情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

麻生は本来、とっくに失脚しているべき人物~決定的な差別発言

2008-09-05 07:34:46 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 ここに来てくださる皆様なら、とっくにご存じだと思いますが、麻生の野中広務に対する差別発言、普通の国ならあの一言で政治生命を絶たれていても不思議はない。自民党に寛大な日本のメディア、市民のおかげで、首相候補にまでなったが、候補のまま埋没させたい候補ナンバー1であることは間違いない。

 そこで、改めて、差別発言を暴いた魚住昭氏の著書「野中広務 差別と権力」から問題部分を引用したい。

  ◆  ◆

 二〇〇三年九月二十一日、野中は最後の自民党総務会に臨んだ。議題は党三役人事の承認である。楕円形のテーブルに総裁の小泉や幹事長の山崎拓、政調会長の麻生太郎ら約三十人が座っていた。

 午前十一時からはじまった総務会は淡々と進み、執行部側から総裁選後の党人事に関する報告が行われた。十一時十五分、会長の掘内光雄が、

「人事権は総裁にありますが、異議はありますか?」

 と発言すると、出席者たちは、

「異議なし!」

 と応じた。堀内の目の前に座っていた野中が、

「総務会長!」

 と甲高い声を上げたのはそのときだった。

 立ち上がった野中は、

「総務会長、この発言は、私の最後の発言と肝に銘じて申し上げます」

 と断って、山崎拓の女性スキャンダルに触れた後で、政調会長の麻生のほうに顔を向けた。

「総務大臣に予定されておる麻生政調会長。あなたは大勇会の会合で『野中のような部落出身者を日本の総理にはできないわなあ』とおっしゃった。そのことを、私は大勇会の三人のメンバーに確認しました。君のような人間がわが党の政策をやり、これから大臣ポストについていく。こんなことで人権啓発なんてできようはずがないんだ。私は絶対に許さん!」

 野中の激しい言葉に総務会の空気は凍りついた。麻生は何も答えず、顔を真っ赤にしてうつむいたままだった。

  ◆  ◆


 麻生が、庶民をどのような目で見ているかがよ~く分かるエピソードだ。彼のような人が総理大臣候補であることを恥ずかしく思う。



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。

コメント (23)   この記事についてブログを書く
« -核で力くらべする、新冷戦... | トップ | FX(外国為替証拠金取引)被... »
最新の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どっちもどっち (こやぶ)
2008-09-05 10:52:50
麻生もひどいけど
野中という人も

どうなのかな~~

と思いますけどね。
カトリックの恥! (kaetzchen)
2008-09-05 16:39:35
寄付金が多いから信者の列に入れているようなもんでしょうか(笑)

どっちにしても,カトリックに列せられているのは母親の影響に過ぎず,父親はしょせん飯塚のセメント暴力団に過ぎない.この二人を結び付けたのがもし統一協会だとしたら,カトリックは自ら謝罪するべきだ.現に麻生氏の秘書の一人は統一協会員である.

# これは私たちプロテスタントの方へも,特に福音系教会に "Power for Living" という,統一協会系のカルト団体が浸透し始めていることからもわかる.最近,韓国ではプロテスタントが強いというデタラメを振り回す連中もこの"Power for Living"である.韓国は基本的にカトリックの国で(日本に国家神道を押し付けられたため),たまたまソウルで統一協会が"Power for Living"を蓑の笠にして活動しているだけなのである.
Unknown (真実)
2008-09-05 23:04:43
誰が総裁=総理大臣になろうが政策権のない日本は変わらないからな

どういうことかと言えばアメリカ追従=まもなく共倒れって具合ですかな…

自己保身のための売国政治家ではなく日本国及び日本国民に利益をもたらす真の愛国政治家はもはやどこにも存在しないのでしょうか…
教会 (こやぶ)
2008-09-06 01:02:38
そうなんですか?
でも私たち真のプロテスタントからすれば
カソリックもサタンが創った偽キリスト教なんだけどな~

