情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒューマンチェーンⅢを「News for the People in Japan」が半生中継予定!

2006-12-04 21:15:09 | メディア(知るための手段のあり方)
 市民のためのメディアを目指す「News for the People in Japan」(←クリック)が、6日午後4時から行われる★「ヒューマンチェーン」★(人間の鎖)第三弾を半生中継しようとしていることが明らかとなった。同ニュースは、本格始動を前に発信テスト中だが、身の丈も考えず(笑)、市民運動のメディア戦略のあり方に、問題提起するために、少しでも、半生中継を成功させたいと話している。また、中継を実現することで、遠方で参加できない方、近所でどんなことしているか確認してから行ってみよう、こういうことやってるよって友達に教えたい、そういう方の役に立てればと抱負を語っている。

 同ニュースが中継しようとしているヒューマンチェーンは、「教育基本法改悪反対!―少年法改悪反対、防衛「省」反対、改憲手続き法と共謀罪の新設反対」の意思をアピールするために行うもので、その詳細は下記のとおり。

●実施日程● 
12月6日(水)午後4時集合~
場所:参議院議員面会所(地下鉄丸の内線国会前下車)
発言:呼びかけ人&国会議員など

午後5:00~6:00
場所:参議院議員会館前 
内容:キャンドル・ ヒューマン・チェーン
   コール&リレートーク <呼びかけ人&国会議員など>


 News for the People in Japan は、会場の様子を3分くらいのミニニュースにして、できるだけ多く配信したいと考えている。アクセス方法は、同ニュースのトップページに表記される。
 うまくいくか、見守っていただければ幸いです。

(写真は、ビデオプレスTVから)

 


★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 中国残留孤児訴訟勝利判決の... | トップ | 弁護士、未登録者大量発生は... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (のりちゃん)
2006-12-06 16:34:13
はじめまして。いきなりで失礼とは思いますが、TBさせてください。
よろしくです。 (日本国憲法擁護連合)
2006-12-09 12:28:29
ヒューマンチェーンご苦労さまです。
テレビが伝えないヒューマンチェーンを私のブログでも、ヒューマンチェーンを闘った方による独自の動画化をおかりして流しています。市民のメディアNews for the People in Japanがあることは知っていましたが、こうしたインターネットを利用するのは重要ですね。できれば、アメリカのフォックステレビやちゃんねる桜などの右翼メディアに対抗する
メディアをわれわれが確立しないと大変なことになるかとも思っています。そのへんで、話をすすめてくれる人はいないのかなぁと思ってもいます。News for the People in Japanは画像とかもっと多彩にわかりやすくすればきっと視聴者は増えると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事