adagio

横浜・川崎を中心に食べ歩き。
有名店より、レトロな喫茶店や一軒家カフェが好物。
御朱印めぐりもしており、更新中!!!

【大阪】法善寺/大阪ミナミのパワースポット、苔で覆われたお不動さんはどんな願いごともかなえてくれるそうです!!!

2019年12月30日 | ├ 神社仏閣/その他
大阪府大阪市中央区難波にある浄土宗の寺院。
御堂筋線・四つ橋線・千日前線 なんば駅より徒歩2分、堺筋線・千日前線 日本橋駅より徒歩4分。大阪ミナミの繁華街から石畳の細い路地「法善寺横丁」に入ると、情緒あふれる空間が広がっています。その横丁に隣接しているのが法善寺です。そんな法善寺横丁ですが、もとは境内だったことから法善寺裏、法善寺露地などと呼ばれていました。









山号は天龍山。本尊は阿弥陀如来。かつては京都宇治にありましたが、住職である中誉専念法師が「金毘羅天王墾伝」の故事に基づき、難波に移転することを決意。現在の地に法善寺が完成したのは、寛永14(1637)年のことでした。また、法善寺一帯の地域が「千日前」と呼ばれるようになったのは、専念法師が行った「千日念仏回向」に由来するそうです。


手水舎




水掛不動尊(西向不動明王)



「水掛不動尊」「水掛け不動さん」と呼ばれる法善寺の西向不動明王は苔に包まれた珍しい姿をされています。400年近い歴史をもつお寺ですが、水掛けの歴史に関しては戦後とのこと。ある日、お参りに来た女性が「願いを叶えて欲しい」とお供えされていた水を手ですくいお不動さんに掛けたことがはじまりなんだそう。水掛不動尊を包む苔は、願いの数だけ広がり、願いの分だけ育まれてきたそうです。表情さえもわからない状態のお不動さんの姿からも、人々の心のよりどころとなってきたことが伝わってきます。ご利益は広大無辺。どんな願いごとも円満に成就するご利益をいただけるそうです。

金毘羅堂



海がすぐそばにあった時代、難波は文字通り、海が荒れることで有名でした。当時の人々は、海上交通の守り神である金毘羅天王を祀り、航海の安全や大漁を祈願したそうです。


大変遅い時間帯でしたが、御朱印は寺務所にていただけました。御朱印の受付時間は8:00~23:00、水掛不動尊・金毘羅天王・お初大神・二河白道堂へのお参りは24時間いつでも可能とのこと。


法善寺
大阪府大阪市中央区難波1-2-16
06-6211-4152

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

【大阪】大阪城豊國神社(ほうこくじんじゃ)/豊臣秀吉公をお祀りする出世開運の神様、オリジナル御朱印帳もあり!!!

2019年12月29日 | ├ 神社仏閣/その他
大阪府大阪市中央区大阪城に鎮座する神社。
JR大阪環状線 森ノ宮駅北口、地下鉄長堀鶴見緑地線・中央線 森ノ宮駅 3-B出口より徒歩10分。大阪城公園内、「桜門」の正面に鎮座しています。


大阪城公園の敷地はかなり広さがありますが、大阪城豊國神社に関しましては思っていたよりもこじんまりとしていました。



明治12(1879)年、京都府京都市東山区に鎮座する豊国神社の大阪別社として創建されました。のちに、京都・豊国神社(とよくにじんじゃ)から独立して豊國神社に改称。京都・豊国神社が豊臣秀吉公のみを主祭神とするのに対して、大阪城豊國神社は豊臣秀吉公・豊臣秀頼公・豊臣秀長卿をお祀りし、出世開運・仕事成就の神様として知られています。





豊臣秀吉公の銅像





境内に入るなり、すぐに目に飛び込んでくるのが高さ5.2m(像3.2m/台座2m)ある豊臣秀吉公の銅像ではないかと思います。秀吉公の視線の先には、大阪城天守閣!!! 今もなお、大阪城を見守られているように感じました。

狛犬




社殿



唐破風に千鳥破風を重ねた重厚感のある拝殿と本殿があります。

白玉神社と若永神社



御朱印は社務所にていただけます。私は通常御朱印をいただきましたが、「お正月限定特別御朱印」や「太閤祭特別御朱印(8月18日)」など限定御朱印もあるようです。




オリジナル御朱印帳は2種類ありましたが、いただきたかった黒地のほうは欠品中でした(残念)。



境内には重森三玲作の石庭「秀石庭(しゅうせきてい)」があり、期間限定で一般公開、それから花見茶会が開催されることもあるそうです。機会がありましたら再度参拝し、時間をかけて大阪城公園内を散策したいです。













大阪城豊國神社(ほうこくじんじゃ)
大阪府大阪市中央区大阪城2-1
06-6941-0229

参加しています。
ポチっと、応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