ま どっちでもいいか~~

バブル迄はある程度紳士協定があった所の…。 (田仁)
2008-09-06 01:54:08
日本の衆院選において、バブル崩壊後で最初に違法な共産党誹謗中傷ビラを刷ったのが野中さんで。
ま、これから国政に害を与えそうな、麻生さんの方が怖いっちゃあ、怖いですが。
どうせ、口害で早期総選挙でしょ…。
Unknown (通りすがり)
2008-09-06 09:53:17
麻生側は「そんな発言はしていない」と否定しているのに、野中側の一方的な発言だけ取り上げて、さも事実であるように主張するのはアンフェアじゃないの?
あはは (ヤメ蚊)
2008-09-06 09:59:38
なら、沖縄密約も政府がないと言っているのに、あると主張するのはアンフェアなのかぁ???
Unknown (眠り猫)
2008-09-06 14:45:33
 私のブログでは、基本的に、某党総裁選の観測は載せません。次は麻生という前提で、その公共事業ばらまき型政治への対案を模索しています。
 しかし、実際に麻生が首相になり、総選挙になれば、この情報を載せます。それまでは、今載せても影響があまりないので。他にも、「庶民の皆さんには~」などの、完全に特権階級意識の発言や、麻生財閥の元の炭鉱では朝鮮人強制労働があった事実なども、総選挙まで温存しておきます。
 また、へたにそういうことを言うと、愚かなB層は、反韓国感情から麻生支持に回る危険も考え、表現は慎重にするべきだと思います。
 馬鹿は馬鹿ですから。一方でうまく表現すれば、国民たちをさげすむ麻生の本質を暴くことができるでしょう。
まあ、ただ単に第三者的に言って…。 (田仁)
2008-09-06 16:38:13
「麻生さんは如何にも言いそう」である事は否めません。
だって、差別発言の常習犯で(コレが西欧なら幾ら政治生命があっても足りない)、しかも洒落抜きで幹事長になった内閣改造以降だけで、もう口害を調子扱いてブッ飛ばしてますから。
まあ、私が一番問題と思ったのは大分前の、事もあろうに九州で博物館新設のレセプションで、館の方針と真っ向対決する「日本単一民族説」をブチ上げたのが、館が気の毒だったです。
瞬間的に「呼ばなきゃ良かった!」と心から思ったろうなと、責任者とか。
Unknown (TBN)
2008-09-07 22:22:19
野中側の主張の方がどう考えてもウソ臭い。
マスコミにもあれだけの当意即妙の返しをする麻生が野中に言われるがままなんて事は考えにくい。仮に発言が事実だとしても「そんな事は言っていない。真意は~だ。そういうあんただって~じゃないか!」くらいの返しはその場でできそうなもんだし。

というかその一文を読んで下記の文章のようなウソ臭さ(というか都合良く編集された作り話っぽさ)を感じました。



毎日新聞(夕刊) 1998年2月4日 『ナヌムの家』

「好きでやったんだろう」
「売春婦!」
「うるさい、最後まで見ろ!」
先月14日、東京・中野のBOX東中野で開かれた試写会でとげとげしい、やじが飛んだ。
韓国の元従軍慰安婦たちの現在を追うドキュメンタリー「ナヌムの家・パート2」が上映されていた。
やじっていたのは、客席前方に陣取っていた中年の男性2人組だ。会場は騒然となり、収集がつかなくなった。そのとき、会場にいた元慰安婦の女性がすくっと立ち上がって、身の上話を始めた。
日本軍に連行される前からもつらい暮らしだったこと。父親は酒乱で、よそに女性がいて
母親を顧みなかったこと。たまに帰宅すると子供たちに暴力をふるったこと…。
場内は水を打ったように静まりかえった。さて、くだんの男性はというと。なんと、体をがたがたと震わせているではないか。「もういい、帰るぞ」
そのひとは精いっぱいの強がりを吐いて、会場を出ていった。
友人が「ちょっと感動的でね」と教えてくれた。「ナヌムの家」(パート1、2)の
劇場公開は今月14日から。
【佐藤由紀】
http://www.jca.apc.org/usokiji/yuraku.html



毎日新聞(夕刊) 1998年2月5日 <訂正>

4日憂楽帳「ナヌムの家」の記事中、BOX東中野で先月行われた試写会でとげとげしい
やじがあったとあるのは、一昨年の別の試写会での出来事でした。先月の試写会は平穏に行われました。また元従軍慰安婦の女性が身の上を語ったとあるのは、映画の中のことでした。確認不足のため関係者にご迷惑をかけたことをおわびします。
http://www.jca.apc.org/usokiji/teisei.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)」カテゴリの最新記事