の居酒屋★鮮度抜群・五島列島の名物料理が勢ぞろい!!!

2017年08月17日 | ├ 浜松町・田町・品川
東京・浜松町駅エリアにある、五島市公認の居酒屋。

JR浜松町駅 金杉橋口から徒歩1分、大江戸線・都営浅草線 大門駅 B4番出口からも歩いて1分ほど。地下1階に飲食店が数店舗、1階にファミリーマートとコチラのお店などが入るビル内にあります。

この日、友人と一緒にコチラへ。駅前の喧騒を感じさせない、「和」を基調とした落ちつきのある店内。座席はテーブル席やボックス席など。仕切りがあるので周囲が気にならず、居心地は良さそうです。また、個室席もあるそうでさまざまなシーンで利用できそうですね。






コチラのお店では長崎港沖100kmにある離島「五島」の魅力を詰め込んだお料理をいただくことができるそう。世界でも有数の大陸棚が広がり黒潮から分岐した暖流対馬海流が流れ込む長崎県 五島列島沖。そんな五島灘が生んだ身が引き締まった鯵や五島近海のその日の鮮魚、さらには五島豚・五島牛なども・・・。これからいただくお料理が楽しみです!!!



ハイボール/480円⇒299円(税抜)


オトクな「ハイボール」で乾杯です!!! 平日17:00~19:30はハッピーアワー、「生ビール」と「ハイボール」は1杯 299円でいただくことができます。これは、外せません!!!


ドリンクとともにお通し(500円)が運ばれてきました。この日のお通しはミニサイズのアゴ出汁しゃぶしゃぶとのこと。アゴ出汁スープに、五島豚と水菜、とろろ昆布を合わせてありました。


鬼岳盛り/2,980円(税抜)


スタッフさんイチオシのメニューは、伊勢海老の姿盛り、あじたたき、ヒメジ、ブダイ、クロダイという豪華な盛り合わせです。伊勢海老に関しては注文が入ってから生簀の中の伊勢海老を捌かれるそうです。お早めにお召し上がりくださいとのこと。さっそく黄身と合わせた甘醤油でいただいてみると、上品な甘さが口の中いっぱいに広がります。この弾力のあるプリプリっとした食感もたまりません。




鯵は大葉、とびっこ、玉葱のみじん切りに加え、ハリ生姜とおろし生姜も合わせていただくのでサラダのような感覚でいただきました。


五島では刺身醤油に一味唐辛子や青唐辛子を入れることから、薬味として青唐辛子が添えられていました。山葵の代わりに青唐辛子をのせていただくお刺身も悪くはないですよ。


鬼岳盛りのお楽しみはこれだけではありません!!! 鯵のアタマと骨は骨せんべいに。


さらには伊勢海老の旨みたっぷり詰まった お味噌汁も登場!!! お祝いの席のように場が華やぎました。お楽しみいっぱいの「鬼岳盛り」は注文すべき一品かと。


長茄子焼き 鰹節まみれ/880円(税抜)

長茄子は皮が固いので炉端に最適なんだとか。えぐみがほとんどなく、果肉もやわらか。シンプルな調理だけに、茄子のおいしさをダイレクトに楽しめました。

厚揚げの炙り/580円(税抜)

スタッフさんによりますと、8分かけて揚げられたそう。アツアツの厚揚げをさっそくいただいてみると、油っこさをまったく感じさせないサクサクっとした軽い食感でした。そのせいか、お豆腐の旨みやなめらかさが際立っていたような?! 香ばしさもあって、お酒のおつまみに最適でした。

生キウイサワー/650円(税抜)

ここで果実味を存分に楽しめる「生キウイサワー」に。

すり身のフライ 自家製タルタル添え/580円(税抜)

浜口水産のすり身を使用とのこと。とびっこがアクセントになった自家製タルタルソースとの相性がよく、もっちりとした食感も印象的でした。

アゴ出汁ふろふき大根とろろ昆布のっけ/650円(税抜)

背の高ーーーいふろふき大根の上に、とろろ昆布をたっぷりのせてありました。大根のみをいただいてみると、アゴ出汁がしっかり中までしみ込んで風味豊かです。とろろ昆布と合わせることでパンチのある味わいに。そこそこボリュームがありましたが飽きのこない味わいで、一気に食べ進めてしまいました。

