情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

広告業界一業種一社制の不採用問題~図解(?!)編

2007-04-14 09:47:46 | メディア(知るための手段のあり方)
 海外の広告業界では、広告代理店は一つの業種について、一社からしか受注できないというシステム(一業種一社制)をとっていることが多い。図解でいえば、トヨタと契約したら、日産やホンダとは契約を締結することが出来ない、というシステムだ。同業者はライバルなので、同じ広告代理店と契約したら、情報が相手方に漏れるなどの恐れがあるし、図解で示したような理由もあるため、先進国では、この一業種一社制がとられている。

 しかし、日本ではこの制度は採用されていない。このため、電通のようなガリバー代理店が出現し、メディアの財布を握ってしまった。

 この結果、次のような問題が生じている。

 ①広告代理店もメディアも広告料金を下げたくはないので、値下げ競争が生まれない。そのため、消費者が高い広告料金を加算した商品を買わされる。

 ②メディアが大企業の不祥事などをスクープしようとした際に、広告代理店などを通じて圧力を掛けられる。

 ③政府についても、人気を回復させるためのニュースを流させるなどの圧力をメディアは掛けられているという。そういえば、小泉のくだらんないオペラ鑑賞などのニュースは以前なら、テレビには流れなかったのではないだろうか。また、メディアの財布を握っている電通などが政府公報をも受注していることがメディアの政府への矛先を弱めさせているであろうことは容易に想像できる。

 そもそも、メディアの収入部分が寡占によって透明性の低い状態であることによって問題が生じないはずがない。あるある問題などにおける下請けシステムも、メディアの収入部分が不透明であること(リベートなどの問題が生じやすい)と無関係であるとは思われない。

 日本でも一業種一社制を導入しないと、メディアが権力監視機能を発揮すること、例えば、憲法改正手続法案(国民投票法案)の問題点を追求するような記事を書くことは難しい。

(この問題を図解で解説しようと思ったのですが、なかなか図で示すべき部分が少なく、図解にはなっていないような気が…)







★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« -愛国心があるなら、飛び込... | トップ | 独立行政委員会による放送行... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
取るに足りないことですが。 (tete)
2007-04-15 00:35:36
毎日 図解までして頂き、ほんとにご苦労様です。
なのですが…
もう少し字が読み易いとさらにありがたし。
気をつけま~す (ヤメ蚊)
2007-04-15 02:35:46
もしよろしければ、どなたか、PCを使ってきれいな図解にしていただけれると嬉しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

国民投票法案:4/12の拙速な採決を許さず、廃案を求めます。国会に反対意見を! (M. H. Square.)
 先日の都知事選の結果に脱力感が抜けない状況ではありますが、取り急ぎ。  4月1...
07年4月14日・土曜日 国民投票法 公務員制度、政府与党と自民党が合意した (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年4月14日・土曜日       昨日、国民投票法は衆議院で賛成多数で可決成立されてしまった。  国民投票法はあって呵るべきなのだが、この法案は国民に目を向けているのでなく、自民党が憲法改正のために政治家に都合の良いようにしている感じだ。  民主党も憲法...
日本橋丸善に行きました (ムルダヴァのように)
改築後はじめて日本橋丸善に行きました。長いこと慣れ親しんだ建物が消え、馴染めない建物になっていると寂しいと思っていたのですが、外見は少し前のと似ています。中は垢抜けた感じになりましたが、居心地悪いほど気取った感じではなく、また銀座日本橋方面に出かけた...
近々、東京都知事選があったら、・・・・ 超希望的観測 (晴天とら日和)
東京都議会場 ◆ゲンダイネット2007年04月14日10時00分 「石原知事2年で辞める」説  東京都知事選で楽々3選を決めた石原慎太郎知事(74)。記者会見で気に入らない質問をする相手に食ってかかる“石原節”も復活だが、3期目の都政は難問山積で波乱含み。任期...
国民投票法案:4/12の拙速な採決を許さず、廃案を求めます。国会に反対意見を! (M. H. Square.)
 先日の都知事選の結果に脱力感が抜けない状況ではありますが、取り急ぎ。  4月1...