情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

刑事手続きの可視化

2005-03-29 06:34:08 | 適正手続(裁判員・可視化など)
 裁判員制度となるのに伴い、警察段階での取り調べの違法性を争う時間を省略するために(裁判員に負担を掛けないため)、取り調べの可視化が課題となっています。
 この取り調べの可視化は、世界の趨勢です。取り調べる側からは、あまり歓迎する声が聞かれないが、イギリスでも警察は当初反対していたが、導入後は、取り調べの違法性を争う事案が減ったため、警察も評価しているといいます。
 どのような方法で可視化を実現するかが、問題であり、最も望ましいのは取り調べの全過程をビデオで撮影することです。

「取調べの可視化は世界の潮流だ ~ アジアで取調べの可視化を実現しよう!」というシンポが4月23日(金)18:00~、弁護士会館2階講堂クレオAB(霞ヶ関駅B1出口)で行われますので、是非ご参加下さい。



http://www.nichibenren.or.jp/jp/event/040423.html
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« イラク戦争、憲法9条と私た... | トップ | 3月28日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

適正手続(裁判員・可視化など)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

「情報流通促進計画:刑事手続の可視化」をよんで (空も飛ぶし水にも潜る)
取り調べの可視化という方向性には賛成。 ただ、思いつくだけで次のような問題点があ...
法と正義の守り手-検察官 (千の天使がバスケットボールする)
検察審査会の最終日検察庁を見学し、ビデオで仕事の内容と簡単な組織の知識をえ、庁内を見学し、最後に現職検察審査官の方達と質疑応答してきた。この間、かかった時間が2時間半。予定より1時間オーバーだった。検察審査員という役割を強制的だが与えられ、ほんのわずかな時