アゴ出汁/500円(税抜)
五島豚 椿盛り/880円(税抜)
野菜しゃぶしゃぶ盛り合わせ/780円(税抜)
〆の五島うどんとろろ添え/580円(税抜)


名物!アゴ出汁しゃぶしゃぶは、いくつかある食材の中から好きなものを組み合わせて注文できます。外せないのは、五島豚でしょうか。五島豚は、注文を受けてからスライスするというこだわりがあるそうです。とろける食感を楽しめる1mmの薄さ「五島豚 椿盛り」と、ほど良い噛みごたえを楽しめる3mmの薄さ「ローススライス」があり、私たちは「五島豚 椿盛り」を選びました。五島豚、たまご、金箔で椿に見立ててあって、見ため的にも華やか。「東の大島、西の五島」と並び称されるほど、椿の自生地として名高い五島ならではの演出ですね。




薄いスライスということで、五島豚は竹籠の中でしゃぶしゃぶしていただきます。豚肉の食感とは思えないふわとろ食感で、口の中ですぅ~っと消えていきました。アゴ出汁の風味と香りが良く、いくらでも食べれそうな感じがしました(笑)。


野菜もしっかりいただきました。大根、人参、水菜、しめじ、えのきだけ、お麩、お豆腐、わかめと盛りだくさん。


〆の五島うどん(乾麺)は8分ほど茹でてからいただきました。 細くてもコシが強くて切れにくく、なめらかな食感も魅力的。アゴ出汁のおいしさを存分に味わえましたが、うどんに関しては塩味がやや強いように感じました。


注文時にスタッフさんを呼ばなくてもタッチパネルから直接注文できるので(※一部のメニューを除く)、注文の煩わしさを感じることはなかったです。また、お料理が運ばれてくるタイミングも絶妙で、よりおいしくいただくことができたと思います。それにしても、名物料理をいただいていると長崎・五島列島に行きたくなってしまいますね。


五島人 浜松町店
東京都港区浜松町2-6-2
浜松町262ビル 1階
03-6402-3538

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

押忍!盛男 浜松町・大門店/胃袋の限界に挑戦★デカ盛り・メガ盛り料理だらけ、どの山に登頂しますか???

2017年03月10日 | ├ 浜松町・田町・品川
東京・浜松町駅エリアにある居酒屋。


JR浜松町駅 金杉橋口から歩いて2分ほど、大江戸線 大門駅 A1番出口を出て3~4分歩いたところにあります。金杉橋口を出て線路沿いを田町駅方向に向かって歩き、突き当たりを右折。真っすぐ歩いていると右側にお店があります。コチラの看板が目印になるかと。


この日、食べ歩き仲間と一緒にコチラへ。スタイリッシュな和空間が広がる店内、そんな店内のあちらこちらに書かれた熱いメッセージや、時代を感じるポスターが和テイストを感じさせます。




座席はテーブル席やボックス席など。周囲が気にならない座席配置で居心地は良さそうです。



コチラのお店では、豪快すぎるデカ盛りメニューが人気とのこと。お通しから刺身、枝豆、唐揚げ、焼きそば、デザートに至るまで規格外のサイズなのだそう。ジョッキに関しても驚きのサイズなんだとか。メニューを見てみると通常サイズのお料理もあるのですが、ここは男らしく?! 「THE 漢気盛り」シリーズから選んでみることに・・・。


生搾りグレープフルーツサワー/漢気ジョッキ 830円(税抜)


この日は果実味たっぷりの「生搾りグレープフルーツサワー」で乾杯です!!! 漢気ジョッキというのは、何と! 1リットルの超特大ジョッキなんです。通常のグラスとくらべてみると、この差!!! もう笑うしかないですよねぇ(笑)。


漢気あふれるドリンクとともに、お通し(300円)も運ばれてきました。千切りキャベツを「エベレスト」スタイルに盛りつけてあります。そびえ立つ葉っぱの山に、早くも胃袋が反応。ひとまわり縮んだような?!


