情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新靖国Q10..歴史問題はいつまで続くのか。靖国神社参拝をやめても、ほかの理由で文句つけられるのでは

2007-02-03 22:45:09 | 靖国問題Q&A
Q. 歴史問題はいつまで続くのでしょうか。靖国神社への参拝をやめたとしても、中国や韓国は他の理由でまたいろいろ言ってくるのではないでしょうか。



A.靖国問題を解決しても、歴史問題で中国や韓国がなおいろいろ言ってくるかもしれません。しかし、私達日本人としてはまず靖国問題を解決すべきなのです。

    前述したように2005年3月1日、韓国の盧武鉉大統領は、日帝の植民地時代に起きた「三・一独立運動」の86周年記念式典における演説の中で「日本はすでに謝罪した。我々は日本にくり返し謝罪を求めようとは思わない。謝罪に見合う行動をすることを求めているにすぎない……」と述べ、植民地支配はよかったなどと相も変らずなされる日本国内における「妄言」に警告しました。私達は、この警告を真摯に受け止めなくてはならないと思います。
    韓国はともかくとして、中国政府は歴史問題を外交カードとして使用しているのではないかと見られるふしがないわけでもありません。しかしそうさせないためにも、まず私達が靖国問題について解決すべきなのです。その上でもし理由のない批判がなされるようなことがあったならば、それには毅然とした態度で臨めばいいのです。
    今年6月サッカーワールドカップがドイツで行われましたが、その開催に合わせてニュールンベルグの競技場に、ナチスの非道を記した碑が建てられたといいます。ニュールンベルグは、ナチ党大会が行われるほどナチ党ゆかりの地であったのです。歴史問題は永遠に記憶され、私達はそれと向き合ってゆかなければならないものです。
    1985年5月8日、西ドイツ(当時)ヴァイツゼッカー大統領は、欧州における戦争終結40周年を記念して行った演説「荒野の40年」において「過去に目を閉ざすものは現在を見ることができない」と述べ、全世界の人々に深い感銘を与えました。
    1989年昭和天皇の死に際して、ヴァイツゼッカー大統領が大喪の礼に参加することを知り、私達は市民の立場で日本国内は必ずしも天皇賛美一色ではないことを伝えようとして同大統領に手紙を出したことがあります。
    1週間後、駐日ドイツ大使館を経由して、同大統領の署名入りの返書が日本語訳文を添えて届きました。
返書は「御趣旨を拝読し、文面とそこに含まれる貴国現代史との取り組みを貫く皆様の真摯な態度に強い感銘を覚えました。」という丁寧な書き出しで始まる格調の高いもので、同返書中の「いかなる民族も各々の歴史に、その高揚の時と低迷の時代を含めて自覚を持たねばなりません。とはいえ、自らと己の歴史にけじめをつけることは、全くそれぞれの民族に委ねられた事柄であります。」という一節に深く感銘を受けました。
    河野洋平衆議院議長も朝日新聞の「歴史と向き合う」シリーズのインタビューの中で、
──若い政治家の間では、日本の過去に誇りを持つべきだという意見が強いようです。
「世代の問題ではなく、事実に目をつぶり、『なかった』とうそを言うことは恥ずかしいことです。知らないのならば、学ばなければならない。知らずに、過去を美化する勇ましい言葉に流されてはいけません」
(2006年10月26日付朝刊)
   と述べています。

■■以上、内田雅敏弁護士執筆■■

犬死にさせられたことへの怒りを持とう!

なお、新靖国Q&AのQ2~Q9までは、旧Q&Aとダブっているのでここでは省略します。後ほど、改訂版を掲載します。





★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 安倍のみならず、自民党も日... | トップ | 公明党も今国会での憲法改正... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (七誌)
2007-02-04 00:57:14
で、日本はドイツのように東条以下に責任をなすりつけろというわけですか。
当然でしょう! (ヤメ蚊)
2007-02-04 08:14:16
戦争を遂行した責任は、国民にではなく、当時の政権にある!

