情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

防衛省と闘う岩国に1000万人が350円ずつ寄付しよう!~防衛省のアメとムチ政策にノーを!

2007-11-12 01:34:57 | 有事法制関連
 ずっとここのところ、腹を立て続けていたことがある。「駐留軍等の再編の円滑な実施に関する特別措置法」に基づくアメとムチ政策のことだ。報道によると、米原子力空母を母港として受け入れることを認めた神奈川県横須賀市などが交付金の対象として指定される一方、普天間飛行場の代替施設移設案に反対する沖縄県名護市などは対象から外された。しかも、防衛省地方協力局は「自治体から再編計画の受け入れ表明があれば今後も追加で指定する」と堂々と述べているのだ。こんなに露骨な利益誘導政策がこれまであっただろうか…。米軍基地を受け入れることと引き換えに10年間で今後1000億円の交付金をばらまこうというこの政策は、危険なものを金で地方に押しつけるあまりに露骨なもので、どうにかして、修正させなければならない。同じ国に住む者として、この政策に目をつむることはできない。そこで、タイトルどおりのアイデアを提案したいと思います。これがどの程度うまくいくか、ご意見をお聞かせいただければと思います。

 その前に、ちょっと、法律について触れておくと、この交付金は、特別措置法5条1項(※1)によって、防衛大臣が米軍基地の周辺地域について、【住民の生活の安定に及ぼす影響の増加の程度及びその範囲を考慮し】、【駐留軍等の再編の円滑かつ確実な実施に資するため必要である】ものを、【再編関連特定周辺市町村】として指定した上、同法6条(※2)によって、国が【住民の生活の安定に及ぼす影響の増加の程度及びその範囲を考慮し】、基地再編の【進捗状況及びその実施から経過した期間に応じ】て支払うことができるというものだ。

 つまり、米軍基地ができることによる騒音や治安の悪化、攻撃対象となりうる危険性を考慮して、交付金の支払先と額を決めるというわけだ。どこにも、協力したら、金を支払うなどとは書いていない。

 それにもかかわらず、例えば、岩国基地周辺では基地を抱える岩国が空母艦載機の受け入れに反対したため、対象からはずされ、基地から離れた大竹市や周防大島町などは賛成したために、支給対象となった。艦載機は短距離で離発着するだけに、爆音がものすごい。とても、地元は受け入れがたいだろう。しかし、基地から距離が離れれば、それだけ危険や騒音が低減するから、受け入れやすい。その受け入れやすいところに金をばらまき、最も騒音に悩まされ、墜落の危険があるからこそ受け入れがたいところには金をびた一文支払わない。こんなことは特別法には書いていないのだ。

 ところで、提案というのは、タイトルにあるとおり、このアメとムチ政策の象徴的な被害者である岩国市に対して、寄付をしようというものです。一度取り上げたことがありますが(※3)、国は、岩国市に対し、空中給油部隊の受け入れを条件に決まっていた市庁舎の建設補助金を、空母艦載機受け入れに反対したことから、急きょ、ストップしたのだ。ストップした額は35億円。これって、ヤクザよりもタチが悪いよね。ヤクザだっていちゃもんつけるのに、こんなに露骨なことはしない。Aという条件で金を払うって言っているのに、後から問題となったBを受け入れないから、支払を止める…そんなことを国がしてよいのだろうか。奇しくも光市のある山口県の問題だが、このような国の暴挙はあの事件とは比較にならないほど悪辣で影響が大きい重大問題だ。

 岩国市市長は、仕方なく、10月中旬、補助金を支払ってもらえるなら、反対の旗をいったん降ろすとの譲歩案を国側に示したが、国は反対の旗を降ろすだけでなく事実上の受け入れ宣言をするように迫ったのだ。本当にヤクザも真っ青。

 この被害者の象徴である岩国市に35億円を寄付しようと言うのが、私の考え。もちろん、35億円なんて大金を持っているはずはないが、国の暴挙に反対する人のうち1000万人が1人350円ずつ支払えば35億円に達する。前の記事では、寄付先を案内したが、そのとき紹介した寄付先では、口座の入金状況を明らかにしていないため、主宰者を知らない人には不安も残るだろう。

 そこで、私が、旧郵便局の振替口座を開設し、できるだけ頻繁にその口座への振り込み状況を明らかにすることで、透明性を高めますので、そこへ、1人350円を振り込んでいただく。振り込み手数料(120円)と合わせて500円玉でおつりが来るという手軽さで、合計1000万人の意思を示そうというものです。

 目標は1000万人で、35億円。もし、このアイデアを実行する場合、言い出しっぺの責任として、毎日一口ずつを振り込みたいと考えています。

 新市庁舎の建設の是非という問題もあるかも知れません。しかし、基地の問題という重大局面を前に、この際、その点は、置いておこうではないですか。岩国は、強引にイエスと言わされるところまで来ています。まさに、国によるレイプです。これを何とか阻止するために、考えたアイデアに賛同していただけますか?


