情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄返還日米秘密合意を裏付ける文書を9月早々、公開請求!~詳細は明日のサンデープロジェクトで

2008-08-23 22:50:14 | メディア(知るための手段のあり方)
 沖縄返還の際に日本政府が秘密裏に米側に基地移転関係費の提供をすることを約束した合意文書は、米国ではすでに公開されているが、日本政府はいまだに秘密合意の存在自体否定している。この秘密合意文書を情報公開請求する動きがあることは一度伝えたが、明日のサンデープロジェクトで、この件について、報道される予定だ。アメリカで公開されているにもかかわらず、建前だけでその存在を否定する政府は、本来なら、一発で解散に追い込まれても不思議はない。堂々と有権者に嘘をついているのだから…。

 この問題は、有権者としては必ず知っておかなければならない問題だ。

 明日朝10時からのサンデープロジェクトで、ぜひ、この特集をみてほしい。

 なお、この問題を報道したジャパンタイムズの記事も紹介します。







【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 斎藤貴男さんが怒りの記者会... | トップ | 交渉べたの日弁連~裁判員制... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コレ怖過ぎなんですけど? (akira)
2008-08-24 03:04:39
「片岡晴彦さんを支援する会」
http://www.geocities.jp/haruhikosien/

「雑草魂」(片岡さんのブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/zassou1954

((((;゜д゜)))ガクガクブルブル
片岡晴彦さん事件について (匿名)
2008-08-24 11:33:43
いつも拝見しております。

オフトピな投稿なので、削除していただいても結構です。

ご存じかもしれませんが、高知で、無実のバス運転士の方が、有罪となり。最高裁でも上告棄却となってしまったそうです。

事実の認定はなかなか難しいことだとは思いますが、当事者とは関係の無い一国民として憤慨し、こちらのサイトに投稿してしまった次第です。

大変失礼であることは重々承知しております。重ねてお詫び申し上げます。
インチキ裁判 (伊賀 敏)
2008-08-24 11:43:26
いつも私が言ってることそのままじゃないですか。

日弁連は容認するんですか?インチキ裁判を。

日弁連も最高裁と同じ仲間じゃないんですか?


怪しいなぁ~~~
国策裁判 (ましま)
2008-08-24 13:09:48
サンプロ見ました。断片的には知っていましたが、最高裁がここまでひどいとは……。

日本に住んでいるのがつくずくいやになりました。
懲りない政府は…。 (田仁)
2008-08-24 22:15:31
国会図書館の中立性放棄や見え透いた密約隠し(隠せば隠す程、後に政府が密約履行を迫っても国民は知らんぞ!密約締結者だけが責任を取れ!と、逆手に取っちゃえばイイんじゃない?!)に懲りず、海賊取締りに日本周辺どころかアラブやアフリカの公海でも(開戦行為ともなり得る)臨検や拿捕が可能な法案を日本政府は今秋作定する計画、と民売新聞が報じました。
わるいな~~~ (こやぶ)
2008-08-26 22:01:16
こいつら今もし生きてりゃ「死刑」だぜ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

・堤未果さんと憲法21条そして、「西山記者事件」とは (杉浦 ひとみの瞳)
堤未果さんという方をご存じでしょうか。 ちょうど昨日(8月22日)の毎日新聞の夕刊の「本の現場」というコーナーに、白いブレザーを清々しく着こなしたステキなお写真入りで著書「ルポ 貧困大国アメリカ」の紹介記事が掲載されていました。 アメリカで証券会社に勤...
軍事・安全保障に関する情報を覆い隠すための「秘密保護法制」の制定に向けた新たな動き (未来を信じ、未来に生きる。)
主張 「秘密保護法制」 狙いは国民の目をふさぐこと --------------------------------------------------------------------------------  軍事・安全保障に関する情報を覆い隠すための「秘密保護法制」の制定に向けた新たな動きが、政府のなかで強まっています。最近...
自公政権・法務省が国民の知る権利を侵害ー国会図書館に圧力をかけ、日米密約資料の閲覧を禁止ー (未来を信じ、未来に生きる。)
主張 裁判権資料隠ぺい 密約の後ろめたさゆえにか --------------------------------------------------------------------------------  犯罪を起こした米兵への日本の裁判権を不当に制限した日米密約の内容を盛り込む法務省資料を、同省が五月になって国会図書館に圧...
HP (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
是非ご一読ください。
司法の独立はどこへ (志村建世のブログ)
杉浦ひとみさんに教えていただいて、今朝の「サンデープロジェクト・言論は大丈夫かシリーズ」の「国のウソ、回避する司法」を見ました。沖縄返還交渉の過程で、日本政府とアメリカとの間で交わされた密約について、これを暴露した新聞記者が起訴・有罪とされた「西山...
恐怖の「自民党新憲法草案」 (高野 善通のブログアネックス)
 昨日は憲法関連イベントで「自民党新憲法草案」についてディスカッションをしました。裁判員制度批判の立場からは、憲法12条・13条が議論の中心となるので、これについて意見を述べたいと思います。  日本国憲法12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は...
裁判権放棄の日米密約は今も忠実に実行されているー在日米軍の法務担当者らが二〇〇一年発表の論文ー (未来を信じ、未来に生きる。)
米兵犯罪の裁判権放棄 日米密約 今も有効 2001年 米軍法務担当が論文 法務省、否定せず --------------------------------------------------------------------------------  米兵の「公務外」の犯罪で「特別な重要性」がない限り日本側が一次裁判権を放棄すると...
“国のウソ、回避する司法” サンデープロジェクトで放送 (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
8月24日のテレビ朝日系サンデープロジェクトで大谷 昭宏さんのシリーズ「言論は大丈夫か」第13弾 “国のウソ、回避する司法”との放送があった。 内容は1972年の沖縄返還に絡むアメリカとの「密約」それは沖縄返還のため「日本がアメリカに400万ドル=当時の...