情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

橋本勝の政治漫画再生計画-第35回-

2006-08-30 11:14:29 | 橋本勝の政治漫画再生計画
カストロが倒される日

【橋本勝さんのコメント】
 イラク情勢はどんどん悪化,おまけにラテン・アメリカでは左派政権が次々と誕生し反米の勢いは強まるばかりと,ブッシュさんも頭が痛い。そんな中で朗報が,キューバのカストロ議長,重病のニュース。何しろケネディ,ジョンソン,ニクソン,フォード,カーター,レーガン,ブッシュ(パパ),クリントン,そしてブッシュとアメリカではこんなに多くの大統領が代わっている間,キューバのリーダーであり続けたカストロ。自由主義のアメリカの鼻先にある社会主義の国。武力侵攻にも,経済制裁にも,冷戦構造の崩壊にも耐え抜いたキューバに,最大のピンチである。
 そんな今,ブッシュは夢を見た。あのレーニン像や,フセイン像にように,巨大なカストロ像が民衆によって引きずり倒されるのを……でも残念,キューバにはカストロ像など全くないことを,ブッシュさんはご存知なかったのだ。


【ヤメ蚊】
ブッシュのことだから,キューバってイラクの横にあるって思っているかも…




※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 徹底したイラク陸自取材妨害... | トップ | もう一度生まれたら,花に »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (自国の国家体制は自国に生活する人民が決める。)
2006-08-30 14:38:28
 アメリカ政権は民族自決権を蹂躙するブッシュ独裁ですね。



 他国で起こる国家権力による人権侵害を理由に軍事介入するのならば、人権侵害のない国家などないのだから、民族解放・人権解放の大義名文を掲げた国家間戦争になります。



 そんな国家間戦争をなくすには、自国の国家権力の人権侵害はその国で生活する人民が決定するという民族自決権の完全実施が必要となります。



 そして、国際法は国家権力の人権侵害に対する諸国家で生活する人民の権利を最大限保障しています。



 つまり、国家権力に対して、一国内で労働者・民族・人民が行うゼネラル・ストライキとデモ等での平和解決手段に対し、国家権力が警察・軍隊・監獄等の暴力装置を作動させる場合において、国際法は民族自決権の最終手段としての歴史的な正当防衛権、つまり革命権をそれぞれの国家の人民に保障しております。



 キューバの独裁国家権力を民主化する権利はキューバ人民の自由であり、アメリカ政権が軍事介入することは戦争のない国際社会に向けて進む民族自決権・人権実現・平和運動に対する逆流であって、歴史的な愚行であり、法の下に野蛮な戦争犯罪であると断罪されねばならない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

橋本勝の政治漫画再生計画」カテゴリの最新記事