そのうえで、そのような政権を生み出した国民自身も反省すべき点を振り返るべきなのです。東条以下の責任を問わないで一億総懺悔などというあいまいな形にしてしまったこと自体、反省すべきなのです。
根源的な問題点は法治でも放置してきたでつ (冥王星)
2007-02-04 11:35:31
戦犯とかの概念はどうでもいいんですが(勝手解釈の問題です)とりあえず、なんで国内法で戦争責任は問われないのか?という疑問点がつきない。戦争責任ではなく戦争状態における軍法や戦時法の課題で裁かれるべき人はいるだろうと思う。(これも勝手解釈だが)
結局、主権者ではない国民が政治の結果責任を負うのは当然ではなく、仕方ないものになっていて、一億総懺悔なんてのは実害でもう完了しているとも言える。(政治の結果責任を負ってしまった時点で)
ドイツと日本の比較論において周辺国の理解度の差異はあれど、日本が戦後総括ができていると認識しているアジア諸国は実際は少ない(好意的なインドネシアであっても総括が終わってるとは思っていない)
彼らが何を求めているのか?という問題よりも、現在の日本国で十全たる処分が下っていないという判断は必然だと思う・・・しかし、一方では「死者に鞭を打たない」という倫理観がある日本人だからこそ、の一面もあるわけで、どちらが優先されるのだろうか?
(っていうか、いい加減、内政干渉という馬鹿な理屈を主張するのは、やめましょう・・恥ずかしいです)
あえて、責任論で誰かに特化することはなく、分散しておくべきであり、国民も国民が推戴した(厳密には推戴してない)政治家も責任は同義とは言い切れない。政治責任があるからこそ、政治家なのであるから・・・・
意味不明ですが、責任論は感性的すぎるので嫌いです。
むしろ、責任論で自己責任を逃避するような手法が鼻につくので・・・・・・・これは思想性の問題でしょうが・・

ちなみに弁護士法違反の西村眞吾はまだ衆院議員職を辞職していないのだが、弁護士業界も自己浄化作用が・・・弁護士活動だってそのうち始められるでしょうしwww組織犯罪処罰法が摘要される弁護士ってかなりヤバス
っていうか、みんな忘れすぎてない?こういう過去のこと・・そういうことから総括しないから、問題山積する。とか煽ってみます
ちなみに、拉致家族会は自分達の活動のためには犯罪者の減刑を願ってしまう人なんですよねぇ・・・こういう危ない人が世の中でメインストリーム化している方が、法治主義国家の危機ですが・・・戯言ですから・・
責任論は弱きを助け強気を挫く思想性では? (東西南北)
2007-02-04 18:09:06
 冥王星様へ

「「意味不明ですが、責任論は感性的すぎるので嫌いです。むしろ、責任論で自己責任を逃避するような手法が鼻につくので・・・・・・・これは思想性の問題でしょうが・・」

 自己責任というなら、今現在の学者、学会の庶民に対する説明責任が不十分であるから、庶民が冥王星様のおっしゃる「感性的」になるのでは?大学教育の実際は最悪では?学生の自己責任に転嫁する学者に良心があるのですか?鼻につくのは庶民・学生ではなく、学者の開き直りでは?

 だいたい、何が論理的で、何が感性的か、が何故、それほど重要なのかの自説はありますか?感性的認識と理性的認識は相互補完的であり、行動において統一されるというのが一般的では?感性のレベル、理性のレベルの高低基準は何ですか。お示しください。

 学者が認めれば高くて、認めなければ低いという基準では、最悪の主観論では?客観基準をご提示ください。僕は権威主義は鼻持ちなら無いからです。
経団連献金が今 (田仁)
2007-02-04 19:24:45
民主:自民に6千万:24億2千万の比率で。
ま、施政者が誰かって意味で、妥当な値段の着け方と思いますが。
何故か日本人は責任を拡散させるのがお好きなようで、ソレも正力CIAなんかの陰謀でしょうか?
確かに戦後からずっとです、その傾向。
Unknown (冥王星)
2007-02-04 19:28:32
東西南北氏へ

頭大丈夫ですか?場外乱闘は本義じゃないのこれっきりにしますが・・
そんなに主観論がいいなら、”そんなの自明の理です”という論法使えばよろしいと思います。
自分の論理が十全だと思ってる人のよく使う恥ずかしい言葉です。
自分が正しいという確信してる人が過ちを犯すことは言うまでもないでしょう。ポピュリズムでも学者が信じられてしまうのは、リテラシーがないだけのアフォだけですし
主観論を正当化する前に、客観論を構築するだけの知識を身につけましょう
”そんなの自明の理”とか主観論で納得させられるとでも言うのでしょうか?そんな主観論で納得するバカがいれば見てみたいですね・・・結局は説得力もつのは論理性のあるものでしかありません・・それがどんなに稚拙な論理であっても要は主観としての品性の問題です。論理性の担保のない主観は文化論以外ではありえそうもないです。
ちなみに読解力がないようですが、一度でも「学者が認めれば高い」などと言ってますか?(ここの部分は不都合だから回答しないだろうが)
多くの学者が疑似科学で人類を騙したように、学者の価値は学者よりも世間が決めるのでしょうw
どうでもいいことですが、他人の言質を正確に理解しないで背理法で結論付けるのはやめましょう・・知的貧困が露呈してます
・背理法 
「Aは正しくない」これを「Aは間違っている」と結論つける思考法(二元論思考とも言う)
「Aは間違っている」ことは別個で証明作業が必要なのは言うまでもないが、より知性が低い人が起こす思考(思考回路がショートしがちな人の思考)
以上・・・ちなみに、理系知能は背理法はしませんけど、文系知能はやりがちなので注意しましょうね。
冥王星さまへ。 (東西南北)
2007-02-04 21:12:16
 質問に回答しないのは何故でしょうか。

