情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一億総密告社会にしてよいのか!パート13~警察庁が士業の届け出義務を撤回!

2007-02-02 05:16:02 | ゲートキーパー(一億総密告社会)制度
よかった!よかった!【犯罪組織のマネーロンダリング(資金洗浄)防止を目的とした「犯罪収益移転防止法案」(仮称)の策定を進めている警察庁は1日、法案に盛り込む予定だった弁護士らに課す措置から、短期間に多額現金の出し入れを繰り返す「疑わしい取引」の届け出を除外する方針を固めた。「弁護士制度の根幹にかかわる」として、日弁連が法案に反発。警察庁が方針を転換した】(共同配信神戸新聞)というのだ。

弁護士だけでなく、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士について、届出義務、すなわち、密告義務を除外するというのだから、これは非常に大きな成果だ。この件で、正月も土日もなく取り組んできた多くの方々、本当にありがとうございました。また、日弁連のみならず、全弁護士が上記広告のように積極的な反対運動を続けたからこそ実現できたと思う。そして、その運動を支持する表明をし、インターネットなどで危険性を訴えてくれた市民の方々の力も大きかった。東京新聞など数紙はこの問題をきちんと取り上げてくれた、これも大きい。共謀罪反対運動で培った経験が今回の法案反対にも生きたように思う。

今回の撤回については、参議院選挙を前に、激しい争点をつくりたくないという思惑があったのだろう。他方で、このような密告奨励法案について、与党内部でも批判がされたことも事実であり、与党内の良識派の意見を警察庁が汲んだ面もあるのではないだろうか。

いずれにせよ、弁護士らに通報義務を課すことは、密告社会の極みであり、今後も同じような制度が導入されそうになったら、徹底的に抗戦しなければならない。

また、弁護士らの密告義務は撤回されたが、この法案の問題点は必ずしもそれに止まらないようだ。国会でどのような議論が交わされるのか、注目しましょう!







★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 柳沢厚生労働相「子供産む機... | トップ | 安倍のみならず、自民党も日... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
金融機関のゲイトキーパー指導強化も進んでいる (ゴンベイ)
2007-02-02 16:28:40
阿部重夫編集長ブログ:FACTA online
2007年01月29日
ATMも「対朝包囲網」の戦場――シンジケート・コラム第一弾
http://facta.co.jp/blog/archives/20070129000320.html
2007年01月30日
「対朝包囲網」の続報
http://facta.co.jp/blog/archives/20070130000324.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゲートキーパー(一億総密告社会)制度」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

07年2月2日・金曜日 裁判員制度   審議拒否と補正予算 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年2月2日・金曜日          今日は関西朝日新聞のトップは法律問題だが、「資金洗浄 疑惑取引きの届け出」弁護士ら5業種は対象外とあり、その下の方には法案成立優先と有った。どのような法律なのだろう。法案成立優先とあるのだから、よっぽど重要なのだろう...
07年2月2日・金曜日  今晩は満月だ 地球温暖化 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年2月2日・金曜日  今日は、新聞とテレビの二つに分ける。              今晩は満月だそうだ。都会ではきれいなお月さんを見るのは難しいのでテレビ番組の中から月の映像を添付します。          国際会議のIPCCの第4次報告書の一部が分かった...
東国原英夫宮崎県知事誕生=エールを送るアベシはなにも分かっちゃいないホ~イのホイ!2 (晴天とら日和)
ZAKZAK 2007/01/25 そのまんま東を支えた頭脳集団! でも当選後は… そのまんま東こと東国原(ひがしこくばる)英夫・宮崎県知事(49)=写真右=の「脱タレント」を後押しするマニフェスト作りに貢献した「チームそのまんま」が注目を集めている。あるNPO法人...
「疑わしい取引」届出義務 弁護士には適用除外か 警察庁方針 (ろーやーずくらぶ)
 朝日新聞によれば、警察庁は、いわゆるゲートキーパー法制に関し、弁護士については、「疑わしい取引」の届出義務を適用せず、本人確認と取引記録の保存義務を会則で課す方向を検討しているとのことです。  今秋のFATFでの審査がどうなるか分かりませんので、警察庁の...
最近の弁護士の中立性、公平性も頗る疑問 (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 『New Platonic Synergy Theory』   )
◆同一試験、同じ大学の同じ学部の占有率が非常に高い、同じ司法修習という名の共同体生活、先輩後輩意識・同業意識、完全に閉じられた社会、という構造によって、裁判官、弁護士、検事の間が、非常に不透明な癒着構造になっている。 ◆その上、最近は、弁護士家業が...
「はじめに法案成立ありき」ではないのか (人工樂園)
 1月27日のポストで、共謀罪法案および犯罪収益移転防止法案に関する海渡雄一弁護士のメッセージをお伝えしました。このうち犯罪収益移転防止法案については、朝日新聞によって「警察庁は1日、弁護士など『士業』と呼ばれる5業種を届け出義務の対象から外す方針を固め...
「門番」本当に必要なのか? (競艇場から見た風景)
マネーロンダリングを防ぐためと「疑わしい取引」の国への届出を法律・会計専門家らにも義務づける「犯罪収益移転防止法」通称=ゲートキーパー(門番)法案の今国会への提出を目指す警視庁は、日本弁護士連合会が「依頼者の秘密を密告することは信頼関係に根ざす弁護士制...