情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカに嘘をついてくれと頼んだ人物が責任者としてまとめたグアム移転協定に縛られる必要はない!

2010-05-23 17:23:59 | 有事法制関連
 オスプレーの沖縄基地配備について、米側に対し、その時点で決まっていた配備計画を伏せるように懇願した防衛庁(当時)のタカミザワなる人物が、高見澤將林防衛政策局長であることを知っていましたか?私は今日初めて知りました。

 オスプレーをめぐる懇願疑惑はについてまだ、お読みでない方はこちらをどうぞ→「アメリカに嘘をついてくれと懇願した防衛庁~普天間代替基地へのオスプレー配備に関する連絡文書」(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/361013834a9ffc81501ccd1e64ad4073)

 高見澤將林氏は、2008年1月に、現在のポストにつき、沖縄基地問題について、中心となって担当してきた人物。2009年2月に調印されたグアム移転協定も彼が責任者として進めたわけだ。

 この人物がなんと、オスプレー導入について、米側に対し、日本には黙っておくように伝えた人物であった。

 琉球新報は、昨年4月、つまり、グアム移転協定が国会で承認される前に(もちろん、政権交代前)高見澤氏を取材し、

●―文書にある「ミスター・タカミザワ」とはあなたか。

◎「私でないと言うのは難しい」】

という回答を導いているのだ。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-143460-storytopic-3.html
 

 このことは本土のマスメディアはほとんど取り上げていない。

 しかし、グアム移転協定について国会での承認前に、日本側の担当者が、日本の有権者に嘘をつくように米側に懇願するような人物であることが報道されていたら、簡単に国会で承認されなかったのではないだろうか。沖縄でこの特ダネが報道されたにもかかわらず、無視した本土メディアは、内閣官房報償費(機密費)、いや、防衛省にも報償費(機密費)があるようだから、それをもらったのではないだろうか?
 
 というか、そもそも、そういう輩が結んだ協定だから、沖縄からではなく、米国本土からグアムに移転する兵士の家族の宿舎まで日本側が負担するようなとんでもない計画となったのだろう。(米国本土からグアムに移転する家族の豪邸もプレゼントすると約束した自民党の罪~東京新聞渾身のスクープ http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/63fe19f4a5b447036f25b31cc7a2b1cd )

 奇しくも、今日、鳩山首相は、辺野古案しかない旨、沖縄知事に説明した。

 しかし、その辺野古案を前提としたグアム移転協定は、高見澤なる「市民の敵」が主導して締結したものであり、かつ、鳩山首相は見直しを考えたが、その人物が防衛省ナンバー3とも言われる立場に居続ける中で、ついに、見直しを実現することはできなかった。

 そりゃ無理でしょう。この協定を結んだ幹部の影響を排除できないまま、見直したのでは同じ結果になるのは当然。しかも、この第2の沖縄密約ともいえる、オスプレー疑惑について、責任を取らせないままなんだから、なめられるよね。

 ということで、これはもう、国中あげて、基地の沖縄県内移転に反対するしかないのではないかと思う。

 民主党の政権交代を「維新」とみるならば、基地問題の見直しは「不平等条約の改正」だ。

 日本は、江戸幕府が締結した不平等条約を改正するのに、時間をかけ、労力を、かけ、知恵を出した。

 一方的な基地提供+思いやり予算の支払いを、「自腹で軍隊を持ったら、もっと、費用がかかる。それでは経済成長できない。米国を利用しよう」というマジックワードに騙されて、ず~と当たり前のように受け入れてきた。

 これは不平等条約と言ってよい。

 しかし、自衛隊は十分な兵力であり、それだけでも中国が攻めてくるはずもない。

 少なくとも、海兵隊が引いても、現時点では、米陸海空軍が残るんだから、何の心配もない。

 マジックワードから目を覚まし、本当に脅威はあるのか、あるとしてどのようなものか、そして平和的手段も含めどのように対応するのべきか、将来的にはどのような方法で平和を築くか、ということを検討するべきだ。

 そのこと自体に反対する人はいないはずだ。

 あとは米国との関係をどう考えるかだけ。

 占領されていた地域の一部を自立国家として取り返すのを、びびっていたんじゃぁ、ほかの国からも、相手にされないよね。世界は米国だけではないんだからね。

 というか、自国内にいつまでも占領された地域を抱えている国が、他国との領土問題を解決できるはずないよね。自分の国の中の問題も解決できないくせに、国境の問題なんか解決できるはずもないだろう、おぼっちゃま、ってところだろうか…。

 みんなでできる「ごいっしん」はオバマ大統領へのメールやツイッターでのアピールだろう。

 思いを伝えましょう。

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.


これに関する丸激の解説→http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/180.html

 


 
 


【ツイッターアカウント】yamebun

【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 【喜ばしい追記あり】総務委... | トップ | 戦争で儲けるものを戦場へ送... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

有事法制関連」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

これでは哨戒艇「天安」の兵士は浮かばれないのでは? (ちょっと一言)
 韓国の哨戒艇[天安」が沈没した原因が北朝鮮の魚雷攻撃だとの調査結果が公表され、アメリカ・韓国・日本が北朝鮮制裁に大きく踏み出そうとしている
大阪市議補選 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年5月24日 月曜日 大阪市議補選 一地方の補欠選挙だが、面白い結果が出ている。                     出口調査によると先の衆議院選挙で民主党に投票した中で約半数が橋下知事の率いる大阪維新の会に投票民主党は24%しか支持者がなかったらし...