情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クロスオーナーシップ問題~3つの問題点

2006-10-12 07:00:22 | クロスオーナーシップ問題
先進国で唯一といっていい、新聞・テレビ・ラジオのクロスオーナーシップ制度(一つの資本が3つのメディアを所有すること)が「完備」している日本で、この問題点を説明しても簡単には理解してもらえない。このクロスオーナーシップには3つの問題がある。

第1は、単純に同じ資本になれば、同じ論調になるため、言論が単調化すること。

第2は、一つの資本が、テレビに対する圧力(たとえば、総務省の注意、デジタル化などの際の補助の在り方)、新聞に対する圧力(たとえば、再販問題)など多方面からの圧力を受けることになるため、政府の言いなりになりやすくなること

第3は、テレビ業界の問題(たとえば、サラ金CM)や新聞業界の問題(たとえば、再販)など、業界内の問題は、本来、違う業態のメディアが指摘しあって、切磋琢磨しながら正しい在り方を検討するべきだが、3つの業態を一つのメディアが把握していたら、そのような切磋琢磨はありえない。

なぜ、諸外国で、クロスオーナーシップ制度が禁止されているのか?この点を一度考えていただきたい。次期通常国会で出てくる法案(←クリック)についても…。





※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで

コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 朝日・東京新聞の共謀罪スク... | トップ | 外務省も戦線復帰!~共謀罪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クロスオーナーシップ問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

NHK受信料の強制徴収について (未来を信じ、未来に生きる。)
 2006年10月4日 NHK受信料支払い停止運動の会  民事督促に関する私たちの見解と対応について 1. 先日来、NHKは近く一部の受信料不払い者に対して、裁判所を通じた民事督促に踏み切ることを警告す ...
アナログ放送は終了できるのか (S氏の時事問題)
アナログ放送終了時期「知ってる」32% 総務省調査  テレビのアナログ放送が2011年に終わるのを正しく知っている人は、ほぼ3人に1人にとどまることが、総務省が26日発表した調査でわかった。同年7月24日にアナログ放送が終了し、地上デジタル放送 ...
くさいもの蓋となる身は辛かろう (風緯度曼の毒舌流川柳)
報道の自由度で米は53位、日本は51位とダウン 「国境なき記者団」の評価/アルジャジーラ 元ネタと過去の評価はここに英語で公開されている イラクのサマワで自衛隊との官民合作報道以外 一切許可されなかった事は考慮されているのだろうか 日本で報 ...