漢気!枝豆/980円(税抜)

漢気盛りは、通常の3倍の量なんだとか。枝豆はもはや緑色の「富士山」にしか見えない状態。一度食べたら止められなくなるはずの枝豆ですが、一向に山がなくなる気配なし。恐るべし(笑)。

漢気!刺身盛り/1,980円(税抜)


超肉厚!豪快な刺身盛り。この日はカンパチ、マグロ、赤海老の3種類。カンパチやマグロは薔薇に見立ててあり、豪快さの中に美しさもちらり。大輪の花はもっちりとした食感で噛みごたえがありました。


漢気!肉みそあんかけもやし/780円(税抜)

シャキシャキっとした軽快な食感のもやしは、アフリカ大陸最高峰「キリマンジャロ」に変身。ほんのりピリっとした肉味噌がいい仕事をしています。

漢気!唐揚げ/1,380円(税抜)


見る角度によってまったく違う表情を見せてくれる「マッターホルン」のような、唐揚げの山。旨塩と甘酢の用意があったのですが、ジューシーでそのままでも十分。コクと旨みがありました。


漢気!マグロスペアリブ/1,680円(税抜)

マグロスペアリブも豪快であることには変わりはないのですが、幾分か登りやすそうな感じがします。登山界で8,000メートル峰の中で最も登りやすいと言われている「チョ・オユー」と言ったところでしょうか。マグロのアゴの部分を醤油ベースのタレに1日漬け込んだものをオーブンで30分ほどかけて焼き上げたそうです。骨離れが良く、食べやすさも魅力的。甘めの味付けでした。

マグロといくらの応援こぼれ飯/2,580円(税抜)


店中に響き渡る掛け声とともに、スタッフさんが器からこぼれるまで醤油づけのマグロとイクラをごはんに盛ってくださいます。これでもかと言わんばかりに乗せられたマグロとイクラは、雪崩と岸壁で難易度が高い山「アンナプルナ」に見えてしまいます(笑)。さっそくいただいてみると、味付けが私には濃いような?! 盛りつけの最後にたっぷりとタレをかけてくださったのですが、タレは好みで調節できるほうがありがたいです。





漢気があふれる豪快なお料理に囲まれると疲れが吹っ飛び、元気が出ます!!! 重たいお料理を軽々と運び、スマートな対応をしてくださるスタッフさんたちからも漢気を感じました。


さて、次はどの山に登りましょうか???


押忍!盛男 浜松町・大門店
東京都港区浜松町2-12-9
倉田ビル 1階
03-5777-1745

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

フィオーレ(Fiore) /田町駅から3分★隠れ家的イタリアンバル、落ちついた空間でさまざまなシーンで使えそう!

2016年10月04日 | ├ 浜松町・田町・品川
東京・田町駅エリアにあるイタリアンバル。


JR田町駅 三田口から徒歩3分、都営三田線 三田駅からは徒歩1分とアクセス抜群なのですが、第一京浜沿いの道を少し入った路地裏にあるので隠れ家的な感じもします。お店はコチラの看板が目印になるかな?!


この日、食べ歩き仲間と一緒にコチラへ。やわらかなライトが店内を包みこみ、落ちつきとともに温かみも感じます。座席は店内の中央部にあるコの字型のオープンキッチンを中心に左右に分かれています。シェフの調理シーンを見ながら食事ができるカウンター席はライブ感を体感できそう。またテーブル席は隣の座席と程よく距離があって、周囲を気にせず食事を楽しめそうです。





コチラは、イタリアで修行を積まれたフレンチ・イタリアンのトータルキャリア40年の熟練シェフが創る本格イタリアンを堪能できるお店なのだそう。おすすめ料理は数多くあるそうですが、中でも一枚一枚生地から作る もちもち生地のピッツァはぜひとも食べていただきたい一品とのこと。飲み放題付コース料理(前日15時までに、要予約!)もあるそうですが、この日はおすすめお料理を伺いながら注文してみることに。

グラススパークリング/600円(税抜)

スペインのスパークリングワイン「La Rosca Brut」で乾杯です。酸味がありつつも雑味のないすっきりとした味わいです。余分な甘みがないので、この後いただいたお料理ともよく合いました。

ドリンクとともにアミューズ(400円)も運ばれてきました。この日は「フォアグラのプディング」で、カラメル部分にシェリービネガーを使われているのだそう。バルサミコソースを絡めていただいてみると、ややかための食感で奥行きのある濃厚な味わいです。それでも、口の中に残るようなまったり感はなく、あと味はすっきりとしていました。添えてある自家製ブリオッシュのトーストに乗せても、これまた・・・。


アミューズは、もう1品ありました。チーズ風味のシュー皮「グジェール」です。ほんのりブラックペッパーを効かせてあって、スパークリングワインのおつまみとしても大活躍。


ルッコラとマッシュルームのサラダ/900円(税抜)