※1:【第5条1項】防衛大臣は、再編関連特定防衛施設の周辺地域をその区域とする市町村(政令で定める範囲内のものに限る。)について、前条第一項各号に掲げる事由による当該再編関連特定防衛施設の周辺地域における住民の生活の安定に及ぼす影響の増加の程度及びその範囲を考慮し、当該市町村において再編関連特別事業(公共用の施設の整備その他の住民の生活の利便性の向上及び産業の振興に寄与する事業であって、政令で定めるものをいう。次条において同じ。)を行うことが当該再編関連特定防衛施設における駐留軍等の再編の円滑かつ確実な実施に資するため必要であると認めるときは、当該市町村を再編関連特定周辺市町村として指定することができる。

※2:【第6条】国は、予算の範囲内において、政令で定めるところにより、再編関連特定周辺市町村に係る再編関連特定防衛施設における駐留軍等の再編による住民の生活の安定に及ぼす影響の増加の程度及びその範囲を考慮し、当該駐留軍等の再編の実施に向けた措置の進捗状況及びその実施から経過した期間に応じ、当該再編関連特定周辺市町村に対し、再編関連特別事業に係る経費に充てるため、再編交付金を交付することができる。

※3:「3選禁止画策は、やはり地方自治つぶしが狙い!~岩国米軍基地問題で政府が補助金を突然カット」 http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/24277692a5e5c2e38934cac71074a55c

【関連情報】
デモクラシー・ナウ!の新着ストリーミング
*******************************************************
Thursday, July 12th, 2007
帰還兵が語るイラク市民への攻撃「自分が同じことをされたら反乱軍に参加する
に違いない」
**********************************************************************
イラク戦争の最前線で戦っているアメリカ兵たちは、この戦争をどう思っているのでしょうか?アメリカの進歩的週刊誌『ネイション』誌が、ほぼ雑誌全体を使って兵士50名の証言を掲載し、話題を呼びました。DN!ではそのうち数名に直接インタビューして、兵士たちの生の声をお届けします。イラクでの任務中特に辛かったのは「家宅捜査」を行ったときだったと、何人もの兵士が口をそろえます。「あの家にテロリストがいるらしい」という情報を得たら、まるでビンラディン自身を捕らえるかのような荒々しい態度で、夜中に突然扉を蹴って家に押し入り、家中を捜査して「怪しい」と決めた人を連行する。でもそもそもの不審者情報がいい加減なので、ほとんどの場合は無実の家族の生活をめちゃくちゃにするだけで終わるのだと。(前半 30分 後半 14分)→http://democracynow.jp/stream/070712-1/

ゲスト: 
* レイラ・アル=アリアン(Laila Al-Arian )『ネイション』誌の記事「もう一つの戦争-イラク戦争退役軍人が語るイラク市民への攻撃」の共同執筆者。
* ジョン・ブルーンズ 軍曹 (Sgt. John Bruhns) 2003年4月より1年間、第1大隊第1部隊第3旅団に所属して、バグダッドとアブグレイブに配置された元兵士。
* ガレット・レッペンハーゲン特技兵 (Spc. Garett Reppenhagen) 2004年2月から、第1歩兵団第263部隊所属の装甲機動偵察兵ならびに狙撃兵として、バクバに配置された元兵士
* ティモシー・ジョン・ウェストファル二等軍曹 (Staff Sgt. Timothy John Westphal) 2004年2月より第1歩兵団第18歩兵部隊に所属して、1年間ティクリット郊外に配置された元兵士
字幕翻訳:永井愛弓
全体監修:古山葉子








★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしていましたが(あまり実行できなかったが…)、辞任したので中止します(ここ←クリック)。

コメント (1)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 日本軍によってマラリア死さ... | トップ | -ネットカフェ難民諸君、自... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ソレはソレで、過去の沖縄とか、美談と思うんですが… (田仁)
2007-11-13 16:15:10
憎たらしいから、国にギャフンと言わせたい!って気持ちも強いです。
でも、公共の福祉と軍拡が反する事とか、国としてのモラルとか、裁判でッ!てなると現状では厳しいんですか…?
憲法裁判と銘打つと大概判断を避けますよね…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

