情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

嫌なら辞めろって、そりゃないでしょう~イラク派遣で織田空将が暴言

2008-12-18 08:14:27 | 労働問題
 自衛隊員には人権がないようだ。航空支援集団司令官として、派遣部隊を指揮した織田邦男空将が産経新聞の取材に答えて、次のように語った(12月16日付27面)。

 「隊員は喜んで赴いているわけではなく、嫌なら自衛隊を辞められる。非戦闘地域とはいえ、リスクもかなりあった。若葉マークが外れた自衛隊の国際任務は今後、一層難しいものになるだろう。大義名分を与え、危険のある任務だからこそ自衛隊に一肌脱いでほしいという国民の理解と支持が不可欠だ」

 この発言は、「自衛隊を大切にしないと、自衛隊員が嫌になって辞めても知らないよ。そうなったら、困るのは国民でしょう。」と明確に脅しているといえる。

 バカ言うじゃないよ!危険なところに派遣するかどうかは、市民の信託を受けた国会が決めることであって、自衛隊が決めることじゃないんだよ。

 長期的には、当然、自衛隊を縮小・解体する方向で、世界平和を実現することだって、考えなければならないのに、越権発言にもほどがある!

 …という怒りがすぐに沸いてくるんだけど、実は、この発言、本人は意識していないんだろうけど、とんでもない人権侵害発言だ。

 「嫌なら辞められる」…そうじゃないでしょう。少なくとも、いま現地に派遣された隊員の多くは、自衛隊が海外に派遣されたり、危険な地域で活動することになるとは思っていなかったはずだ。もちろん、抽象的にはそのような活動をする可能性はあるが、そういう可能性があることを明示されて、入隊したわけではない。

 したがって、本来であれば、イラク派遣を拒否できるはずであり、拒否したことで不利益を受けてはいけないはずだ。

 よって、「嫌なら辞められる」ではなく、「嫌ならイラク派遣を拒否することができる」、こう発言するべきだった。

 しかし、織田空将は、イラク派遣拒否の選択肢がないことを前提に、「嫌なら自衛隊を辞められる」と述べた。そのことは、イラク派遣が嫌なら自衛隊を辞めるしかないことを意味している。それって、明らかに、国家的詐欺であり、人権侵害だ。

 この不況下に、自衛隊を辞めて就職できるはずもない。

 横暴な発言に断固抗議する。 
 

(写真:航空自衛隊HPより)

【PR】




★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
なお、「インターネットに匿名言論は必要か」というテーマでインターネットユーザーの声を募集していますので、お時間があったら上記記事(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/939a3835c15440b7d8d5ccb9905c34f1)にコメントしてください。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« インターネットに匿名言論は... | トップ | -靴をぶつけられる大統領な... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
特攻隊に比べれば、或いは「戦後的」見地(皮肉です。) (田仁)
2008-12-18 15:11:34
さぞかし、負け戦からの引き際が複数回、実地で研修出来ましたね(皮肉です)。
旧日本軍の引き際のマズさは、超有名だったから。
コツは、正味の負けが混み出す前の、死人とか出ない内に逃げ出すのが一番!
コレに、9条の会を筆頭に平和市民運動が陰に陽に粘り腰で貢献して来てあげてるんだけど。
恩知らずは気付きもしない様ですね…。
知り合いの (アズキナコ)
2008-12-18 21:39:51
自衛隊員の人たちが言うことには、職場では、命令されたら行くのが当たり前という風潮だそうです。命令が下りなかったとしても、イラク派遣のために頑張っている人たちのための、義捐金?のような寄付が職場ではあるそうで、実際帰国した友人は、結婚資金を貯めるために、数か月出張に行ったという感覚だったそうです。自衛隊の人たちに嫌じゃないのかと尋ねたら、そういうのも当たり前だからね。。。死ぬわけじゃないし、とドライな返事が返ってきました。自衛隊の組織内での感覚は特別なようです。
(皮肉の内訳は…。) (田仁)
2008-12-20 18:19:27
(インド洋・イラク関連で、自殺・事故を含め35人死んでて、内の数人はイスラム界ではイラクの路傍爆弾に殺られたと広く知られていて、しかもDU弾の微粒子による内部被爆など、米国軍の後追いで調査対象にすらしてないから!です。)
Unknown (Feigling)
2008-12-25 09:54:54
>数人はイラクの路傍爆弾に殺られた
ソースぷりーず
だから!イスラム世界と言ったのに。 (田仁)
2008-12-27 13:20:03
ちゃんと読んで?
イスラム世界では広くソウ知られてる。
アラビア方面は当然、世界最多のイスラム教徒を擁するアジアのインドネシアでも。
ソレは、アラビア語で「自衛隊日本人が路傍爆弾で死傷」との報道があったから。
この世は日本語だけが世界じゃないですね。
まあ、情報鎖国を画策する側の右翼には興味無い話だろけど。
Unknown (Feigling)
2008-12-28 16:04:57
信頼できるソースであれば日本語である必要はありません。
個人的には日本語か英語だとありがたいですが。
最後の一文は意味不明です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働問題」カテゴリの最新記事