新鮮なルッコラにスライスした生マッシュルームを盛りつけたシンプルなサラダなのですが、これがウマイ!!! 他の食材にはない生マッシュルームならではの食感がクセになります。さらには口の中でじんわりとチーズの旨みが溶けだし、ルッコラのキリっとした苦味と合わさって、絶妙な味わいに。

生ハム三種盛り/1,200円(税抜)


パルマ産のプロシェットやミラノサラミ、コッパの3種を盛合せてありました。コッパというのは豚の首の後部の肉だそうで、牛肉のような濃い赤色ときめ細かなサシがあって、噛むほどに旨みと甘みを引き出されていきます。それぞれ異なる口あたりや食感、旨み・塩味など食べくらべができるので楽しいです。


二種のチーズを使ったあたたかいテリーヌ/1,200円(税抜)

メニュー説明を見てみると、フランス三ツ星レストランのレシピをフィオーレさん流にアレンジされたメニューなんだとか。コンテチーズとグリエールチーズをベーコンで包み、焼き上げた温かいテリーヌとのこと。ポーチドエッグをドロっとさせ、絡ませてからいただきます。テリーヌの中にじゃがいもが隠れていました。フォンドボーベースのソースにディジョンマスタードを合わせたソースとの相性も良かったです。チーズを使った とろとろのテリーヌはしっかりとしたコクがあり、個人的にはサンドイッチのフィリングな感じでガッツリいただきたくなるおいしさでした。

リモンチェッロソーダ/600円(税抜)

レモンの香りが広がる、リモンチェッロソーダにチェンジ。スタッフさん、ボトルを持ってきてくださいました。「Limoncello Sole Mio」は南イタリア・カンパーニャ産のレモンを皮ごと漬け込んだ甘口のレモンリキュールです。甘口派の方はストレートがおすすめ!

牛ロースステーキ フィオーレスタイル/300g 2,800円(税抜)


楽しみにしていた牛ロースステーキの登場です!!! ちなみに、200gは2,000円、450gは4,000円とのこと。スタッフさんによりますと厚切りの牛ロース肉を時間をかけてじっくりと焼き上げるそうで、注文を受けてから20~30分かかるそう。私たちは早々に注文させていただきました。オーストラリア産牛ロースに、和風オニオンソースを合わせてあるそう。厚切りの牛ロースはやわらかすぎず、噛むともっちりと歯に食い込む肉厚感がたまりません。ソースには生姜と唐辛子も使われているそうで、肉の旨みを引き立てていました。


付け合わせのポテトは、外はカリっと、中はほっくり。食べごたえのある一皿でした。


マルゲリータ/1,000円(税抜)

イタリアの小麦粉「サッコロッソ」を使用するなど、生地にもこだわられているそう。生地のふくらみ方が独特、表面の香ばしさも印象的でした。


店内落ち着いた雰囲気が漂っていますが、週末ならご家族との利用も良さそうな感じがします。カウンター席なら、おひとりさまもゆっくり食事を楽しめそうですね。




フィオーレ(Fiore)
東京都港区芝5-30-1
藤和芝コープ 1階
03-6453-7616

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

バル マルシェ コダマ エキュート品川店/ジンジャーソースたっぷり「ローストビーフ」をテイクアウト!

2016年06月16日 | ├ 浜松町・田町・品川
エキュート品川 1階にある、バル&デリカテッセン。
ヨーロッパの伝統製法と安全性を融合した食品メーカー「コダマ」がバルを併設した新業態店です。ショーケースの商品を見てみると、タパスの盛り合わせ、ホームメイドサルシッチャ、テリーヌ、パルマプロシュート、サラミ、キッシュなど。


今回、コチラを購入しました。
ローストビーフ/100g 648円(税込)


私は138g入りのものを選びました。


牛もも肉を使ったローストビーフは薄切りでソースがたっぷり。ソースは生姜の他、トマト、ニンニクなどを合わせたジンジャーソースでした。ジューシーで旨みたっぷりの炭火焼ローストビーフだったのですが、ソースがしっかり肉に浸み込んで味が濃かったのが気になりました。味に関しては好みが分かれるものなので、ソースは別添えで好みに合わせてかけられるタイプだと嬉しく思いました。


今度はテイクアウトだけでなく、バルで生ハムを食べたいです!

バル マルシェ コダマ エキュート品川店
東京都港区高輪3-26-27
エキュート品川 1階
03-3449-1261

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