有事法制関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

これからの運動のあり方 (高野 善通のブログアネックス)
 明日いよいよ「見えた!裁判員制度の崩壊・東京集会」が開催されます。本ブログ読者の方の多数の参加お待ちしております。    世論調査で8割の国民が「なりたくない」裁判員制度。一部の制度推進派は「法的な意味ではやりたくないと言っているわけではない」という...
『トンデモ予想』をする事がマイブームになりつつあります(^.^) (嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!)
 最近「トンデモ予想」をする事がマイブームになりつつあります。「トンデモ予想」と
幻の安保政策大転換を惜しむ(マル激トーク・オン・ディマンド) (とくらBlog)
 スピンドクターにより、メディアでは、「大連立構想」のことばかり話題にされていますが、「安全保障政策の転換」こそ、今回の重要なテーマではないでしょうか?  と、「大連立の構想」から「安全保障政策の転換」へ(スピンしたい。) や 小沢さんが辞任してまで...
岩国市役所建設補助金カット 錦帯橋1万人抗議集会(12月1日)開催へ (とくらBlog)
 どうしても岩国のことが頭から離れなくて、先日、電話で議会での様子を聞いた方に、ご連絡してみたら、夜7時より、1万人集会を目指す実行委員会がある、と聞きました。すでに夕方だったので、どうしようかな、と迷いましたが、思い切って行ってみることにしました。 ...
エメリウム光線に怯える私と、心のストレッチ (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2007.11.13.00:00ころ 『ウルトラセブンX』見聞録(?)、今回でも
原油価格の内訳って、どうなの? (現政権に「ノー」!!!)
原油高、余剰マネー主導、NY先物、一時96ドル台――投機加速、値動き荒く。  原油相場が上昇スピードを速め、一バレル一〇〇ドルに近づいている。株式、債券市場などから流出した投機的な余剰マネーの大量流入が先物主導で原油相場を押し上げている。国内では原...
『決意表明』 -正義のために市民としての使命を自覚して- (鳥居正宏のときどきLOGOS)
みなさま。これまでの拙ブログの記事で、2回にわたって告発して参りました、私を騙した大阪弁護士会所属の、詐欺まがいの悪徳女性弁護士に対して、私は本日、自力で(代理人弁護士なしで)、契約不履行に対する損害賠償を求める、裁
米軍再編交付金を告示 自公政権・防衛省-座間、岩国、名護など除外- (未来を信じ、未来に生きる。)
米軍再編交付金を告示 防衛省 座間、岩国、名護など除外 反対自治体を「兵糧攻め」 --------------------------------------------------------------------------------  防衛省は十月三十一日の官報で、在日米軍再編への協力度に応じて市町村に分配する「再編交付金...
ラミス氏の講演 (人工樂園)
11月4日、午後2時から、神奈川県相模原市のソレイユ相模にて、C.ダグラス・ラミスさんの講演が行われました(主催:「さがみ9条の会」)。お忙しいラミスさんはたまたまこの日が空いたということで、沖縄から日帰りでした。演題は「護憲運動の重要性と限界」です。...
東電社長の「廃炉視野にない」の根拠が読み取れません(翌日、総合資源エネルギー調査会の応答あり) (Like a rolling bean (new) 出来事録)
今朝のエントリー に、風乗りさんからコメントをいただきました。 ■東電社長の発言 今日の新潟日報では、社長がインタビューに答えています。↓ 強気です。 http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=35974 金属疲労が原因で...
Fw:防衛省と闘う岩国に1000万人が350円ずつ寄付しよう! (アフガン・イラク・北朝鮮と日本)
 本来は騒音・犯罪などの米軍基地被害に苦しむ全ての自治体に無条件に交付されて然るべき基地対策費が、何時の間にか米軍再編交付金と名前を替えられて、基地拡張に賛成する自治体にしか交付されないという事が、公然と行われるようになりました。そして、基地拡張に反対...
引続きの転載ですが・・ (あしたはどっちだ!)
村野瀬さま、またまたお願いします。今回はヤメ蚊さまのほうにも行って見てください。ではここからはじめ 。「 札束で住民を張り倒す利益誘導政策はあまりにも醜い。(国から岩国市への補助金カットの問題) ここまで露骨でえげつない政府の利益誘導政策には...
岩国に350円の手を! (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
山口県の東端、広島県との境に、岩国はある。太鼓のように弓なりのカーブが美しい錦帯橋と、天然記念物のシロヘビで有名な町だ。親戚がすぐ近くの山口県光市にいたのと広島からそう遠くない観光地であったせいか、わたしも小さいころ親に連れられて何度か訪れており、木造...