質問1:だいたい、何が論理的で、何が感性的か、が何故、それほど重要なのかの自説はありますか?感性的認識と理性的認識は相互補完的であり、行動において統一されるというのが一般的では?感性のレベル、理性のレベルの高低基準は何ですか。お示しください。

 学者が認めれば高くて、認めなければ低いという基準では、最悪の主観論では?客観基準をご提示ください。僕は権威主義は鼻持ちなら無いからです。

質問2:「どうでもいいことですが、他人の言質を正確に理解しないで背理法で結論付けるのはやめましょう・・知的貧困が露呈してます」

 僕の文章のどこが背理法ですか?

質問3:ちなみに読解力がないようですが、一度でも「学者が認めれば高い」などと言ってますか?(ここの部分は不都合だから回答しないだろうが)

 言ってないですよ。僕がそのように断定しましたか?お答えください。ま、こんなレベルの言った言わないを持ち出すことが「空論」ですよ。どうでもいいです。

 僕の質問に答えてくれませんか?

「「意味不明ですが、責任論は感性的すぎるので嫌いです。むしろ、責任論で自己責任を逃避するような手法が鼻につくので・・・・・・・これは思想性の問題でしょうが・・」

 自己責任というなら、今現在の学者、学会の庶民に対する説明責任が不十分であるから、庶民が冥王星様のおっしゃる「感性的」になるのでは?大学教育の実際は最悪では?学生の自己責任に転嫁する学者に良心があるのですか?鼻につくのは庶民・学生ではなく、学者の開き直りでは?

追記:頭大丈夫ですか?は不要です(笑)ま、学者の先生からよく言われているのですかな?同情します(笑)

Unknown (冥王星)
2007-02-05 00:03:21
回答してるでしょ・・「場外乱闘はしない」
これほど明確な回答はありません。
それを回答と理解する知性がないのが、自分の感性がすべてな証明ということです・・質問したいならこちらのブログでどうぞ・・
ここでやる気がないことをわざわざ宣言していることも理解する知性がないのは・・どんなもんでしょうか?繰り返さないと分かりませんか?
そういうことで、面倒なので、ご自由に・・
あなたの勝手解釈に任せます。。こちらが言った内容を理解できないのはあなたの問題であってこちらの問題ではございません。(説明しても無駄な部類は今の出、これ以上は堪忍してください)
徒労という認識は変わりませんけどねw
冥王星さまへ。 (東西南北)
2007-02-05 15:46:41
 「場外乱闘」って、冥王星様が持ち出したんですよ?コメントに記録されてます。自分の発言に説明責任持つのが責任論でしょ?(笑)以下、冥王星さまが勝手に持ち出した「場外乱闘」です。

「意味不明ですが、責任論は感性的すぎるので嫌いです。むしろ、責任論で自己責任を逃避するような手法が鼻につくので・・・・・・・これは思想性の問題でしょうが・・」

「ちなみに弁護士法違反の西村眞吾はまだ衆院議員職を辞職していないのだが、弁護士業界も自己浄化作用が・・・弁護士活動だってそのうち始められるでしょうしwww組織犯罪処罰法が摘要される弁護士ってかなりヤバス
っていうか、みんな忘れすぎてない?こういう過去のこと・・そういうことから総括しないから、問題山積する。とか煽ってみます
ちなみに、拉致家族会は自分達の活動のためには犯罪者の減刑を願ってしまう人なんですよねぇ・・・こういう危ない人が世の中でメインストリーム化している方が、法治主義国家の危機ですが・・・戯言ですから・・」

 記事の内容との因果関係を考えると、十分に「場外乱闘」のコメントでは?

 それに質問されて「場外乱闘」には回答しないだの、あなたの読解力がないだの、頭大丈夫ですかだの、あなたには知性がないだの、まずは知識を身につけましょうだの、僕の文章が勝手解釈だの、自分の感性がすべてだの、いろいろと「自明の理」だと発言しているのは誰ですか?冥王星様ですよ(笑)

 自己逃避しているのは冥王星様では?って煽ってみる(笑)先生が高く評価するご友人の性格悪い手法をお試し致します(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

靖国問題Q&A」カテゴリの最新記事