情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陪審の持つ「法律を無視するパワー」…「アメリカ人弁護士が見た裁判員制度」より

2009-01-19 03:07:37 | メディア(知るための手段のあり方)
 最後発集団として、裁判員本を出版する予定の身としては、ほかの本を宣伝するのは共同執筆者に怒られるかな(笑)って思いつつ、さすがに陪審員の本場の国の制度は違うなってことで、ぜひ、「アメリカ人弁護士が見た裁判員制度」(コリン・P・A・ジョーンズ/平凡社新書)を手に取ってみてください、と言ってしまおう。

 いやぁ、いかに日本と米国で市民の権力観が違うかよ~く分かる。

 特に「陪審の持つ『法を無視するパワー』」は圧巻だ。

 簡単に言うと、権力が法を無視して、あるいは、法を利用して、市民に刑罰を押しつけようとするとき(=つまり、人権侵害が起きようとしているとき)には、陪審制なら、その人権侵害を止めることができるというのだ。

 なぜなら、陪審員は理由を告げることなく、有罪ではないという評決をすることができるから。

 英国では、馬泥棒には死刑が科されていたころ、ウサギ泥棒という認定をした陪審員たちがいたという。

 そして、米国では、奴隷制を持つ州が残っていたころ、他の州で奴隷の逃亡を助けた者に対して、有罪の認定はしなかったそうだし、ベトナムの良心的兵役拒否に対する裁判も有罪にならないことが多かったという。

 それに比べ日本はどうか?

 ビラまきをしただけで、何十日も拘束した挙げ句、罰金刑の有罪になったりしている。

 ビラまきをしただけで、ですよ。一日拘束すれば、もう十分懲りるでしょう。それ以上拘束したのだから、もう、それだけで刑罰としては過当であり、本当は無罪にするべきものであるはず。

 だって、そうしないと、今後も警察や検察は、平気で気に入らない奴を軽い罪で長期間拘束していじめ抜くことができる。

 米国では、こういう場合には、陪審員は無罪の評決をすることだろう。そして、無罪に対する控訴はできないため、直ちに身柄が解放される。

 それに引き替え、日本では、表現の自由といえども他の人の権利を侵すことはできない…なんて言って有罪だ。

 バランス感覚ってものがまったく感じられない。裁判所は、ビラ配りで、数十日も拘束されることの人権侵害性は、まったく感じないのだろうか?
 
…いや、ついつい興奮して判決批判の方へ流れてしまったが、陪審制度のすごさ、そして、裁判員制度の不十分さが分かる一冊。もうじき現代書館から発行される
「裁判員制度と知る権利(仮)」と併せて(笑)、お買い求めください。




【PR】




★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。

コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 日本が無条件降伏~現代の視... | トップ | 「否認事件 難しさ浮き彫り... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本買います (パン)
2009-01-19 09:19:02
ビラまきをしただけで、有罪。全くあきれたものです。こんなこと許されていいはずがないのですが、通ってしまうのですから、本当に恐ろしい。

裁判員制度に関する市民運動の集会にいくつか参加して、勉強しましたが、問題がかなりあるようですね。

裁判員制度に対して、疑問を持つ私ですが、もし、先のビラまきの裁判でしたら、ぜひ、裁判員となり、無罪の判決をしたいですね。

なぜ、先のような軽微な事件に対して適用しないのでしょうかね。それだと何か具合が悪いことがあるんでしょうね。きっと(笑)。

先のご紹介された本、買おうと思います。それと、「裁判員制度と知る権利(仮)」が出ましたら、もちろん、買いたいと思います。
ありがとうございま~す (ヤメ蚊)
2009-01-20 07:08:46
いま、ゲラがあがってきているところです。取り上げる角度がちょっと違うので、ぜひ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

【転載】千葉・東金事件弁護団への支援要請 (プレカリアートのなく頃に)
どもども、持病の鬱で一年以上も滞っていた久しぶりの更新です(^^ゞ知人から以下の
2月7日・憲法よもやま講座のご案内 (高野 善通のブログアネックス)
 2月7日(土)に憲法フェスティバルが特別企画・憲法よもやま講座「裁判員制度を裁く!」を実施いたします。社会では「裁判員制度の実施は絶対の大前提」とされた報道が一方的に行われる中、憲法フェスティバルではそもそも裁判員制度の存在があって良いものかどうか、...
月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年12月19日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・オバマ大統領と麻生首相に小沢党首{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・両者休戦{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです...
裁判員制度の危険性 -- イギリスの陪審員法廷を「傍聴」した経験から (ペガサス・ミラー)
テレビをつけたら,NHKで裁判員制度のことをやっていた(末尾にリンク).2つのシリーズ番組のあとの方で,しかもその最後の20分程だった...
No Nuclear Weapon ! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 もうすぐ Barack Obama 氏が大統領に就任する.彼の2年前の公約が,題名の「核兵器廃棄」だ.  しかし,米軍がそれに理解を示すだろうか.もしかして,オバマ氏の「雇用創出」とは,「核兵器解体のために軍人の人事へ介入する」「民間の原発会社のために,核兵器に...
日本共産党は 裁判の陪審制や参審制をどう考える? (未来を信じ、未来に生きる。)
 裁判の陪審制や参審制をどう考える? --------------------------------------------------------------------------------  <問い> 司法改革の問題に関連して、裁判に陪審制や参審制をとり入れるべきだという意見があります。日本共産党はどう考えますか。外国の...