情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブッシュ側近不起訴~追いつめられるネタだっただけに残念

2006-06-21 22:32:02 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
米中央情報局(CIA)の工作員の氏名漏洩問題に絡み、取材源の公表を拒否し、法廷侮辱罪に問われた米ニューヨーク・タイムズ紙のジュディス・ミラー記者(57)が6日、米バージニア州の施設に収監されるなどした一連の事件で(ここ参照「←クリック),フィッツジェラルド特別検察官が工作員の氏名がメディアに漏れたことについて,機密情報漏洩の疑いで,ブッシュ大統領の懐刀であるカール・ローブ上級顧問を調査するなどしていたが(ここ参照←クリック),結局,【米ブッシュ政権内で大統領が最も信頼を置くローブ大統領次席補佐官が、中央情報局(CIA)工作員実名漏えい事件で起訴されない見通しとなった。14日付の米紙ワシントン・ポストによると、3年近くかかった特別検察官の捜査は、ローブ氏不起訴で終了する見通し。副大統領首席補佐官だったリビー被告は起訴されたものの、「政権ぐるみではないか」と指摘された漏えいそのものの立件はなされておらず、全容が解明されないままの幕引きとなる。】もようだ(ここ←)。

この問題は,【ブッシュ政権のイラク戦争を批判していた元ガボン米大使ジョセフ・ウィルソン氏の夫人の素性が、マスコミに公表されたのがきっかけ。2003年7月14日、保守のコラムニスト、ロバート・ノバク氏は、ホワイトハウスの複数の政府当局者の情報を基に、夫人の実名を挙げ、CIAの秘密工作員だと暴露した。この情報漏洩は、政府批判を行なっていたウィルソン氏への報復との見方も出ている。】というもの(前記ベリタ)。

macska dot orgさんは,【当時のブッシュ政権はイラクが大量破壊兵器を所有しているという名目でイラク侵攻の準備を進めており、ニジェールからの核物質輸入説はそうした主張を裏付ける数少ない論拠の1つだった。ところがこの外交官は、それが偽造であったことを誰にも分かるような形で明らかにしてしまったのだ。その直後、ホワイトハウス内部から情報提供を受けた保守系コラムニストによって彼の妻がCIAの所属であることを実名込みで暴露されたのは、政権側からの彼に対する報復であり、これ以上しゃべればもっと何か起きるぞという脅しであったという見込みが高い。】と説明している。


◆疑惑が解明されなかったことは本当に残念だ。


上記時事通信は,【ローブ氏の不起訴は共和党に追い風だ。選挙参謀として能力を発揮する同氏は大統領の側近中の側近。2004年の大統領選挙でブッシュ再選の中心的役割を果たした。事件の重しが取れれば政治的活動は自由度を増し、共和党不利といわれる中間選挙に向けて態勢立て直しに全力を挙げるとみられる。】と伝えている。


◆ブッシュの息の根を止めることができたネタだけに本当に残念!

ところで,ブッシュ政権幹部がCIAの工作員の情報を漏らしたという皮肉的状況は,従軍慰安婦問題について「あれは単なるビジネスだ」などと主張する安倍次期首相候補が,従軍慰安婦をネタに信者を脅して献金を募っている統一協会の関連団体の合同結婚式に祝電を送るという皮肉的状況といい勝負だなぁ…。




※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 橋本勝の政治漫画再生計画-... | トップ | 自民党が共謀罪民主党丸飲み... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
皮肉っつうか...。 (田仁)
2006-06-24 12:52:37
単なる我が身可愛さで、法的な裏付けとか人の心とか、どうでもいいってだけなんではないでしょうか。
そういう点で共通点があるとしたら… (ヤメ蚊)
2006-06-25 00:26:51
怖い話です…小泉もそうですが…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)」カテゴリの最新記事