情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

表現の自由をテーマにした初の日弁連人権大会シンポ、11月5日午後、和歌山市民会館で

2009-10-22 02:01:45 | メディア(知るための手段のあり方)
 11月5日、和歌山市民会館で、表現の自由をテーマにした初の日弁連人権大会シンポジウムが開催される。これまでは、表現行為が生み出す弊害、すなわち、名誉棄損やプライバシー侵害をテーマにしたことはあるが、表現の自由をいかに保障し、情報の流通を促進するか、ということをテーマにしたことはなかった。

 きっかけは、昨年8月、日弁連人権擁護委員会内の精神的自由に関する部会の部会長経験者と某弁護士(笑)が、それぞれの危惧を話し合い、ビラまきに対する逮捕・起訴・最高裁有罪確定という流れと新たな表現手段であるインターネットへの規制強化の動き、規制の実績としてのがんじがらめのマスメディア法制について、テーマにした人権大会シンポジウムを開くべきだということで一致し、準備不足を分かりつつ、今年のテーマとして立候補することを部会、次いで委員会で提案、了承を得たうえ、最終的な選考会に臨んだ。例年シンポのテーマは3つ。今年に向けては4つのテーマが提案されたが、表現の自由は見事に(?)通過し、開催が決まった。

 開催決定後は、実行委員会のメンバーの献身的な努力で大会宣言、報告書(500ページ近い)、シンポ本体の準備がどんどん整っていき、無事開催のめどが立った。準備不足との思いは常に頭の片隅にあったが、メンバーの努力がそのような危惧を吹き飛ばす結果を生んだと思う(まだ、終わっていないけど…)。

 報告書では、表現行為に対する制約を

1:市民が直接情報を発信する場面(ビラまき、デモなど)

2:市民が直接情報を入手する場面(情報公開)

3:市民が間接的に情報を入手する場面(マスメディア)

4:市民が新たに獲得した情報を直接受発信する場面(インターネット・パブリックアクセス)

という4つの場面に分けて、検討した。


 某弁護士(笑)は、このうち、3のチームに関わった。

 3のテーマについては、権力などからの独立性及び多様性を軸に据え、正面からマスメディアの限界を見据えつつ、その限界を突破するための提案を行っている。新しい問題では決してないが、独立性と多様性についてここまでの分析がなされた文献は、あまりなかったのではないかな~と思っている。マスメディア関係者のみならず、政治にかかわる市民=すべての市民=にぜひ、読んでほしい。


 シンポは、チラシに記載されたように、それぞれ一家言を持っている方々がパネリストとして登場し、午後いっぱい議論する予定だ。その中に、報告書を作成する過程で行った韓国視察などの成果がビジュアルに盛り込まれる。

 平日の昼間なので、出席しにくいかもしれないが、多くの方にご参加いただければと願っています。


【覚えたい名セリフシリーズ第1弾】





"I'm sorry, but I don't want to be an emperor. That's not my business. I don't want to rule or conquer anyone. I should like to help everyone if possible - Jew, Gentile - black man - white.

We all want to help one another. Human beings are like that. We want to live by each other's happiness - not by each other's misery. We don't want to hate and despise one another. In this world there's room for everyone and the good earth is rich and can provide for everyone.

The way of life can be free and beautiful, but we have lost the way. Greed has poisoned men's souls - has barricaded the world with hate - has goose-stepped us into misery and bloodshed. We have developed speed, but we have shut ourselves in. Machinery that gives abundance has left us in want. Our knowledge has made us cynical; our cleverness, hard and unkind. We think too much and feel too little. More than machinery we need humanity. More than cleverness, we need kindness and gentleness. Without these qualities, life will be violent and all will be lost.

The aeroplane and the radio have brought us closer together. The very nature of these inventions cries out for the goodness in man - cries for universal brotherhood - for the unity of us all. Even now my voice is reaching millions throughout the world - millions of despairing men, women, and little children - victims of a system that makes men torture and imprison innocent people. To those who can hear me, I say: 'Do not despair.' The misery that is now upon us is but the passing of greed - the bitterness of men who fear the way of human progress. The hate of men will pass, and dictators die, and the power they took from the people will return to the people. And so long as men die, liberty will never perish.

Soldiers! Don't give yourselves to brutes - men who despise you and enslave you - who regiment your lives - tell you what to do - what to think and what to feel! Who drill you - diet you - treat you like cattle, use you as cannon fodder. Don't give yourselves to these unnatural men - machine men with machine minds and machine hearts! You are not machines! You are not cattle! You are men! You have the love of humanity in your hearts. You don't hate, only the unloved hate - the unloved and the unnatural!

Soldiers! Don't fight for slavery! Fight for liberty! In the seventeenth chapter of St Luke, it is written the kingdom of God is within man not one man nor a group of men, but in all men! In you! You, the people, have the power - the power to create machines. The power to create happiness! You, the people, have the power to make this life free and beautiful - to make this life a wonderful adventure. Then in the name of democracy - let us use that power - let us all unite. Let us fight for a new world - a decent world that will give men a chance to work - that will give youth a future and old age a security.

By the promise of these things, brutes have risen to power. But they lie! They do not fulfil that promise. They never will! Dictators free themselves but they enslave the people. Now let us fight to fulfil that promise! Let us fight to free the world - to do away with national barriers - to do away with greed, with hate and intolerance. Let us fight for a world of reason - a world where science and progress will lead to all men's happiness. Soldiers, in the name of democracy, let us all unite!

Hannah, can you hear me? Wherever you are, look up Hannah. The clouds are lifting! The sun is breaking through! We are coming out of the darkness into the light. We are coming into a new world - a kindlier world, where men will rise above their hate, their greed and their brutality. Look up, Hannah! The soul of man has been given wings and at last he is beginning to fly. He is flying into the rainbow - into the light of hope, into the future, the glorious future that belongs to you, to me, and to all of us. Look up, Hannah... look up!"




【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 読売新聞が「情報通信法案、... | トップ | 放送の独立行政機関について... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事

トラックバック

大島のようなキチガイなんか殺してしまえ! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 「陛下のお言葉に触れるとは何事か」自民幹事長が批判(朝日新聞) について.  私は 基本的に「共和主義者」である.但し「無政府主義者」でもある. 従って,「天皇制の存在は廃止・死刑」という立場にある.なぜなら「共和制」というのは「国王」「天皇」の存在を許...