情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山本至弁護士の再逮捕は変だ!~なぜ、東京の事件を宮崎地検が…

2007-10-10 03:35:59 | 適正手続(裁判員・可視化など)
 正当な弁護活動をしたにもかかわらず、証拠隠滅容疑で逮捕された山本至弁護士については一度、逮捕の不当性を指摘したことがあるが(※1)、今回、さらに、宮崎地検が強引な逮捕をしたようだ。いったい、宮崎地検はどうしてしまったのか…。

 今回の逮捕(二度目の逮捕)に関してもやはりおかしいことがある。そこで、いまのところ、一番詳しく報道されている日刊スポーツ(※2)を引用したうえで、不合理な点を指摘したい。

■■引用開始■■

弁護を担当した被告を脅し黙秘を強いていたとして、宮崎地検は9日、脅迫の疑いで、東京弁護士会の弁護士山本至容疑者(53=証拠隠滅罪で宮崎地裁に起訴)を再逮捕、東京都杉並区の自宅など数カ所を家宅捜索した。取り調べで山本容疑者は黙秘している。

 証拠隠滅罪の起訴事実も公判に虚偽の証拠を提出したとされるもので、捜査関係者によると、弁護士が弁護活動をめぐって2度も刑事責任を追及されるのは異例。

 調べでは、山本容疑者は昨年11月2日、詐欺罪に問われて東京地裁で公判中の被告の男(20)に警視庁麹町署で接見。

 「正直に話したい」と言う男に対し「ふざけるな。余計なことしゃべったら、おまえの女だってこっちで面倒見てるんだし、おまえの実家だって知ってるんだから、どうなっても知らないぞ」と接見室の仕切り板をたたき、脅した疑い。

 男は振り込め詐欺グループの一員とされ、宮崎地検は山本容疑者が男に黙秘を強制することで振り込め詐欺事件の全容解明を妨害し、グループ上位の暴力団関係者に捜査の手が伸びるのを防ごうとしたとみて追及する。

 男は後に起訴事実を認め「山本弁護士に脅されて黙秘していた」と話したため発覚した。

 山本容疑者は昨年11月9日、宮崎地裁で担当していた事件の公判で真犯人が別にいるとの虚偽の証拠を提出したとして宮崎県警に逮捕された。

 山本容疑者は1989年から司法試験予備校の講師を務め、92年に弁護士登録。証拠隠滅罪の初公判は11日に開かれる予定で、弁護士約320人が冤罪(えんざい)を主張し、弁護団を結成している。

■■引用終了■■

ぷ~んと臭ってくる。

まずは、宮崎地検が、なぜ、東京地裁で公判が行われていた刑事事件に関連するものであり、かつ、麹町警察署内で行われた「脅し行為」について、逮捕したのか?
どう考えても宮崎地検が口をはさむべき事件ではないはずだ。
それでも宮崎地検が口を挟まざるを得ないのはなぜなのか?

次に、2回目の逮捕容疑となった「脅し」は、昨年11月2日になされたことになっている。これは、山本弁護士が1回目に逮捕された昨年11月9日の1週間前だ。つまり、山本弁護士が逮捕されたために、担当していた詐欺事件の続行はできなくなった。このため、詐欺事件の被告人(後で脅されたと述べた)は、山本弁護士に対して、いい感情は持っていないはずなのだ。自分の事件が途中で中断され、それだけ長く、身柄が拘束されたであろうから…。山本弁護士には責任はないとはいえ、弁護を途中で放置された被告人が山本弁護士に悪感情を持っていることを利用して、再度事件をでっち上げた…そういう臭いがある。

次に【男は後に起訴事実を認め「山本弁護士に脅されて黙秘していた」と話したため発覚した】とのことだが、いつ誰に対して脅されたと話したのか明確ではない。この点も上で指摘した疑問を増幅させる…。

山本弁護士の今回の逮捕は、最初の逮捕で有罪に追い込めそうになくなった宮崎地検が別件で何とか有罪に追い込もうとして再びでっち上げた疑いが濃厚だ。


※1:山本弁護士は無罪だ~正当な弁護活動の弾圧~あなたはもう守ってもらえない! http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/ab95ddb316e441c6083cc3f81ac84fde

※2:http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20071009-267709.html






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしていましたが(あまり実行できなかったが…)、辞任したので中止します(ここ←クリック)。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 中国で人権派弁護士が暴行さ... | トップ | 「67万5000ガロンを3... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たった一つ訊いてもイイです? (田仁)
2007-10-10 13:07:20
宮崎地検は何が後ろ暗いんですか?
(コレが判れば、突付くべき相手の弱点が見えて来ると思うのですが?)
コメント欄は (ヤメ蚊)
2007-10-10 23:17:57
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/442e5dc3e24e0d3b4a9d7f0d154aa05eをご覧になったうえでお書き下さい
田仁さんへ (ヤメ蚊)
2007-10-10 23:31:17
第1事件の関係者と宮崎の捜査関係者がつながっている可能性があるのではないでしょうか…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

適正手続(裁判員・可視化など)」カテゴリの最新記事